« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005/09/29

なかなか大変だけどね、それもまた面白いね

Fi1900788_0e 32歳にしてやっと後輩が出来た、今日この頃です^^
とりあえず、いきなり営業にする前に、まず他部署で会社になれさせて、今月から営業に・・・。
やっと出来た後輩なんでね、大事にかつそれなりに厳しく(笑)育てて行きたいなと思ってる(笑)
もちろん、こちらも日々勉強だけどね~。
何もわからない人間に1から教えるのは難しい事だけど、やりがいがあって面白い。うん。
なかなか身が引き締まる思いだね~。

2005/09/25

軽々しく他人を「良い人」なんて言っちゃっていいの?そもそも良い人って何?聖人?

たま~に「鶴さんて良い人ですよね~」なんて言われる。
勿論、自慢では無く(他人に良い人って言われる事は、自慢にならないと思う)、俺は自分を良い人とは思えないので、「はぁ?何言ってんの?」っていつも思う。

つまり、何を言いたいかっていうと、簡単に他人を「良い人」って言う人がたまにいるけど、そういう人に限って他人と深く付き合わないうちにそういう発言をする。ケースが多い。

自分の発言に責任を持つ事を念頭に置いてる人であれば、絶対に軽々しく口に出来ない言葉だと思うんだよね。
って事で、他人の事を軽々しく「良い人」って言う人は、自分の発言に責任を持たない人が多い。
と、俺は思ってるので、付き合いが短いのに「鶴さんって良い人ですよね~」なんて言う奴とか「あの人達、みんな良い人だよ~」などとのたまう奴は、信用しないし、その時点で深く付き合わないようにしてる。

「あいつは良い奴だ」なんて軽々しく言って許されるのは、せいぜい高校生位までじゃない?って俺は思うな。(なんとなく、なんだけどね^^)
良い大人がそんな事を言ってたら馬鹿だと思う(冷笑)
大体、良い悪いって判断基準が幼稚じゃない!?
自分に「合う、合わない」っていうのと「良い人、悪い人」ってのはそもそもの言葉の意味が全く違うからね。
但し、(何年も付き合いがある等)その人の色々な側面を体験した上でのその手の発言は、上記に当てはまらないとは思うけど。

いずれにしろ、簡単に他人を良い人って言う奴を俺は信用しないし、そういう奴と一緒にいる人達も、ある意味同じだと思っちゃうのさね。
オトモダチごっこですか?はっ。なんて思っちゃうんだよね~。

俺は、恐らく他人様よりは思った事を口にするタイプなんで(笑)、割と信用されるケースもあるんだけど、簡単に信用されると引いてしまうね・・・・
天邪鬼かもしれないけどさ。

2005/09/22

スクール・オブ・ロック にやにやしながら観てた^^

ちょいと忘れてしまったんだけど、どなたかのブログでこの映画が紹介されてて、
ROCK好きの人にはお薦めかも・・・みたいな感じだったんで、観て見たんだわ。
面白かった。とても。観て良かった♪
基本的にコメディなんで、都合良く物語りは進むけど^^良いの。コメディだから(乱暴だ^^)
細かいことは言いっこなしさ。

ほんとにROCK(バンド)好きな人は楽しめるんじゃないかな!?
経験者なら尚の事。

主人公のおっさんも味があるし、この人自身にこの映画を演じさせたくて脚本が書かれたみたいだよ。
もちろん、この主人公のおっさんもROCKが好きな人らしいです。

なんていうか映画の製作人側がROCKバンドに対して、凄く愛情と敬意を持ってて、それがとても伝わってくるんだわ。
もう、俺なんか泣きそうになった箇所あったもん(笑)

仲間と何かを作り上げる、そんな楽しさを知ってる人はぜひぜひ。

ぃやっと読み終わった「ドグラ・マグラ」~~ 時間かかったけど好みぢゃ

ここ最近読んでたのは、夢野久作:著「ドグラ・マグラ」。
これ、なかなか凄いよ。
・日本一幻魔怪奇の本格探偵小説
・日本探偵小説界の最高峰
・幻怪、妖麗、グロテスク、エロティシズムの極
という宣伝文句で昭和10年(!)に書き下ろされた作品らしい。
でもその割には、口語体で読めるので読み易かった♪

著者が「これを書くために生きてきた」とまで言うだけあって(完成まで10年以上!!)、昭和10年にこんな内容の、当時にしてはこんな斬新なアプローチの小説が書かれていたなんて!!
探偵小説っていうか、今で言う精神的ミステリーみたいなのかね!?

