« 人を幸せな気分に出来る料理って・・・凄いね | トップページ | 音楽でのフラッシュバック ~TM NETWORK~ »

2006/01/12

プライドの高さの微妙な違い

俺は、我慢が美徳だとは、これっぽっちも思わない。、努力を怠るのは、また、別次元だと思う。って事を前提でね・・・。

俺って、すっげ~プライドが高いんだよね(笑)
ま、今更ね、改めて書くまでも無く、定期的に読んで頂いてる方には、一読瞭然だと思うけど^^
で、類は友を呼ぶ・・・とは良く言ったもので、特に会社とか仕事関係で出来る「気の合う人」は大体、プライドが高い人が多い(笑)

ただ、俺の場合の「プライドの高さ」は「負けず嫌い」なんだよね。
負けず嫌いだから・・・・
・実力で負けたく無い(同世代の奴等とかにね)←でも出世欲は無いんだよ、別に。
・だから、色々、吸収したい。
・その為には、出来ない事には謙虚になるし、自分がまだまだ、ちっぽけな事しか出来ないって事を、(表面には出さないけど)実は誰よりも認識してる(つもりだ)。

な~んて偉そうな事、書いてるけどさ~。
そりゃ、あ~た、俺だってそれなりに不遇の時を過ごしてたりするんだわ。

それまで、ロック畑で社会に参加せずに(出来ずに)“どうせ、社会なんてクソみたいな奴ばっかりだろ”なんて思ってた俺がさ、“でも、その中で、自分はクソみたいなジジイにならずに生き抜いていく”って決意して、今の会社に入社してから、何年もの間、「自分が死んでもなりたくない自分像」と「それを求めてるように感じられる社会」の狭間で揺れ動いてた。

実際、転勤で今の勤務地に来て、今の上司N氏に指導されるまではね、「TSURUは使えない」って烙印を押されてた時期もあったしね。
会社に行きたくなくて、毎朝、ほんとに吐いてた時期もあった。

でもね、その時にさ、「俺を認めない、こんな奴等が評価されてる会社でなんて、やってられるか」って辞めたら、それこそ、最悪の敗北だと思ってたんだよね。
それだけが、俺を支えてたんだな~。うん。

俺のプライドの高さが、俺自身に求めた方法は「奴等の土俵で、勝負して勝つ。その後に辞めたかったら、辞める。」だった。
つまり、共通の言語で、相手に(もしくは、自分達を取り巻く大多数に)敗北を認めさせれる力が無ければ、いくらイキがっても、それは敗北なんだと思う
だから、とりあえず、俺は我慢した。
時期が来るまで、耐えた。
俺は短気だけど、辛抱強い一面もあるんだと思う。

冒頭にも書いたけど、俺は決して、我慢は美徳だとは思わない。
だけど、我慢したが故に道が拓けるって場合がたくさんあるのも、確かだ
。と思う。
う~ん、勝ち負けって表現もどうかと思うけどね(笑)、あくまで、勝負の相手は、顔(いわゆる、個性ね)も無い、実力も無い、自分の人生を自分の足で歩く意思も無い大多数の奴等に「負けそうになる自分」だから^^←知恵熱(爆)

そこで、耐えれたから、今の俺がある。
転勤して来たこの土地で、尊敬できる上司N氏に出会えた。
俺を使えないと評価してた上司は、俺が転勤する時に
「お前が行く場所のN氏は、誰よりも厳しい人だ。
お前みたいな奴は、すぐコテンパンにされるぞ。」ってバカにして笑ってた。
上等だ。中身のないヘラヘラした、人を育てるって考えを持てない、肩書きだけ上司の奴にバカにされる位なら、地べた這いつくばっても、厳しくても実力ある人に、みっちり鍛えてもらいたい。
心からそう思った。
厳しかったけど、面白かった。
自分が知らないことを吸収出来てる、成長出来てるって感覚が本当に面白かった。

あれから、4年経った。
今の俺は、同世代・同部署の誰よりも上の役職になってる。
入社当時、俺に車を運転させて、ダッシュボードの上に足を投げ出してた、やる気の無いたかだか8ヶ月だけ先輩だった奴も、その1年前に入社してた先輩も。
勤続年数が俺の倍近くあるやつも。
みんな俺の下になった。

社内での俺の評価が上がった事によって、俺を育ててくれたN氏の評価も、勿論上がったし(これは本当に嬉しい)、同時に、俺に「使えない」烙印を押していた元上司は、逆に「人を育てられない」って烙印を押された。
相手の土俵で勝負して勝った、と思う。
勿論、これからどうなるかは、解らない。
慢心したらそれで終わりだし、役職が上がっている分だけ、望まれてる事もより深い。
それは、これからの勝負なのさね。

繰り返すけど、俺は出世欲があった訳では無い。
ただ、プライドが高かっただけ。
そのプライドを満たす為に、正当な努力をする。ってのが信条だっただけ。
そして、N氏に出会えたお陰。
そして、それを呼びこんだのは、俺の我慢だった。


でも、残念ながら、プライドの高さが成長を邪魔している人って本当に多い。
冒頭にも書いたけど、俺が気が合う人ってプライドの高い人が多いんだけどさ。
その中には、間違ったプライドの高さもある。

・単純に、自分の非力を認めたくない
・過信している(周りが認めてくれないのは、ねじふせる力が本人に、まだ備わってないからだってケースは多々あると思う。俺もそうだった)
・我慢(というか、冷静になって周囲の状況を見極めて行動する事が)だとが、ここぞという時の努力が出来ない
・自分のセンス(良い意味でのクレバーさ)の無さに気付かない(微妙な言い回しだけどね^^)

これで、多くの人が、自滅してる。
プライドや自意識って紙一重の難しいもんだよね。ほんと。

« 人を幸せな気分に出来る料理って・・・凄いね | トップページ | 音楽でのフラッシュバック ~TM NETWORK~ »

我想う故に我在り」カテゴリの記事

コメント

何ていうんだろう・・一言でいえば、男ットコ前ですねー。。行動も思考も。。TSURUさんには、何だか会ったこともないけど親近感というか、「ちょっと自分と似ているかも?」と思ってましたが、まあーすげーわ。かなわないです(笑)でっかい勘違いしてました(笑)これからも、記事楽しみにしてます!

おんたけさん、こんばんわ。いやいや、それは褒めすぎです(汗)あ、でも、僕も、おんたけさんに対して、似たようなイメージは持ってました(笑)僕の場合は、自分のカッコ悪い所を、ここで曝け出してないだけなので・・・。こういう記事を書いて、自分の大事にしたい部分を思い出して、自分自身でエネルギーを高めようって目論見なんかもありますしね。ともあれ、これからも宜しくお願いいたします。僕もおんたけさんの記事を、いつも楽しみにしてますので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275287

この記事へのトラックバック一覧です: プライドの高さの微妙な違い:

« 人を幸せな気分に出来る料理って・・・凄いね | トップページ | 音楽でのフラッシュバック ~TM NETWORK~ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30