« Mr.&Mrs. スミス | トップページ | 2歳の誕生日~~ »

2006/10/20

いじめによる自殺(と思われる)問題に向き合う教育委員会、それで良いんかい!!

Fi2621820_1e 空いた口が塞がらないとは、この事だな。マジで。
人間が、しかも、まだこどもが自殺してるんだよ。
生きてくのが辛くなってどうしようもなくて(恐らくだけどね)、苛められてたって内容の遺書まで書いて、死んじゃったんだよ。

それを、大の大人が、いじめがあったのを認める認めないで、二転三転。
いじめを認めたと思ったら、今度はそれが自殺に繋がった証拠が無い、だと来たもんだ。おい。
挙句に、遺書のコピーを失くした(証拠隠滅を図ってたんじゃねぇの!?と思われても仕方が無い)だの、記者会見開いても形だけの謝罪(感情が籠ってる様には見えない)だのさ。

そういう教育委員会の対応事態が、無くなったお子さんの保護者の方に対しての、いじめだ。
今更、どう取り繕ったって責任逃れなんか出来ないんだから、せめて教育に携わる者として、学校・教育委員会は真摯に受け止めるべきでしょ。

自分のこどもが自殺しても、同じ対応するのかよ!?
こういう大事な問題をないがしろにしてる奴等に、税金で給料なんか払う必要は無い。
全く、無い。
一番痛みを抱えてる人の気持ちを考えられない奴らが、教育者だなんて。

俺はね、自殺自体が全部そいつらの所為だとは、思わないよ。
色んな要因が、確かにありうる。
でもね、人間の命に敬意を払わない結果、問題が起きた時に真摯に取り組めない。っていう事については100%そいつらの責任だよ。

« Mr.&Mrs. スミス | トップページ | 2歳の誕生日~~ »

モノ申す!!」カテゴリの記事

コメント

特に勤務評定しか気にしない連中が本当に多いこと。コロコロコメントを変えている連中がその典型ですね。ま、正直言って、学生時代に教師になった連中は、少なくても自分の周りの場合は、こずるくて要領が良かったりいじめとかがあっても巻き込まれずに上手く立ち回っていたり、多勢に味方していたヤツですね。某が生徒や学生だった20数年前でさえそうで、それをほったらかしにしたツケがたまたま今、問題になっている、それが率直な気持ちです。こういうところでレジスタンスする根性がある人…きっと同世代では出ないだろうね。

HARUHIKOさん、更にコメント有難うございます。おそらく現場にいる教師の方と、それを「処理」する教育委員会では、問題が起こった時に(それが何故起きたかに言及すると、今回の記事の核からそれてしまうので、とりあえずさて置き)、それに向かう熱量が違うんだろうなぁ。などとも感じます。要は、直に生徒に接していない事で、相手の「顔」が見えていない。それと、それを想像できない、想像力と仕事への誇りからくる責任感の完全な欠落。なんかが、あるのではないかと・・・。同様の理由で、担任の先生より、校長や教頭という立場の人が、ここに書いた教育委員会の人に近い立ち位置に、立ち易い現状なのかなとも思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275424

この記事へのトラックバック一覧です: いじめによる自殺(と思われる)問題に向き合う教育委員会、それで良いんかい!!:

« Mr.&Mrs. スミス | トップページ | 2歳の誕生日~~ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30