振りが長いぶん、最後に怒濤の様にたたみ掛ける結末への流れは、爽快なカタルシスを感じるよ(なんじゃそりゃ!?)
とにかく一大奇書というだけあって、読み応えあるな~。
乱歩好きな人とかは、肌があうんじゃないかな!?
俺は好きでがす。

2005/09/19

2年ぶりの旭山動物園 割合空いている日で良かった~

Fi1863576_0e 両親と奥さんと俺で、2年ぶりに旭山動物園に行ってきたんだよね。
両親は初めて。
やっぱり、7月・8月(夏休み期間)と上野ZOOを抜いて日本一になっただけの事はあって、基本理念がしっかりしてると思う
派手で珍しい動物は本当に少なく(キリンも亡くなって、もう1年くらいいないし)、敷地も狭いけど、手書きのフリップで色んな事(生から死まで:例えば動物が死んだ時はその理由とかも)を解り易く書いてるし、例えば事故にあって片羽だけになって飛べなくなったカラスとか、人間社会の犠牲者になっている動物や、一時的に保護している傷ついた野生動物も、治療しながら展示して、俺らに関心・注意を持つように訴えかけている。
なんていうか腰が入ってる。考え方と実践にブレがない。
素直に尊敬できるよ。

勿論、動物との距離が凄く近いし、いきいきしてる動物を見れるので、楽しいんだけどね。
オランウータンが地上何10メートルの場所なんかも器用に移動してエサを取りに行ったり、白熊は観客に向かってガラスの向こうから飛び掛ってくる(すごい迫力がある、他の動物園では大体寝てるかノソノソ動いてるかでしょ)し、ペンギンは水中を飛ぶように泳ぐしさ。
あと、生息地が一緒の動物達を同じ檻で飼育したりとか。
ま、書いたらキリが無いけど。
きっと普通の何倍も考え抜いて、神経使うんだろうな。


とにかく生命に対して、真摯に取り組んでいるのが凄く伝わってくるから、こっちも真剣に見て、学ぼうって気になれる。
行ったのは2回目だけど、やっぱり凄い。
色んな事を伝えよう ってしてくれてるのが本当に伝わってくる。
感動しました。有難う。

行く人はエサを食べさせる、もぐもぐタイムを見ないと損だよ。ほんとに。

2005/09/13

散々書いたりもしてるんだけどね(苦笑)

今までも、ちょこっと書いたりしてるんだけど、ま、想像力、責任感の欠如してる奴はどうしようもないって事なんだけどさ・・・。

うちの会社にもこの手の奴ら(複数形)は割りといるんだけど、こういう仕事が出来ない(というよりも、仕事をしようと思えない、というより自分の人生にきちんと向き合えない)のが年の功だけで部署のまとめ役になってると性質が悪いよね。
そういう奴が後輩を指導すると、当然その後に続く人間もダメになっていくし、まともな奴が入社してきても「なんだ、こんなレベルか!?ここは?」って思われるしね。
あげく他の部署との連携が必要な仕事では、迷惑かけまくりだしね。

とは言っても、ダメだダメだと言ってるだけでは、会社はまわらないしユーザーに迷惑かかるからさ、
責任者からは「TSURU、ちょっと悪いんだけど、あいつらに仕事を任せられないから、チェックしてやってくれ」なんて言われる訳ね。
はい。もうすでに迷惑なんだけど。
ま、しょうがないから、俺の倍以上うちの会社で働いてる、俺より5歳年上のボンクラ君にお小言を言わなきゃならなくなるのね。
例えば、必要書類をかかせると、1~10まで(一言一句)書き方を教えられないとダメなのね。
まず、考えないの。
だから「こう考えてみたけど、これで良いですか?」って聞き方じゃなく、
「どうすればいいですか?」って聞き方になるのね。最初から考える意思が無いのが表れてるでしょ。
「どうすればいいですか?」なんて聞かれたらさ、「死んでくれ」って本気で言いたくなるんだけど(笑)
俺は親切なので、「まず考えてから来てください」って意地悪く言ってやるのね。
だってさ、自分が仕事出来ない所為で、他人の時間を取ってるんだからさ、最低限のことはして来るのが常識でしょ。
まぁ、そういう発想が無いから、そもそもダメなんだろうけどね。
そんで、必ず、言われた事を素直にやらないね。まず。
例えば、ユーザー管理表を作るように、例えば社内端末の操作の基本を覚えるようにetc...
こんなのも、言われても実行しないのね(苦笑)
そんで、ほったらかしにしといて更に怒られる。悪循環(バカ循環)ね。
俺は言われなくても、必要性を感じて覚えたけど、俺よりキャリアのある奴がまったくそういう発想が持てない。しかもそれが複数いる。
そもそも彼らには物事を管理するという、発想そのものが無い。びっくりだ。
自分より、仕事歴も短い年下の小生意気なガキに無能扱いされて悔しくないのかね?
家に帰って子どもや奥さんや恋人に、どんな話してるんだろう?どんな話が出来るんだろう?
「父さん、仕事出来なくて怒られてばっかりだ」
俺ならそういう情けない父親にはなりたくない。
自分の責任をまっとう出来ない人間が、子どもに何を教えてやれるだろう。

