« ハウルの動く城 | トップページ | やって来たよ~ 全力を出せるシーズンが♪ »

2006/03/19

山本 周五郎 ~俺の、食わず嫌いな固定観念を覆してくれたねー~の巻

山本 周五郎の「赤ひげ診療譚」
凄っげ~面白かった^^
良い本を読んだ後に来る、何とも言えない“ジワ~ッ”とした感じね。来たね。

はっきり言って、時代小説なんてさ、爺婆が読んで面白がる、「良いお噺」ばっかなんでしょ!?どうせ・・・。
な~んて食わず嫌いで、手を付けずにいたんだけどね。
大間違いだった(笑)。はい。

まず「赤ひげ診療譚」に関して言えば、所謂「時代小説」では無い。んだと思うわ。
舞台として、江戸時代の方がこの作品のテーマを具現化するのに書き易くて、且つ、解り易いって事なんだろうね。

だから、現代小説を読むのとおんなじ感じでスィ~ッと読めちゃう。
構成は、赤ひげや新米Drを取り巻く、色々な話。って感じで、短編が8作集まって、1つの「赤ひげ診療譚」になってるのね。

勿論、胸のスッとする話もあるし、全体的に‘只の人情話’の雰囲気をかもしだしてはいるんだけどね、でも、違う。
それだけじゃ、無いわ。
この作品は。
何とも言えない悲しさや、やりきれなさや、喜びや、諸々が・・・これ見よがしじゃ無くね、常に読み手から等距離の場所に「現象」として配置されてる感じ、なんだよな~。
物凄く大雑把にまとめると、押し付けがましく無いって事ね。
ちょいと、伝わり難いかもしれんけどね。

読む前はね、赤ひげ自身の良い人ぶりをクローズアップした話なのかな?
って勝手に想像してたんだけどさ、全然そうじゃなくて、どっちかって言うと、赤ひげという人自身もステージの1つ。みたいな感じ。
で、そのステージの上で、色んな人達が色んな味をそれぞれ出してる事で、全員で「赤ひげ診療譚」を作ってる感じなんだよね。
そんでね、それはきっと、(この小説に関しては)作品のテーマをしっかりと書ききれているからこそ、そう感じられる。って事だと思ったな~。

斜めから見たら、使い古されたありふれたテーマ。
正面から見ると、「(生活や信念や業やetc...を含めた)人を描いている」正統派(?)
だけにね、琴線に触れた時の面白さったら、無いね。うん。
お薦め。
この人の他の作品も、今度読んでみよう~っと。

いや~、俺もジジィになっちまったかね~?(笑)

« ハウルの動く城 | トップページ | やって来たよ~ 全力を出せるシーズンが♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

これ、昔NHKで連続ドラマがあったんですよ。今ではちょっとないとっても良質のドラマでした。黒澤明の映画もありますよね。

audreyさん、こんばんわ。NHKの連ドラだったのは知りませんでした。映画化されてたのは、本の解説で読んで知りました。医療業界に勤めていながら、赤ひげがこんなに面白いって知らなかったなんて(笑)って、自分自身に突っ込んでます^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275335

この記事へのトラックバック一覧です: 山本 周五郎 ~俺の、食わず嫌いな固定観念を覆してくれたねー~の巻:

« ハウルの動く城 | トップページ | やって来たよ~ 全力を出せるシーズンが♪ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30