« 生きるについて考えさせられる 「17歳のカルテ」 | トップページ | ぼんやりちゃん注意報 »

2006/07/18

他人を気疲れさせない人達との時間ってさ、清々しくて良いよね。

Fi2621791_1e 一昨日の7/16(日)は、久しぶりに楽しい食事(とお酒)が出来た。
一緒に会食(って程、上品じゃないけどね^^)したのは、もう、何度か会ってる奥さんの親戚の女性(俺の1歳下)と、初対面のその彼氏(俺の2・3歳下だったかな!?)。
東京から、所用のついでに・・・って事でね。

彼女は何ヶ月か前に、新宿でお店を開いた「一国一城の主」(←こう書くと、ちょっと雄々しく聞こえるけど、チャーミングな女性でがす)で、初対面の彼氏は広告代理店みたいなお仕事だったと思う。

ま、年代が近いし、この歳になってくると、数歳の歳の差は無いも同じ(人間的な深みは、既に差が付いてる。という意味でね)なんでね。

初対面の彼氏も、ナチュラルな人で、変に気取ったり、構えてたりしてない(ように思えた)感じで、非常~に好感が持てる人だったのもあって、ざっくばらんに話が出来たんだけどさ。
↑って言っても、向こうが気ィ使ってたかもしれないよね(笑)

ま、とにかくね、何て言うか、
ご本人達が何を軸にして生きてるか、なんて解んないしさ、いきなりそんな話もしなかったけどね。
やっぱり「意志を持って生きてる」(感じがする)人達との会話は、疲れないよね。
(この歳になってってのもあるかもしれんけど、これ見よがしの「ちょっと勘違いしてる、引いちゃう熱さ」の奴は、もう篩[ふるい]にかかってるしね^^)
それどころか、清々しさ(ま、気持ち良いって事ね)を感じたわ。

卑屈だったり、必要以上に自分を卑下したり、建前やおだてだらけだったりってのはさ、お互い疲れるからね(でも、好きでも無い者同士が、関係性を作らなきゃならない場合には、有効な手段だってのは認める、ようになってきた。ここ数年^^)。
そういうのが無くて、というより必要無くね、ちゃんと「自分自身を拠り所」にしてる人の自然な(過不足の無い)自信は、接してて気持ちが良いよね。

歳を重ねれば重ねる程ね、なかなか、こういう気持ちにさせてくれる人と出会う機会は少なくなるからさ、非常に気持ちの良い時間を過ごせて嬉しかったわ。

ちなみに、その彼もROCK好きでね、話が通じるどころか、俺よりも色々知ってる部分もあったりしてね、そういう意味でも勉強になったし(笑)、面白かった。
ついつい、楽しかったんでピッチ上げて飲んじゃってさ。
帰宅後、すぐに寝ちゃってお構いできませんでした。すいません(笑)

ただ、先方が気を使って合わせてくれただけの可能性だってあるので、また次回、そういう機会があったら、最低限の節度を持って接するのは大事だとは、思いますが。

« 生きるについて考えさせられる 「17歳のカルテ」 | トップページ | ぼんやりちゃん注意報 »

我想う故に我在り」カテゴリの記事

コメント

初対面の人とのいわゆるこういう駆け引きってのは気分よくいくとメッチャうれしいですよねぇ。その反対で相手との疎通がまったく取れないと、えっらい疲れますよね。「・・・これ見よがしの「ちょっと勘違いしてる、引いちゃう熱さ」の奴は・・」あたりのくだりは、あぁそうそう、とうなずいちまいました。

けいにゃさん、こんばんわ。コメント有難うございます。10代・20代に比べると、仕事の絡まない出会いが、減って来ている今日この頃です。それだけに、こちらもあちらも、無理をしないで楽しい時間を過ごせるってのは貴重であり、嬉しいもんですよね。正しい自信(?)の持ち方をされてる方は、どこかで「自分の考え以外の可能性がある」って事を認識してるのが、言葉・態度の端々に見受けられますよね。そうじゃない人の「押し付け」は、卑屈・建前etc...の人と同じくらい(もしかしたら、それ以上)不快に感じちゃいます(笑)「こっちは、君に興味無い」のに、お構いなく勝手に、初見なのに自分の理想とか語り出したりする人とか・・・(苦笑)たま~に、居ますもんね^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275394

この記事へのトラックバック一覧です: 他人を気疲れさせない人達との時間ってさ、清々しくて良いよね。:

« 生きるについて考えさせられる 「17歳のカルテ」 | トップページ | ぼんやりちゃん注意報 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30