そういう意味では俺は親父に感謝してる。
俺は親父を情けないと思った事は一度も無い。
ただのサラリーマンだったけど、みっともない生き方はしていなかったはずだ。
今は一国一城の主になっているけどね。
親子そろって同じ業界にいるけど、彼の偉業が違う会社にいる俺にまで、時たま聞こえて来る事がある。
誇らしい反面、倒しがいのある存在だと思う。

自分に子供が出来た時に、自信を持って何かを言える人間でありたいもんだね。

2005/09/10

RCサクセション COVERS~発売前に歌詞が原因で・・・。~の巻

忌野 清志朗ってやっぱり、なんとなく好きだな。
そういえば自転車見つかって良かったね^^
なんかシャイなおじさんな感じで好きだね。
でもね、曲や声なんかが大好きだって訳じゃないし、アルバムも2・3’sとかタイマーズと合わせても3~4枚しか持ってないんだけど(笑)

COVERS」中学の2か3年の時に聞いたんだけど、歌詞ではっきりと自分の感じてる社会的な事を歌ってるのを聞いて「すげぇ~」って思った。
曲はね、エルビス・コステロ、プレスリー、ストーンズ、ボブ・ディランetc...
彼らが青春時代に聞いてたROCK’N'ROLL。
でも全部日本語の訳詩をつけてて、しかもこれが、ただの意訳ではないので
ROCKが好きな人は聞いたら面白いと思うな。
なんせ、清志朗らしさ全開ですから(笑)
原発反対とかね、はっきり歌ってる^^

そういう訳で、発売前に過激な歌詞のため、レコード会社が一部の曲のカットを提案したが、バンド側がこれを拒否。なんて事も・・・。
お薦めの一枚だす。

2005/09/07

グリーン・デスティニー、HERO~英雄~、LOVERS・謀 中国映画の進化系

この映画達は進化がはっきり見えるので3作並べてみたんだけど、もちろんそれぞれが面白いよ。

グリーン・デスティニーワイヤーアクションが広く世に知れた映画だと思うんだけど、
例えば、三国志とか水滸伝とか中国の歴史(架空も含む)のお話ってね、
1人の武将が千人力だとか、そういう超人的な書き方をされてるんで、それを実写化したらこうなるんだろうな~と思って、楽しく見れたし、チャン・ツィーが広く世間に知れた映画でもあるんだけど、やっぱり彼女の力のある目は良いと思った。
彼女は HERO~英雄~、LOVERSにも出演して良い味出してるね。
まだ若いので力のある演技の方が得意のようだけど、見てて爽快になる位に演じきってると思う。素人目ですけどね^^

HERO~英雄~はワイヤーアクションの完成度アップと、なんといっても色彩でしょ。
今まで見た映画で一番奇麗だったし、それだけじゃなくストーリーも好きだな。
とてもアジア的な考えでストーリーが進んで行くので、見てて共感(というか自然)出来たし、それ故になんとも言えない切なさがね、込上げて来たな~。
グリーン・デスティニーでは、少々ぎこちなかったワイヤーアクションもよりスムーズになってたし、色によって回想を区別する手法も、判り易くて良いな。

