« たま~~に浸る、ノスタルジィ | トップページ | 俺の中で、読書ブーム再来。 »

2006/02/12

映画「白痴」 迫力の映像。

手塚 眞(手塚治虫の息子さんね)監督・脚本。 原作は坂口 安吾
audreyさんから、坂口 安吾を紹介して頂いて、坂口 安吾の「桜の森の満開の下」は読んでたんだけど、この「白痴」はまだ読んだ事が無かったのね。

で、何気なくTSUTAYAを彷徨ってたら、このビデオを発見して(タイトルに惹かれて見てみたら、原作:坂口安吾 監督:手塚眞 だったんで)、これはもう、借りるしかない!って事で借りてきた。
手塚眞さんに関しては、ずっと興味を持ってて、一度作品を見てみたいと思ってたのでね。

どうやら、映画自体は、原作を大胆に脚色してるらしいので、別物と思っておいた方が良いのかもしれないけど(何分、原作を読んで無いので^^)ね。
とにかく、引き込まれた。グイッと。

時代背景は「戦時中の日本」なんだけど、かなり近未来的なアプローチをしてるのね。
んで、それと相まって、色彩の妙や、役者さんの顔や、セットの説得力や、諸々・・・ありきたりな言葉だけど、世界感。だよね。

とにかく、視覚を通して強烈な力がね、こっちに入ってくる感じ。

唯一の難点は、ちょっと長いと思った事。
2時間半ね。
でも、良いよ。
後半の炎のシーンは、元来の映像の迫力に加えて、音楽との融合がきちんとされてて、本当に圧巻。
もう大迫力ファンタジー文学だね。これは。

« たま~~に浸る、ノスタルジィ | トップページ | 俺の中で、読書ブーム再来。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275312

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「白痴」 迫力の映像。:

« たま~~に浸る、ノスタルジィ | トップページ | 俺の中で、読書ブーム再来。 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30