« スナックが嫌いだ。 音の公害、下手なカラオケ。お前の唄には魅力が無い事を知れ。 | トップページ | 茶の味 ~なかなか面白い不思議な映画、こういうの好きだ~の巻 »

2005/12/21

村上 龍「空港にて」 地味だけど、無駄が無くて良いな

村上龍の短編集「空港にて」(単行本時のタイトルは「どこにでもある場所とどこにもいないわたし」)

なかなか面白かった。
と言うよりも、分かりやすかったって言った方が適切かもしれないけど。
短編なので、無駄な文章が無い(ように感じる)し、時間を凝縮して書いている事によって(作品中の時間の経過が一切かかれていない)、それぞれの主人公の内面での描写なんだって事が強調されてる効果があるかもしれない。
シンプルで地味だけど、良かった。

相変わらず、はっきりと人間のタイプを分けて書いてる感もあるんだけど、俺はその嘘の無い感じが心地良い。
短編という所為もあるかも知れないけど、若い頃の作品と違ってそれに対する説明もクドクされていないので、そのバランスも良かった。

やっぱり、龍は好きだ。

« スナックが嫌いだ。 音の公害、下手なカラオケ。お前の唄には魅力が無い事を知れ。 | トップページ | 茶の味 ~なかなか面白い不思議な映画、こういうの好きだ~の巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「コンビニララバイ」が非常におもしろかったので、場所をクローズアップしている小説として興味を持っていました。(あくまで自分の見方ですが) 村上龍は映画化される前に読んだ69や、限りなく透明に近いブルーが印象に残っています。コインロッカーは実はまだ読んでいません。 また、読んでみようかな。

masuokaさん、コメントありがとうございます。69僕も好きです。爽快感があって(?)、テンポも良くて・・・。コインロッカー・・・も中々良いですが、愛と幻想のファシズムも似たような空気感でこちらの方が、より何かが伝わってくるような気がします。僕の1番のお薦めは「5分後の世界」です。人によって感じ方は様々だとは思いますが、僕はこの本を読んで「力」を貰いました。そんな1冊です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29274946

この記事へのトラックバック一覧です: 村上 龍「空港にて」 地味だけど、無駄が無くて良いな:

« スナックが嫌いだ。 音の公害、下手なカラオケ。お前の唄には魅力が無い事を知れ。 | トップページ | 茶の味 ~なかなか面白い不思議な映画、こういうの好きだ~の巻 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30