« 音楽でのフラッシュバック ~TM NETWORK~ | トップページ | 内省的なおたくロックの出世頭 ~大槻ケンヂの世界感ってなんか好きだ~の巻 »

2006/01/15

宮部 みゆき「理由」 引き込む力が凄いな~

所謂、現代ミステリってあまり好きじゃなくてね。
俺が読むミステリ作家は、本格って言われてる中の、綾辻行人島田荘司だけなんだけどね。
この2人は、なんていうか作品中に世界が作られていて、そこにグッと引き込まれるんだよね~。
綾辻さんは「館シリーズ」、島田さんは「御手洗 潔シリーズ」がお薦め。

さて、そんな中、ふと目にした宮部 みゆき
最近では「模倣犯」が文庫化されてる。
全然興味が無かった作家さんだったんだけどね、「理由」が映画化されるまでは、映画化不可能な作品だって言われてたらしい。ってのを通勤途中のFMラジオで耳にした事で、この作品に興味を持ったんだけどね。
で、太宰治の顔写真が文字盤の腕時計を手に入れる為に、今集めてる新潮文庫の応募券欲しさもあってね、この「理由」を買ってみたって訳なんだけどね。

読み始めてみたら、グッと引き込まれる。
文章力なのか、物語の展開の構成力なのか、何なのかは解らないけど。
とにかく久しぶりに読めば読むほど先を読みたくなる小説だったわ。

簡単なあらすじとしては、都会の高層マンションの一室であった、一家4人の殺人事件なんだけど。
読み始めて割とすぐに、まず被害者4人が、実はこの部屋の本当の持ち主では無いって事が解る。
それを関係者のインタビュー形式でずっと追っていくうちに、色々な事情・実態が解って行くって感じ。

インタビューを受けている登場人物達の人生の背景なんかも良く練りこまれていて、それぞれの人生がちゃんと見える。
でも、それを読んでいても全然面倒臭い感じが無くて、逆に、そこまで細部に物語が作られてるからこそ、説得力を感じちゃうんだろうな~。きっと。

小説は面白かった。
でも、映画は端折りすぎてて、イマイチだって話を聞いたんだけど、どんなもんだろね!?
観てないので、そこに関しては何とも言えん。
年末にTVのドラマスペシャルで映画に手を加えていたのを、やってたんだけど見逃しちゃったんだよな~。

« 音楽でのフラッシュバック ~TM NETWORK~ | トップページ | 内省的なおたくロックの出世頭 ~大槻ケンヂの世界感ってなんか好きだ~の巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

TSURUさんこんばんは。宮部みゆき、私も一時はまってかなり読みましたよ。蒲生邸事件 文春文庫は2.26事件直前にタイムスリップした受験生の話ですが、オススメです。あと、「あやし」などの時代怪奇小説なんてのもありますよ。

audreyさん、おはようございます。情報ありがとうございます♪audreyさんって広範囲に渡って読書されてますよね。僕はかなり偏っているので、ちょっと見習わなければ・・・(汗)宮部みゆきは、最近はブレイブストーリーだとか、毛色の違う(?)のも書いていて、中々興味深い人だな~って漠然と思ってたんです。蒲生邸事件、あやし・・・面白そうなので、近々読んでみます^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275289

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部 みゆき「理由」 引き込む力が凄いな~:

« 音楽でのフラッシュバック ~TM NETWORK~ | トップページ | 内省的なおたくロックの出世頭 ~大槻ケンヂの世界感ってなんか好きだ~の巻 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30