« 有名大学学生や歯科医の大麻・・・ | トップページ | 素晴らしい歌詞とメロディーの調和 ~斉藤 和義~の巻 »

2008/11/16

DVD「自虐の詩」 不覚にも泣いてしまった(笑)

この映画の存在自体は、公開時から知ってたんだけど、つい先日、TSUTAYAをうろついてた際に、堤 幸彦が監督だと知って借りました。
ドラマ「TRICK」で、この人に、はまったんだよね。

原作の漫画は見た事無いんだけど、後半に来てメッセージ性がググッと強くなって、見事にやられちゃいました。
笑いと涙のバランスが良くて、観た後にスッキリした。
・・・泣いたからかも(笑)

思ってたよりも、数段面白くて、引き込まれたな~。
過去の回想シーンと現在(映画中)の某登場人物のギャップが、かなりツボに入ったしね。
なんていうか、堤さんの(良い意味での)サービス精神?
それとも、まず、自分が楽しもうという姿勢?
そんなとこが、この作品にも出てると思います。
そういう部分は、三谷 幸喜と共通項のような気がする。
観て良かった。

« 有名大学学生や歯科医の大麻・・・ | トップページ | 素晴らしい歌詞とメロディーの調和 ~斉藤 和義~の巻 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29274529

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「自虐の詩」 不覚にも泣いてしまった(笑):

« 有名大学学生や歯科医の大麻・・・ | トップページ | 素晴らしい歌詞とメロディーの調和 ~斉藤 和義~の巻 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30