« 牛ミンチ偽装問題について | トップページ | 浅井 健一 「Rod Snake Shock Service」 カッコ良いRock'n'Rollやね »

2007/06/27

山本 周五郎 「虚空遍歴」 何かを作り出す時の苦悩が、壮絶な姿で描かれてる

山本 周五郎の本は、何冊か読んでるんだけど(その記事)ね、長編を初めて読んでみた。
赤ひげ診療譚は、一応長編かもしれんけど、どっちかっていうと短編の集合体って感じがするんで。

でもって、感じたのは、この作品は迫力がある。凄く。
主人公の苦悩が、迫ってくるようなね。
でも、やっぱり周五郎の凄さなのか何なのか、苦悩がリアリティを伴って迫ってくるんだけど、読んでいてその重さが嫌になるような、読み続けるのが嫌になるような、そのての息苦しさは無かった。
でも、なんだか、凄い伝わってきた。

主人公は、新しい浄瑠璃を作ろうとしている芸人なんだけどね。

俺自身がかつて音楽の道を志してたのも手伝ってるのかもしれないけどさ、非常~にその苦悩が感じられたし、芸事に対してストイックな主人公の姿勢に、引き込まれたな~。

もしも、これを読んで、「こんなストイックな感じ方の奴ぁ、いねぇよ」って本気で思う人がいたら・・・・。
「あ~、病んでるんだね。“なんとなく病”に人生が侵されてるのね。」なんて思っちゃうかも知れん位に、心にじんわりと刺さって来た。

周五郎の短編は、ハッピーエンドじゃ無い作品でも、読後に何とも言えない清涼感を感じるのが多いんだけど、この「虚空遍歴」はそれが薄い気がする。
そして、だからこそ、心に残るような気もする。

« 牛ミンチ偽装問題について | トップページ | 浅井 健一 「Rod Snake Shock Service」 カッコ良いRock'n'Rollやね »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29275479

この記事へのトラックバック一覧です: 山本 周五郎 「虚空遍歴」 何かを作り出す時の苦悩が、壮絶な姿で描かれてる:

« 牛ミンチ偽装問題について | トップページ | 浅井 健一 「Rod Snake Shock Service」 カッコ良いRock'n'Rollやね »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30