« 働かない・働けない の疑問 | トップページ | 一見、お好み焼きに見えるんだけど・・・ »

2006/06/24

表現方法は同じでも、根本がまるで違うと“逆の意味合い”になる事

以前にも、‘ブログでの弱音の慰めあいが、俺は嫌いだ。’とか、‘愚痴と言い訳の洪水は、俺は大嫌いだ’とかを記事にしたり、折に触れてちょこっと書いたりしてだけどさ。

当然、そういう記事をお書きの方はさ、
「私のページで、私が何を書こうが、私の勝手だし、私の権利だから」
みたいな事を拠り所に開き直る可能性が大だし、そういう人達とね、
「不特定多数の目に留まる可能性のあるものを、発信する事で出来る責任」
について、意見を交換し合う。
な~んて、不毛な時間を使いたくは無いし、それこそ、自分のページでね「俺は、それが、在り方として嫌いだ」とは言っても、「そういうのは辞めるべきだ」って所までやっちゃうと、行き過ぎだっていうのは、百も承知よ。

んでね、今回は、管理者にとってのブログ(記事)の意味合いについて、ちらっと・・・。
色んな人の色んなブログ(記事)の「在り方」があるよね。

①自分の内面的な感情や、感じた事や、取り巻く環境に対しての思いや、喜怒哀楽や etc...を、主張だったり、感想だったり、疑問だったりを書いてる記事
または、単なる日記的でありながら、充分「書き手」が主張されていて、それ以上の濃い感じに出来上がってるもの

②どちらかというと軽めの日記

③レビューや作品の発表

④ちょっと面白い雑多的な記事

⑤他にも色々・・・

色んな、種類の記事が織り交ざって(単一の場合もあるだろうけど)、「その人のブログ」になってると思うんだけどね。
でさ、その中でも今日のメインは①の場合についてなんだけどさ。
①みたいな記事ってね、大まかに分けると2タイプあるように思うんだわ。

(1)日々、行動に表れてる「らしさ」や、
 そこまで出来て無いとしてもそうありたい。というような意志を孕んでたり、
 迷ったり、悩んだりしてても「善処したい」為に書かれてる雰囲気がかもし出されてるような、
 つまりは、「その手の記事を、他者に発信する事による自己確認」の要素だと思う。

っていうのと、

(2)すっきりする為の(と表現すると語弊があるかもしれないけどね、う~ん、何て言うか、消化するのでは無くて、嫌な事柄から‘書いた勢いで目を逸らす’みたいなね)結局は「現実逃避や免罪符」的な役割を担ってるタイプ。

(1)と(2)は表面的な記事の書かれ方は、一見、似てたりするんだよね。
内省的な記事があったり、
自己にこだわってるので主張やスタイルが割とはっきりしてたりね。

でも、一見表現方法は同じ(似ている)でも、書き手にとっての「効果」はさ、まるっきり逆だよね。
そういう感じ、伝わるかな~!?

そういうのってね、その手の記事に寄せられてるコメントのやりとりを見てたら、割と違いがはっきりして見える感じで面白いっていうか、なんていうか(笑)

たまにいる御馬鹿さんの為に、一応明言しとくけどさ、
「どっちが良い・悪いの話(俺の方が正しいとかね)」じゃぁなくて、
「表面的には似たタイプの書かれ方をしている色々なブログも、本質的には全く真逆の意味合いを持ってるものがあるよね」って事
を言いたいんだからね。

随分、遠回りして書いたけど(笑)
「だから、何?」って聞かれたとしたら・・・俺の答えは、簡単。
俺だって色んなタイプの記事は書くけどね、①の中では(1)のケースでありたい。
し、そういう書かれ方をしてるブログを好むって事だけ。
「価値観の発信」(発信と強制の意味を取り違えないように!)

« 働かない・働けない の疑問 | トップページ | 一見、お好み焼きに見えるんだけど・・・ »

自己紹介・このブログについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275381

この記事へのトラックバック一覧です: 表現方法は同じでも、根本がまるで違うと“逆の意味合い”になる事:

« 働かない・働けない の疑問 | トップページ | 一見、お好み焼きに見えるんだけど・・・ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30