そんでLOVERS・謀これは前作での色彩の美しさも引継いで、アクションシーン(特に竹やぶの中での)もワイヤーをこれ見よがしじゃない使い方をしてて、そしてこの映画は特に瞬間を奇麗に切り取って映像化してるように感じる。
HEROでもその傾向は見れるんだけど、なんというか音を感じる映像で前作2作の良い部分を見事に生かしてる映画だと思う。

まだ見たこと無い人は順番に見るのをお薦めするけど、時間が無い人はHEROから見た方が、はまり易いかもね。

2005/09/06

新しい家族が来た~

Fi1818154_0eこれで家の中は人口よりも犬の方が多くなってしまった(汗)
もう限界でせふ。まじで。
名前はアイラ(らしい)。名付け親は義母なんで由来はわかんない。
犬種はアメリカンコッカースパニエルで、人懐っこくてなかなか元気が良い性格のメスですわ。

家にいる他の3匹のうち、推定15才の雑種:ボクは興味なしといった所(笑)
他の2匹(1歳、10ヶ月)は興味深々みたいで、観察したりちょっと吠えたりしてる。

とりあえず2回目のワクチン摂取が終わるまでは、部屋も分けてゲージの中での生活なので、思いっきり遊べるのは9月末までおあずけだね~。

2005/09/04

別れ際に言われた事 本当の理由だと思ってんの?

Fi1807761_0e 例えば仕事で車を運転してる時に、何気なくFM聴いてたりするとさ、
必ず以下のようなメッセージが読まれたりすると思うんだけど。どう?

「実は、先日、○年間付き合ってた彼(彼女)にフラれてしまいました。
私は、仕事が忙しい彼を気遣って、いつも彼に合わせてたのがいけなかった様で、
彼は自分の意見が無い人は嫌いだ という事でフラれてしまったのです。
彼の為にしていた事が裏目に出てしまいました。
出来れば、もう一度彼に振り向いてもらいたいのですが、どうしたらいいでしょうか?」
こんなの、あるでしょ!?

そんで、リスナーの暇人達がさ、「私は~~したら良いと思う」とか、なんとか意見言い合ったりしてるんだけどさ。
今更言うまでも無く、基本的に俺はこういうの「アホか!?」なんて思いながら、冷めて聴いてるんだけど、今回言いたいのは、そもそもラジオに相談するのって馬鹿じゃない?それに対して、片方が勝手に判断したとても少ない情報だけで、アドバイスしてる本当に見ず知らずの他人達って馬鹿だね~ ってことではなく(笑)

彼にフラれた時に「自分の意見が無い人は嫌いだ」って言われた事。
これを本当の理由だと思ってるの?本当にそうなのか?って事。
それだけの理由でフラれたと簡単に思ってしまうような奴だからフラれるんじゃないの!?
自分だけが気付いてない理由を探す気はないの?
って事さ。
世の中、毎回、必ず理由なんてあるとは限らないないでしょ。
例えば、なんとなく嫌いになったから。
例えば、他に好きな人が出来たから。
例えば、うざい。
例えば、飽きた。
etc...
面と向かっては言えない理由っていっぱいあるよね!?
いや、俺はこういう理由で別れた事ないけどさ^^
で、「なんで?どうして別れるって言うの?私のどこが嫌いなの?」
なんて聞かれたって「特に理由ないけど、なんかうざいから」とかさ、言えないでしょ。
そうするとさ、それっぽい理由を探さなきゃならないよね。
「君の~~が好きじゃない」っていう、いかにもっぽい事を取ってつけて言わなきゃならないでしょ!?
という事は、別れ際に言われた理由を丸々信じたらダメなケースもあるんじゃない?
勿論、別れる理由の全部が嘘だとは俺も思わないけどさ、あきらかに上記のようなケースもなかにはあると思う。
だとしたら、彼(彼女)とやり直したいって思ってる人が、別れ際に相手に言われた事だけを直したとしても、どうだろう?
まず、本当にそれだけの理由で別れたのか。ここがキーになってくるんじゃない?
それを、相手にそう言われたから、そういう理由なんだ。としか思えない人ってちょっと鈍いんじゃない?
相手が別れたがっていたのに、自分は気付いて無かった なんてケースは以外にそうかもよ~!?

という訳で、写真はアホアホマン。

2005/09/02

良い意味でTHE・雌 ~椎名 林檎~出るべくして世に出るとは、こういう事でしょう!?

