« THE BACK HORN 「人間プログラム」 | トップページ | PRIMAL SCREAM 「RIOT CITY BLUES」 »

2006/06/27

違反者講習の、とある風景

Fi2621782_1e 恥ずかしながら、ワタクシ、累積点が6点になった為、本日行ってきました。
違反者講習にね。

だからといって、大変だったですね~。だとか、そういうお情けコメントを誘おうと思って記事を書いてる訳ではございませんことよ。決して。
おほほ。

ある意味では、自分への戒めも含めての内容として書きます。


さてさて、違反者講習。
パッと見ても、色んな年代の色んな人達が来てた。

・持参が必要な書類を忘れて来たのに、やたら横柄な態度を取ってるおっさん。

・とにかく、何かにつけてベラベラべラベラ無駄なお喋りと文句を、でっかい声で周りに喋り捲るババア。
只でさえヤカマしい挙句に、これから移動だって時にね、食堂に帽子忘れたとか騒ぎ出したりし始める。

・ものすっごくダルそうに歩きながら、最後の方に入ってきて、やっぱり必要な筆記用具を忘れて教官に借りるも、面白く無さそうな顔しながらテーブルに肘をついて斜に構えた感じでね、その態度がカッコ良いと思ってるのか何なのか、動きの全てが「そんな場所に染まらない俺」を演出してる(ように見える)バカな若い奴。

・仲間を作りたいそぶり(共同体意識を持って、不安を解消したいんだろうか!?)で、やたらと独り言の冗談を言ってさ、誰かに喰いついて貰おうとしてる俺と同じぐらいの年代の奴。
そういう場合は、そいつの言葉に反応して笑おうもんならね、「脈あり」と思われてね、その後にくだらない世間話に延々と付き合わされる羽目になったりするんだよね(苦笑)
だから、ピクリとも反応しないよ、俺は。

でも、あれだね。共通点としてはね、みんな何かね、外見もダラシ無いように見えた。
雰囲気としてね。

・そんな中に紛れて、「何なんだか・・・」なーんて人間ウォッチングをしつつ、
「でも、何だかんだ言っても、俺もこの場に居るって事は、この人達と変わら無いって事なんだろうな・・・」などと考えて、とてつもなく情け無い心持ちになってる俺。etc...

ま、こんな感じでね(笑)、午前の部の講習が終了してさ。
さぁ、いよいよ午後からは、実際に車を運転する実車コース街中で恥ずかしい格好をして^^ティッシュを配ったりする社会参加活動コースに分かれる訳ね。

んで、俺は社会参加コースを選んでたのね。
こっちの方が5千円安いんだよ(笑)

ババアが食堂に忘れた帽子を取りに行って戻って来てから、皆(24名+教官2名)で小っちゃいマイクロバスで現地へ移動したところで・・・雨ざます。
そう、雨の場合は・・・バスの中で、ビデオ鑑賞(勿論、交通安全のだよ^^)。
不謹慎ながらも、皆(無論、俺もね)喜び気味(笑)。

そんなこんなでビデオ鑑賞が始まって、1本目(約25分)がまず、終了。

2本目のビデオはね、酒酔い運転のトラックに追突された事で、4人家族の内の、まだまだ小っちゃな子供さん2人が亡くなられて、その事故がきっかけで、酒気帯び・酒酔い運転での事故の場合に、危険運転致死傷罪が適用される。というきっかけになった事故の当事者の方についてのビデオ。
ほとんどの人が、バス内で、その説明を聞いてる内に、「見たい」と思わされるような教官の方の説明に、皆(ま、一部そうじゃ無い人も居ただろうけど)、背筋を正してた感じだった。

さてと、やっと今日の本題!かな!?
このビデオが始まってね、ものの数十秒と経ったか経たないかって頃なんだけどね、
どーうも3・4列後ろの左斜めからボソボソボソボソと、はっきりと喋り主の言葉の内容が解る程度の音量でね、なんか聞こえてくる訳よ。
最初は、誰かと会話してんのかな?なーんても思ったんだけどね、いくら耳を澄ましても声の主は一人のご様子。
はい、そうです。携帯電話で会話なさってるのでございます。

勿論。講習中は(休憩時間を除いて)、携帯はマナーモードではなくて電源を切る事が言い渡されており、それ以外にも飲食・喫煙なんかも当然ダメな訳さね。

どうも男の声で、仕事の話やら、現在の自分の状況(外が雨なので、バス内でビデオ鑑賞に変更になった等)とか喋ってやんの。
他の人は一人も私語して無いんだよ。見てるの。きちんと(若干、寝てる人もいたかもしれないけどね^^)
一度、確認の為と「五月蝿いと思ってる奴が此処にいるぞ~」ってアピールも兼ねて、振り返って見てたりしたんだけどね、数分に渡って悪びれもせず話続けてるのね。
教官殿達は一番前列に座ってるため、そこまでは‘声’も届いてないご様子。

