« 自己表現の手段から「何」に変わったんだろうか? | トップページ | 知人相手じゃない物の性質なんかね? 弱音の吹き溜まりを憎むよ、俺は。 »

2006/06/06

友川 かずき ~なんて表現したら良いのか・・・原始の唄の迫力!かな!?~

もう、20年位の間、ず~っと頭から離れない唄があってね。
そうだ!インターネットで調べてみよう!って思って3週間位前に調べたら、見つかってね、迷わず買ったよ^^

今から20年前の1986年の夏に、4回放送された(低視聴率で打ち切りらしい)TBSドラマ「一家だんらん物語」(三宅祐司・陣内孝則・石黒賢・赤木春江が出てた)のエンディングで、ギターを掻き鳴らしながら東北訛りで「生きてるって言ってみろ!生きてるって言ってみろ!」って叫ぶような唄。

当時、小6だった俺は、低視聴率だったこのドラマのドタバタさが好きで(笑)毎回見てたんだけどね、何よりも頭にこびり付いてたのが終わりのこの唄だった。
本人も脇役でドラマに出演してたんだけどね。

調べてみて、初めて解ったこの唄を歌ってた人の名前は「友川 かずき」。
曲名は「生きてるって言ってみろ」。

何ていうんだろ、心にズサッと刺さるようなね(小6の俺が「何か」を感じて、20年忘れない位の「何か」ね)迫力と、目を逸らしたくなりつつも強力な引力で、目が離せない・・・みたいな感覚っていう感じだろうかね。

とにかく、TVとかを見ててね、それまでに俺が耳にした(というより感じた)事が無かった種類のものだったんだと思う。

デビューは1974年みたい。
「生きてるって言ってみろ」は2枚目のシングル(バックバンドはダウンタウン・ブギウギバンド)だったらしいけど、全然売れなかったみたい。
ちなみに、俺が聞いて「凄い!」って思ったのは、ドラマに合わせて発売された、アコギ1本と唄だけのシンプルなバージョン。
あと、中原 中也の詩(これも好きだ)に曲をつけた 「サーカス」「汚れつちまった悲しみに」なんかも良い。
↑この詩を選んでるのも、この人の世界感が良く表れてる^^

今までの活動は、「唄」「画家(かなり評価されてるみたい)」「詩人」・・・
広く浅くでは無くてね、この人にとっては全てが表現なんだろうなぁ。
って思わされる説得力がある(少なくとも唄には←俺は歌しか知らないから)のさ。


そんでね、この人の唄を、改めて聴いて感じたのはね・・・
濃い。凄く。そして暴力的な位に鋭い。
だけど、クドイのとは全然違うのさ。
コード進行がマイナーなのが殆どなのと、アコギ1本と唄だけってスタイルの曲がかなり多いのとで、
一応、伝説のフォークシンガーなんて言われたりもしてるらしいけどね、そんな生っちょろいモンなんかじゃないわ。

ジャンルなんか、とっくに超越してる。

ROCKという名のバンドアレンジの歌謡曲や、音符で決められた歌っぽいもの、POPミュージックって名前を冠したミュージシャン風アイドルのそれetc...
(勿論、本物の人達のは除いてね)そういう、角の取れたソフトなものにしか耐えられない多くの人には、
正直言ってね、目を逸らせない「何か」を容赦無く突きつけられるこの人の唄はね、嫌悪って感情で拒否されるだろうなー、きっと。って思う。「貧乏臭い」とか言われて。
ユルイのが好きな、もしくは、程よいワイルドさで丁度良いって人達がね、この人の唄に向き合うのは、相当キツイんじゃないだろうか。
抵抗力の無い人間が聞いたら、死にたくなるんじゃないか。って位にね。

勿論、俺は向き合えるから凄いんだぞ!って言いたいんじゃないよ。
向き合えてるなんて思っちゃいないしね。
ただ、目を背ける事が許されない、圧倒的な迫力を感じるって事を言いたい訳ですわ。
なんていうか、節の付いた唄でありながら、言葉であり、叫びである(本当に叫んで無いところもね^^)感じ。
言葉の無い「ああ」とか「おお」とか伸びた語尾とかがね、泣いてるような、笑ってるような、叫んでるような・・・・
原始の唄ってこういう感じだったんじゃないだろうか。って思った。

ただ、今の時代だったらデビュー出来なかった人かもしれない気がする。

今まで紹介して来た唄の中でも、この人はね、本当に別格だわ。

« 自己表現の手段から「何」に変わったんだろうか? | トップページ | 知人相手じゃない物の性質なんかね? 弱音の吹き溜まりを憎むよ、俺は。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275373

この記事へのトラックバック一覧です: 友川 かずき ~なんて表現したら良いのか・・・原始の唄の迫力!かな!?~:

« 自己表現の手段から「何」に変わったんだろうか? | トップページ | 知人相手じゃない物の性質なんかね? 弱音の吹き溜まりを憎むよ、俺は。 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30