« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/17

最近のUKシーンは、活きの良い新人さんが大活躍のようで② ~the twang~の巻

さてさて昨日の、最近のUKシーンは、活きの良い新人さんが大活躍のようで① ~The Enemy~の巻に引き続いてのご紹介。

Fi2621882_1e その名もthe twangの「LOVE IT WHEN I FEEL LIKE THIS」。
もう、これは、ホントの本当に凄い!!
昨日紹介したThe Enemyも本当にカッコ良いんだけど、このthe twangの方が、もう一つ突き抜けてる感があるな~。

まず、特徴的なのは、Gr。
U2のエッジが好きなのかな??っていう位に、ディレイをかましまくりの浮遊感溢れる音色。
勿論、クリーントーンだけじゃ無くて、歪み系の音も、かなり良い感じです。

そして、そこに乗っかるのは、ちょっと攻撃的なVo.しかもツインなの。
Grの音色と、ボーカルの声質のバランスが絶妙!!
攻撃性に深みがあるような、不思議な感じでね。
しかも、ツインボーカル特有のさ、無理矢理2人にパート分けしてる違和感は全く無いのが良い!!
というよりも、ツインって聞かないと、そうとは解らないかも。ただのコーラスワークに聴こえてね。

やんちゃな兄ちゃん5人組らしいんだけど、音の完成度はかなりのもんだと思う。
リズム隊もしっかりしてるし、曲のアレンジも大人びてる。

いや~、こういうエッジかぶれ(本人がそういう意識なのかは知らんけど^^)のGrってね、ちゃんとモノに出来てる奴って、居そうで居ないんだけどね。
っていうか、こういうスタイルのギタリストって、最近少なくなって来たからね。
コード掻き鳴らし系が、やたら増えて来たような気がするもんね。国内外問わず。

もう、とにかく、かなりのお薦めぢゃ!!

2007/08/16

最近のUKシーンは、活きの良い新人さんが大活躍のようで① ~The Enemy~の巻

この前、TSUTAYAのCD販売ん所で、洋楽の棚をうろつきつつポップを眺めてたら、なかなか良さそうなブリティッシュROCKの新人バンドが2組あってね。
2枚とも試聴してみたんだけど、これまた、グッと鷲掴みにされてまいましたわ。

BLOCK PARTYが出てきた時は、あまりにも自分の好みにJUSTだったんで、ホントにびっくりしてね、もう暫くはこういう喜ばしい衝撃はないだろうな~なんて思ってたらさ、EL PRESIDENTEやらJames Bluntやらね、もうお前等カッコ良すぎ!って感じでね(James Bluntは若干違うか^^どっちかっていうと、沁みる唄だもんね)、最近は小康状態かなって思った途端に・・・

今日は、取りあえず1組目を紹介。
Fi2621881_1e The Enemyの「We'll live and die in these towns
こいつらのデビューのために、かつてダムドやコステロを輩出した老舗の、パンクレーベルSTIFF RRECORDSが蘇ったという事らしいんだけどさ。
ともあれ、歌メロも良くて、疾走感と荒々しさがあって、イカした3ピースバンドだよ。
ただパンキッシュなだけっていう音楽的面白みに欠ける数多のバンドとは、ちょっと違う
良い意味での現代パンクかな。いや、Rock'n'Rollど真ん中って言っても良いんじゃ無いだろか。
90年代に流行った、パンクの形式的な垂れ流しの、糞みたいなメロコアとは、全然違うよ~。

これ聞いてると、ROCKをやり始めた頃の自分を、なんとなく思い出す(笑)
なんだろね、青春な感じのバンド??^^
何て言うか、尖がってる少年性みたいなとこだろうか。
だからと言って、このバンドは、爽やか馬鹿では無いんで、大丈夫です。あしからず。

捨て曲無し!!

2007/08/07

改めて思う、車の運転は注意しよう。

Fi2621880_1e 今、TVで江原さんの番組をちらっと見てたんだけどさ、改めて思います。
車の運転には、注意しよう。(いや、車だけじゃないけどね。)

散歩中の園児達に突っ込んだ車の所為で、愛するこどもを失った親達に、江原さんがこども達からのメッセージを伝えるって内容だったんだけどね。

被害者の家族は、事故の所為で、希望の全てをもぎ取られて、本当に可哀想だった。

加害者も、ほんの一瞬の気の緩みで、自分の人生全てを台無しにしてる。
それは、自業自得だ。確かにね。
でも、こういうケースは、誰だって加害者になっちゃう可能性がある。
車っていう、走る凶器に乗ってる人達は、大勢いるからね。
だからこそ、本当に気をつけねば。

加害者になりたくないのは、当然。
それにもまして、今日TVで観た被害者の家族のように、あんなつらい思いをしている人を増やすのは、本当に罪だと思った次第ですよ。

写真は、愛犬、和太朗。記事とは、全く関係無し!

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30