« THE HOOTERS ~不思議なバランスのバンドだ~ | トップページ | 北海道。ほんとにもう冬だよ »

2005/11/26

成長の歩幅

丁度一週間前に約2年半ぶり位で、(数少ない)友達(の1人)のTに会った。
Tは今、富山で仕事をしてる。

気付けば、出会ってから11年になるんだけど、もっと知り合ってから長いような気もするな~。

当時は二人とも札幌在住で、俺がバンドやってる時のバイト先(某教材会社で中学生に勉強を教えてた)が一緒で、住んでる所も近かったりしたので、なんとなく仲良くなっていった。
俺はフリーターのバンドマンでTは大学生。
歳は同い年で、大学も一緒だった(ただし、俺は中退してるので大学で会った事は無い)り、ま、二人ともお気楽な若人だった(笑)
Tはうちのバンドのライブを(ファンとして)見に来てくれるようにもなり、俺にとっては数少ない音楽素人の友達だったりもしたし、よく宅飲みしたな~。
いろんな事、語り合ったりもしたしね~(笑)

俺が今でも友達でいる、付き合いの長い奴はTも含めて、絶対に他人に依存しない。
相談なんかもされた事も無いし、俺もしない。
アホみたいな愚痴も言ったり、言われたりしない(但し、現状は聞く。アホな上司がいるとか・・・でも愚痴として言わないので、愚痴には聞こえないし疲れない)。
そこについて、お互いどう思ってるかなんて、話す必要もないから話したことも無いけどね、どんなに弱ってたとしても俺等にとって、他人の存在に依存する事は、とてつもなく恥ずかしく、耐えられないカッコ悪い事。っていうのがたぶん共通してるのかもしれん!?

ま、そういういい友人関係が10年ちょっと続いてる。
俺が旭川に来てからも、お互い札幌⇔旭川を行き来して朝まで遊んだり飲んだりしてたんだけど、さすがにTが本州に行ってからは回数は減った。

今回も酒飲みながら飯食って、ビリヤードしてカラオケして、32歳のおっさん2人で何やってんだ!?ってなもんですが、エネルギーをお互いに受け取ったと思う。

10年経っても気を使わずに、ずっと遊んでいられのは、きっとお互いに成長(もしくは変化)の歩幅にズレが少ないって所が大きいんじゃないだろうかって思う。
喋ってる内容や興味を持ってる所も全然違うし、2人とも出会った頃から環境は随分変わってきた。
そういえば、今回は俺が結婚してから初めて会った。
でも、互いの成長や変化を見て、安心出来る。
それはあって無かった期間に、自分も(あまり)手を抜かずに生きてきたって証なんだと思う。

俺の場合は残念ながら、友人にバンド仲間が多いってのも大きな原因かもしれないけど、若い頃に一緒につるんでた先輩や友人達のうちのほとんどが、「ただただ楽しかった若かりし頃の幻影」に溺れて、(あくまで俺から見て、だけど)ろくでもない結果になってる奴が多い。
彼等を見ると、ちゃんと目的を持って自発的に生きるって事は、意外に難しい事なんだなって改めて実感出来る。
無責任だった(親の庇護の下にいた)学生時代の、なんとなくな反抗や自由感。
ROCK’N’ROLLER=社会不適合者なんていう、甚だしい勘違いの落とし穴。
そして自分たちは、社会不適合者ならまだしも、ただの怠け者あるいは、ちょっとしたはみだし者なだけ。
そしてダラダラ居心地の良いそこから抜けれない。

そんな中、一緒の歩幅で歩ける友人は、本当に有りがたい存在だ。

« THE HOOTERS ~不思議なバランスのバンドだ~ | トップページ | 北海道。ほんとにもう冬だよ »

我想う故に我在り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29274924

この記事へのトラックバック一覧です: 成長の歩幅:

« THE HOOTERS ~不思議なバランスのバンドだ~ | トップページ | 北海道。ほんとにもう冬だよ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30