« やって来たよ~ 全力を出せるシーズンが♪ | トップページ | 「流星ワゴン」 重松 清 ~また、小説読んで泣いちまったー。くそっ~の巻 »

2006/03/21

容疑者が犯罪者とは限らないよね。

某Jリーガーが、(以下、下線部インターネットのニュースより部分的に抜粋)
住居侵入容疑で神奈川県警麻生署に逮捕された。
面識のない1人暮らしの女性会社員宅に侵入した疑い。
容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認。
同署は「捜査中のため具体的なことは話せない」とコメントしているものの、この「容疑者の指紋が、捜査資料として残っていた」という。

事があったらしい。

勘違いしないで欲しいのは、これが事実かどうかって事をね、この場で論じたいんじゃ無いって事ね。

簡単に言うとさ、逮捕された容疑者だって時点では、まだその人が犯人かどうか解らない訳でしょ。
特に、情報が少ない段階ではね。
本人が認めてればまだしも、否認してるんであれば「限りなく疑わしくても、違うかも知れない可能性も残されてる」よね。

このJリーグチームのサポーターに、今回の件について取ったインタビューがTVで流されてたんだけどね。
まず、放映する為に選ばれていたコメントは、どれもこれも、“インタビュー時に初めてその話を聞いた反応を見せながらも、あたかも犯人だと確定してるかのような口調で”「情けない」だとか「許せない」だとか批判的なものばっかだったんだけどね、誰も「これが事実だとしたら・・・という前提を付けての発言では無い」ってのはおかしいと思う。

だってさ、もし、万が一ね、誤逮捕だった場合に、「大衆顔した発言による、言葉の暴力」になりえるコメントは、本人にとって何よりもキツイと思うんだよね。
だからこそ、「もし、これが事実だとしたら・・・」って言う前提は、絶対必要だ。
特に、情報が少ない段階でコメントする場合はね。

もし、コメントしたサポーターが上記の発言していたのにも関わらず、カットされていたんであれば、それは編集した局の責任だろう。
コメントした人が、事実だとしたら・・・ってのを最初から付けないで発言してるんであれば、「無責任な言葉の暴力」だろう。

敢えて断っておくけど、俺は全然サッカーファンじゃ無いし、この逮捕された某Jリーガーなんか知らない。
つまり、この人を特別擁護したい気持ちなんて、これっぽっちも無いんだわ。
ただ、一般大衆面して情報が少ないのにも関わらず、批判する奴は嫌いだし、番組(もしくは局がって表現した方が良いのか?)がコメントの大事な部分をカットして放送するのは、見る側の感情操作に繋がる重大な事だと思う

いずれにしろ、おかしいよね。
心底思うんだよな~。
お前等の血は何色だァ~~!!!ってね。
いや、まじでさ。

« やって来たよ~ 全力を出せるシーズンが♪ | トップページ | 「流星ワゴン」 重松 清 ~また、小説読んで泣いちまったー。くそっ~の巻 »

モノ申す!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275337

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者が犯罪者とは限らないよね。:

« やって来たよ~ 全力を出せるシーズンが♪ | トップページ | 「流星ワゴン」 重松 清 ~また、小説読んで泣いちまったー。くそっ~の巻 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30