椎名 林檎
知ったきっかけは「ここでキスして」のプロモ・ビデオ。
ダウンタウンDXのエンディングで流れてて、「Grの弾き方がかっこ良い、ね~ちゃんだな~」ってのが第一印象。
俺の独断的感想なんだけど、Grの弾き方がかっこ良い女性をあまり見た事がない。
上手い人はいっぱいいるんだろうけど、かっこよくGrを持てる女性は少ない。かなり。

という理由で彼女の存在は強烈に妬きついて、以降、同番組のラストで流れる度に注目して見てたのね。(俺は、実はダウンタウンが好きです^^)
それで、彼女のデビューアルバム発売が近づくにつれ(発売後も)、「歌舞伎町の女王」や「正しい街」なんかもFMでどんどん流れてて、もうやられました。
「すごい!久々に来た!こいつはかっこ良い!本物だ!」って思った(笑)
正直言って、こんなに売れるって思ってなかったけどね~。
この時期はDragon Ashなんかも「Let yourself go Let myself go」をリリースしたり、とにかくかっこ良い新人さんがぞくぞく出てきて、なんともわくわくした時だった。

で、まず、椎名 林檎のデビューアルバム「無罪モラトリアム」は捨曲が無いのさ。
無人島に持ってく5枚を選べ。っ言われたら、SIONの「蛍」(の記事)と共に間違いなく選ぶ1枚。

デビューアルバムって事で、売れる前なので、きっと本人の意見が通らなかった箇所もあったかも知れないけど、この人はそれ位のバランスの方が行き過ぎないで良いんじゃないだろうか。
抑えてちょうど良いバランス。
のどで出す声や巻き舌も、1stは今ほど多用してないのでくどくないし、逆にメリハリになってて良いと思う。

ちなみに以降の彼女のアルバムは、全然好きじゃない。正直言って。
曲もモヤッと感じる。(2ndアルバムに入ってるシングルカットされてる曲は除く)
曲順のタイトルをシンメトリーにしたり、アルバムのトータルタイムを55’55にしたり、変な所に懲りすぎてる割りに(というかその所為で)曲のテンポやアレンジがジャストとは思えないしね。
東京事変」になってバンドサウンドに戻ってからは、かなり1stの感じに近づいて好きだけど。

でもこの人は「無罪モラトリアム」で充分、最高のモノを作ったと思うな。
あと、物凄く雌を感じさせられて、そこも好き^^怖いけどね(笑)
こう人と付き合ったら、人生おかしくなっちゃうんじゃないだろうか・・・って判っていても吸い寄せられる、みたいなね。
こっちがのめり込んで最高潮になった頃合に彼女は飽きて、すぐに「はい、さよなら。」ってやられそうだもんね。


エレファント・カシマシ TVに出なくなってからの曲は知らないんだけど・・・

エレファント・カシマシも息の長いバンドだよね。
デビュー当時(’88)からバンド名は知ってたんだけど、はじめてきちんと聞いたのは
「悲しみの果て」(’96)つまり第二次ブーム(?)のきっかけからなんだよね。

Voの宮元がライブで客に説教したりするとかは聞いてたので、
なかなかきちんとうるさいタイプのロックバンドなんだろうな~とか勝手に思ってたんだけど。
それが、バンドブームも去った(?)96年に少しキャッチー(!?)になって、詩もストレートで共感し易く、且つ叙情的になって(当人達はそんな計算してるかどうか知らんが)「悲しみの果て」がそこかしこでかかりまくった時には、本当にびっくりだった。
まだいたんだ!このバンド!っていうのと、しかもこの曲良いってのでね。

しかもこの曲で終わらずに「孤独な旅人」や「今宵の月のように」などなど、バランス良い曲を次々と出して、TVにもたくさん出てたよね。
そこでVo.宮元の常人離れしたキャラクターを見て、あっ!こいつは本物ロックンローラーの臭いがするって思った^^

最近は意識してるのかTVでも見かけないし、AM・FMでもあまり新曲がかからないので、近頃の曲についてはわからないんだけど、俺はアルバム「good morning」が特に好き。
中でもシングルにもなった雄叫びSONG「ガストロンジャー
こういうのが唄の原型(あるべき姿)なんかじゃないんだろうか・・・なんて思ったりもして、この曲にかなり惚れてる。
不器用な人が存在理由をかけて歌う唄っぽくて、この人達は好きだね~。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30