« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/30

来年も、生きます。

今年、そして、これまで出会ったり、
気付かせてくれたり、
暖かく見守ってくれたり、
話を聞いてくれたり、
してくれたり遊んでくれたり(笑)、
お招きしてくれたり、
一緒に楽しい酒を飲んでくれたり、
反面教師になってくれたり、
俺の知らんところで、たまに思い出してくれたり、

・・・誰? 
今、「ラジバンダリ」って付け足した人(笑)!?

叱ってくれたり、
受け入れてくれたり、くれなかったり、
お互いの中の何かを、ほんのちょっとでも、触れあえたり、

そんな皆様、どうも有難うございます。

来年の新しい出会いにも期待しつつ、これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

そして、何よりも、俺よ、来年も自分を裏切るような事の無いように。
戒めつつも、勝手に枠など作らずに。
そして、健康に。
普段、酒が入らない限りは、面と向かって、なかなか言えんもんでね。
Fi2621923_1e

2008/12/28

今年最後の忘年会が終了~。 ~今年の総括~

昨日は、今年最後の忘年会だった。
仕事のお客さんの忘年会だったんだけど、凄く楽しかった。

PM6:00から1次会。 
8:00から2次会。
んで、朝4:30までカラオケで盛り上がったり語ったり。

なんと言うか、良い意味で、俺の中に変化を生じさせてくれたお客さん。なんだよね。
経営者の方の度量が大きくてね、で、スタッフも気持ちの良い人達なんで、俺ら業者がサポートしたくなっちゃうんだよな~。
だから、飲み会なんかのイベントも、本当にざっくばらんに皆で和気あいあいと楽しむし、仕事の時はちゃんと仕事するしさ。
つまり、ありきたりだけど、信頼関係が成り立ってるのかな!?

尊敬出来るお得意先さんがあるってのは、営業マンとして嬉しい事だなぁ。
俺ら業者を含め、このお客さんと一つのチームになってるって感じなんだよね。
だから、仕事の枠・業種を超えて、色んな年の(勿論、同世代もね)人から、色んな話が聞けるし、勉強になるし、馬鹿騒ぎしてアホになって楽しむし。

このお客さんに限らず、今年は特に、そういう中に入れて貰える機会が増えた一年だった。
それは、例えば、社内の他部署だったり、今まで親交のあまり無かった人だったり。
他のお客さんだったり。
本当に、人に恵まれた一年だった。

求めよ、さらば与えられん。って事??
引き寄せの法則じゃ無いけど、求める事によって、自分の行動が変われば、それに対する結果も変わるって事だろうかね。やっぱ。

ただし、それは、上手くというか正確に相手に伝えなきゃ、思った結果が得られないかもしれんし、伝えれたとしても決して自分の思うようにならん事も沢山あるでしょ。
あくまでも意識するのは、求める事から自分の行動なんかを、それにそぐうものにするって事だけであってね。

今年の俺は、特に“人”との関係性に対して、求めたものが与えられたように思う。
本当に、感謝だよね。いろんな人にさ。

とにかく、そんなこんなで、ある意味で原点回帰の一年だった今年は、本当に楽しかった。
愚痴りたい事や嫌な事も、勿論、それなりにあるし、たまに愚痴聞いて貰ってる事もあるけどね、でも、それもこれも全部含めて楽しい。
楽しんでるからこそ、楽しみたいからこそ、俺の場合は愚痴も言える。
でも、なるべく言わないようにはしてるけどね(笑)

来年は、もっと謙虚に、かつ、もっと(正当な)自信を持って過ごせる年にしたい。
あっ、ちなみにダイエットも順調で、現時点で16kg減!あと4kg落とす。
さすがに、別人になったって言われる(笑)っていうか、これが本来よ。
私服もスーツも全部変えたし、今日は雪かきした後、メガネも買ったし(衝動買い^^年明けに出来る予定なんで、そん時アップしよう)、今月は凄く金を使っちゃった(笑)

2008/12/26

ROCK’A’TRENCHの1st mini album 「ロッカトレンチ」 気持ち良いグルーヴ

1年以上前から注目してたバンド、ROCK'A'TRENCH(ロッカトレンチ)。

旭川のCD屋では、なかなか見つけられなかったんで、この度、Amazonで購入。
北海道第2の都市でも、この位の知名度のバンドのCDが置いてないってのは、結構不便なんだよな~。
住み心地は最高なんだけどね、旭川。(俺は、札幌育ち。)
ちょっとマニアックなもの(って程でも無いけど)が欲しい時は、札幌とは雲泥の差なんだよね。
やっぱ、インターネットは、便利だね(笑)

さて、で、ROCK'A'TRENCHの1st mini album。
Fi2621921_1e 「ロッカトレンチ」。
かなり、良いっす。 
凄げぇ、お薦め!
まず、メロディが解りやすい。
音は、スカやレゲェのリズム・アレンジを取り入れつつも、そこに偏り過ぎて無い感じのライトめなバンドサウンド。
なので、ノリが良い。

