« Mother Fucker American! クソ国家にへつらう首相なぞ、いなくて宜しい。 | トップページ | 蒼天航路 ~三国志漫画の域を超えてるよね~ »

2006/01/29

なんとなく価値観が好きだ。 NATURAL BORN KILLERS

ナチュラル・ボーン・キラーズもビデオを買って何回も観てたクチの映画。

なんていうか、映画の中にね、思想って言う程じゃ~ないんだけど、しっかりとした価値観が込められてる。
体制と反体制っていう分け方じゃなくてね、体制に入って安全圏に居る事によって威張ったりする奴なんかを、徹底的に醜く撮られてるのね~。

大まかなあらすじは・・・以下下線部、インターネットより
52人もの人間を殺害し、史上最悪の殺人犯として世界にその名をとどろかせたカップル、ミッキー(ウディ・ハレルソン)&マロリー(ジュリエット・ルイス)。マスコミの過熱報道によって若者たちのヒーローと化してしまったふたりの行動を主軸に描いた、オリヴァー・ストーン監督の狂気に満ちた問題作。

原案はクエンティン・タランティーノだが、ストーン監督はここで原色やモノクロを多用したイメージショットの羅列と、75曲もの音楽のコラージュによって、一種悪夢的な映像を見事に構築することでオリジナリティをかもし出しており、その作風は彼の次作などにも大きく反映させることになった。犯罪者ばかりではなく、マスメディアにきちんと批判の眼を向けているところも、実に彼らしい。ヴェネツィア映画祭審査員特別大賞受賞。


3日前に久しぶりに観て気付いたんだけど。
その醜い奴の1人の刑務所の所長役がトミー・リー・ジョーンズなんだけどね、MIBの時とは本当に別人なんだわ。これが。
演技の幅が凄いんだね~この人。

あと、俺は、ジュリエット・ルイスが大好きなんだな~。実は^^

« Mother Fucker American! クソ国家にへつらう首相なぞ、いなくて宜しい。 | トップページ | 蒼天航路 ~三国志漫画の域を超えてるよね~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275301

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく価値観が好きだ。 NATURAL BORN KILLERS:

« Mother Fucker American! クソ国家にへつらう首相なぞ、いなくて宜しい。 | トップページ | 蒼天航路 ~三国志漫画の域を超えてるよね~ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30