« 進歩を諦めた元芸人の不快な姿 | トップページ | 冬は時間の大切さを、殊更感じるな~ »

2005/12/11

ALWAYS 3丁目の夕日 ~評判通り良かった~

今日、映画館で「ALWAYS 3丁目の夕日」を観て来た。
と~っても良かったわ。
物凄く、盛り上がるストーリーや山場がある訳でも無いんだけど、暖かさに包まれてる映画だった。
出演陣も実力派でね。

特に演技上手いな~って思ったのが堤 真一と、子役の須賀 健太。
堤 真一は色んな役が出来る人だな~ってしみじみと思った。
須賀 健太はドラマ「人にやさしく」(SMAP香取、加藤浩二、ソフィア松岡)の時に演技上手い子だな~って思ったけど、今回も彼の演技に泣かされたよ。
この子の迫力ある演技には、降参。
映画館で泣いたのは、たぶん始めてだと思う(感動ものをはずして観がちなんで)。

でも、まず、基本的にこの映画は、笑いに満ちた楽しい映画
それでも、観ていて色んな感情が湧いてくる。

戦後10数年の日本、まだ、ご近所さんが家族みたいにして暮らしてた、今とは全然違う日本。
昔は良かったな~って言いたいんじゃないと思うんだ。きっと。
こういう時代もあったから、今が成り立ってるって事だけは忘れちゃいけないって思う。

やっぱり、お客さんは結構年配の人が多かった。
本当に子どもから老人まで楽しめる娯楽映画だ。
仰々しい映画が多い中、こういう映画は珍しいよね。

ちょっと残念なのは、エンディングのD-51の曲よりも、合う曲があったんじゃないかな?って感じてしまった事。だけど、映画自体は俺は文句無し。
親と一緒に観ても良かったな~。

« 進歩を諦めた元芸人の不快な姿 | トップページ | 冬は時間の大切さを、殊更感じるな~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29274940

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 3丁目の夕日 ~評判通り良かった~:

« 進歩を諦めた元芸人の不快な姿 | トップページ | 冬は時間の大切さを、殊更感じるな~ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30