« 失われてしまった関係性が、永遠のものになってから気づくんじゃあ・・・遅いよ | トップページ | 何故にそのぐらいでイラつくのか!? を自問形式で。 »

2006/08/01

やっぱり、周五郎さんは良いねぇ。

山本 周五郎の「赤ひげ診療譚」を読んで、非常に良い読後感を持ったんでね、
その後、「おさん」「人情武士道」「人情裏長屋」と短編集(周五郎は短(中)編が多い)を読んでみたんだけどさ。
う~ん、やっぱり良いね。

なんというか、すっきりする。というか腑に落ちる。と言うか・・・。
とどのつまりは、人情物が多いんだけど(勿論、それだけでは無いけど)ね。
でも、単純にそれだけじゃない。ような感じ。

結局は、「人と人のつながり」について書かれてるのが多いから。なんだろうけどね。
だからと言って、これみよがしの良い話って感じでも無い。
程よいさりげなさ。なんだろうな~、きっと。
「人の業」の悲しさに触れたものや「滑稽話」や「ちょっと不思議な話」だとかね。
たま~に「ゾッとするもの」とかもあるけどね。

ま、兎に角、じんわりと暖かい読後感なんだよね。不思議と切ない奴もね。
ちょっと元気が無い時や、逆に、元気がありすぎて足元が見えてない時なんかに読むのが特に良いのかもしれませんわ。
短編だから、ちょっと時間がある時に一話ずつ。って感じで読みやすいし。

所謂、時代(歴史)物とは違うんで、背景が江戸時代とかでもね、特に気にならないで読めると思うな。

« 失われてしまった関係性が、永遠のものになってから気づくんじゃあ・・・遅いよ | トップページ | 何故にそのぐらいでイラつくのか!? を自問形式で。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275398

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、周五郎さんは良いねぇ。:

« 失われてしまった関係性が、永遠のものになってから気づくんじゃあ・・・遅いよ | トップページ | 何故にそのぐらいでイラつくのか!? を自問形式で。 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30