« ちょっと嬉しい当たり ~応募してみるもんだねの巻~ | トップページ | HAPPY BIRTHDAY! 我が家のアイドル!? »

2005/10/22

「館」シリーズ これはミステリの一言では括れないと思ふ。

別に推理小説好きって訳じゃ無い俺が、愛読してる推理作家は
・江戸川 乱歩
・島田 荘司
綾辻 行人
の3人。

島田 荘司は「御手洗 潔」シリーズが好きで
綾辻 行人に関しては「館」シリーズが好きなんだけど、前者と後者では俺の中で大きな違いがある。

好みの問題もあるんかも知れないけど、綾辻さんの本は何度も読み返したくなるんだよね。
普通の(って書き方も微妙だけど)推理小説って、トリックなんかのネタばれした後って、あまり読み返そうと思わないんだけどさ。
俺は、館シリーズだけは別格だね。
なんていうか、独特の妖しい雰囲気(江戸川 乱歩のような)があるし、ネタばれした後も確認の為に再読したくなる。
難点なのは、この方、遅筆なの。
あきらかに量より質だね。
今のところ一番新しい「暗黒館の殺人」なんて、何年かかった事か(笑)
でも待った甲斐があったけどね~。

本当に推理小説の枠を超えて、普通のシリーズ小説として引き込まれる。
まずは、デビュー作「十角館の殺人」からどうぞ。

« ちょっと嬉しい当たり ~応募してみるもんだねの巻~ | トップページ | HAPPY BIRTHDAY! 我が家のアイドル!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29274907

この記事へのトラックバック一覧です: 「館」シリーズ これはミステリの一言では括れないと思ふ。:

« ちょっと嬉しい当たり ~応募してみるもんだねの巻~ | トップページ | HAPPY BIRTHDAY! 我が家のアイドル!? »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30