「あ~ぁ、ま~たバカがいる・・・」なんて思いながら、微妙な五月蝿さでビデオに集中出来ない。
あるでしょ。そういうトーン。
イヤホンから漏れてるシャカシャカした音とかさ。
集中しようと思った時に、妙に気になる邪魔な音ってさ。
ま、それでも、数分続いた後に話声が無くなったんで、「おう、終わったか・・・」などと思ったその瞬間!!!
また、話始めたのさ(どうやら、空白の時間は聞いてたようだ)。

気付いたら、言ってた。
うるさいな。
バッと振り返って、即座にそいつの目を見て。
何の感情も込めずに、ただ普通の声で、怒鳴りもせず、吐き捨てもせず、お願いもせず、淡々と・・・
ウルサイナ。とはっきりと音としてだけ発声した感じ。
だから誰も何も言えない、冗談にならない感じで、しかも逆らい難い冷たさを孕んで。「し~~~ん」ってなった。

でも本当に、気付いたら、口を衝いて出てたって感じでね。
確かに、俺自身ね、そういう場面を注意したりする事は、まま有るんだけどさ。
いつもはもっと考えてね、一呼吸置いて、自分の腹いせじゃない立場で言おうと努力してるんだけどさ。
つっても、今回も、怒ったり、キレたりしてた訳じゃ無くて、勿論、腹いせ的注意でも無かった。
いや、むしろね、いつもより冷静だったんだよなぁ。
だけど、なのに、にも関わらず、口を衝いて出てた。

これは気をつけないと。って思う。
これが冒頭に書いた、自分への戒めの部分。
勘違いしないで欲しいのは、「どう!?俺ってこういう時に注意出来る人間なんだよ」って得意げに言いたい訳じゃないんだわ。
口を衝いて出た言葉が、今回はたまたま「うるさいな。」で、100%相手が悪くて、吐いた言葉に感情が乗っかって無かったから、まだ良かった。
聞こえ方として、失礼にならなかった(と思う)。

結果、おっさんは右手で拝むポーズをして、すぐに電話を切ってたわ。
バスで外出した開放感か何かなのかね、ルール・マナー違反にも程がある。
3・4列前の俺でさえ、うるさいと思ってたんだから、もっと近くの人はもっと気になってたんじゃないだろか?って思うんだけど。
俺は別に正義の味方ぶりたい訳じゃない。
携帯が禁止でも、俺や他人に迷惑かけずに音消してメールやってたりする分には、何も言わない。
でも、今日は俺にも迷惑だったし、ルール違反だし、明らかにマナーに反する行為だった。

おっさん、万が一大事な急用なら(聞こえてきた会話の内容と、注意された後、すぐ切った事等からそうじゃ無いとは解ってるけどね)、係りの人に言ってちょっとバスから出して貰うとか出来た筈だよね。
現に、何かあったら言って下さい。って、教官さんも何度も言ってたよね。

あんた大人として恥ずかしいよ。ホント。
こんな年下のガキに、こんな事思われてさ、複数名の人に迷惑がられてさ。

ま、俺も、今後、より注意しよう。ほんとに。

追伸:何故かは解らんけど、ビデオが終わった後に、急に周囲の人がニコやかに俺に話しかけて来たのは、「こいつ怖いから、ご機嫌とっとこ・・・」では無くて、「よく言ってくれた!」の表れだと、勝手に思ってるからね(笑)

« THE BACK HORN 「人間プログラム」 | トップページ | PRIMAL SCREAM 「RIOT CITY BLUES」 »

我想う故に我在り」カテゴリの記事

コメント

あはは、やったね、TSURUさん「追伸」のこと、よくわかります。言えなくても、言えない人って私たち「キレ族」(?!)が考えているより多いような気がしませんか? (あらら、また変なネーミングしちゃった)それでいて、こっちがちょっとはものが言えるとわかると「言ってやって下さいよ。」なんてくるんで、ちょっと、いい加減にしてよ、ということも多いのですが。

audreyさん、こんばんわ^^長~い文を読んで頂いて感謝です。はい、やってまいました(笑)にしても、気付いたら言ってたってのは、本当に始めてでした。ある意味、不覚です。もっと理性的でありたいと思って、ちょっと反省してますが(笑)でも「キレ族(!!)」って意外と少ないですよね^^なんでもかんでも言うのが良いとは、キレ族の私達も(一緒にしてすいません^^)思いませんが、自分が出来ないの(と言うかやらない)を、出来る人だけに人任せにする姿勢も・・・・って思っちゃいますよね。やっぱり。それ、わかるような気がします。

そういう時、あともう一言しゃべったらがつんと言ってやろうと思うとそこで終了してしまうことが多く、肩すかしな日々です。でも「じゃぁ、言うぞ」な瞬間は心臓バクバクで、小心者なのだと自分で情けなくなります。・・・たしかに違反者講習参加者って、あぁあんたは違反するわ、みたいな人が多いですね(笑

けいにゃさん、こんばんわ。いつもコメント有難うございます。そうなんですよ。あぁ、あんたは違反するわ・・・なんですよ。そして、その中に自分がいる事が、情けなかったです(笑)同類かよ・・・・って^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275385

この記事へのトラックバック一覧です: 違反者講習の、とある風景:

« THE BACK HORN 「人間プログラム」 | トップページ | PRIMAL SCREAM 「RIOT CITY BLUES」 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30