なんて言うか、縦ノリの曲でさえも、体をスウィングしたくなるような横ノリのグルーヴを感じたりする。
これは、きっと、ライブで演ってても、聞いてても気持ち良いぜ。絶対。
1stアルバム「ロッカトレンチ」は、7曲+ボブ・マーリーの「Trench Town Rock」のカバー(Live ver)の計8曲。
ただし、このアルバムの曲は、曲中に英語がかなり出て来るんで、そういうんが苦手な人はご注意を。
早く、2ndアルバム出ないかな~。

2008/12/23

「ザ・マジックアワー」面白かった

ほんとは、劇場で観ようと思ってた「ザ・マジックアワー」。
ぃやっとDVDで観た。
う~ん、面白かった。

佐藤 浩市主演のコメディってだけでね、そのギャップが、絶対面白いだろうな~。って思ってたんだけどさ。
やっぱ、面白かった。

有頂天ホテルで、佐藤 浩市のコメディでの面白さを、確信出来る感じがあったんでね。
いや~、でも、この人の表情は凄いね。ホント。
下手な役者っていう役柄の、下手な演技と迫真の演技と素と等々、全ての立ち回りや表情が、すっと入って来る。
いやぁ、凄い。凄過ぎるわ。
いや、俺は、演技なんか全然解らん素人だけどさ、でも凄い。と思った。

で、その凄さが面白さに繋がってるところが、たぶん一番凄い所なんじゃないか?なんて思うね。
お話の筋自体は、有頂天ホテルの方が面白いように思うけど、マジックアワーは、また一味深みがありつつ、ニヤッと笑ったり、クスクスさせられたりね。
とても、楽しめたわ。

2008/12/21

オーソドックスだけど胸を打たれる raison d'etre(レゾンデートル)

12/17に発売されたraison d'etre(レゾンデートルと読むらしい)の1stアルバム。
Fi2621919_1e 「夢幻無限ディスコード」。

何ヶ月か前に、朝4時位の天気予報の番組(色んなアーティストのPVをかけながら、各地の天気を流してる奴。
もしかしたら地方局の番組かも)を何気に観てたら「自滅回路」って曲が良くてね、印象に残ったんだよね。
ちなみに、この曲はタイトルだけ見たら、どんなパンクな歌よ?って感じだけど、全然そういうんじゃ無いよ。

4人編成で、バンドの音自体は、BUMP OF CHICKENみたいに、何と言うか普通な感じ。
あ、そういえば、流れるようなメロディーラインの付け方(そのものじゃなくて、付け方ね)なんかも近いかな。
ただ、BUMP同様、歌詞に非凡さがあるというか、何つーか、心の叫び(みたいなん)を「よりスムーズに伝える事を目的に」フィルターをかけてる感じっていうかね。
勿論、詩の世界感はBUMPのそれとは、全然違うよ。
どこか老成してる感じがする。
でも、変に落ち着き過ぎてるって訳でも無い。
そのバランスが聞いていて心地よくて、すっと歌詩が入って来るのかもね。

かなりお勧めなアルバムだわ。
気に入った曲の歌詞を、ほんのちょっとだけ紹介。

「坂の途中」 の一部分

全部許してほしいとはきっと言うつもりもないのでしょう
そこに何を賭してきたんだろう
何を犠牲にしたんだろう
考えれば考えるほど恐ろしくなる
だけど無駄になったものなど何一つ無かったと
言いたいなら進んでいけ


ま、これだけで読むと、なんか凄く熱く感じてしまう人もいるかもしれんけど、全然そんな感じは無いのよ(笑)
歌自体は、アルバム全般に亘って結構淡々と歌われててね、メロディーと一緒に、静かに歌詞が入って来る感じだからさ。

2008/12/20

年末の徒然・・・

さてさて、年末真っ盛りの今日この頃。

昨日も忘年会に2つ顔を出して、その後、プライベートな飲み会に参加して、珍しくデロンデロンになって帰宅。
なのに、ま~たっく宿酔いが無かった。
こんなの初めてだよ。
やっぱ、ウコンパワーなのか?
それとも、ダイエット効果で脂肪肝が解消されたからなのか!?
あんまり残らない、焼酎をがぶ飲みしたからなのか!?

でも、ショットガン飲んだり、カクテル飲んだり、ちゃんぽんしてたしな~。
ま、何にせよ、楽しく泥酔出来た事だし、たまには良いっしょ。こんなんも。

ダイエットも順調に経過して、現在、14.5kg減!あと、5.5kg落とす!
最近、かなり「痩せたね」を頂けるようになりました。 
快感や。
って事で、今日はジーンズやら服やらを買ってきた。
サイズとかシルエットを、気にせんで買い物出来んのは、久しぶりで嬉しかった(笑)

ボーナスで買った9万の革ジャンとの組み合わせを考えて、楽しく散財して来たよ。と。
さあ、今年も、残り11日。
楽しく充実した年末を、もっと楽しみます。

2008/12/12

適当に間違ってる事を答える奴の気が知れんのだよねぇ。

仕事での話なんだけど、他の部署が管轄している仕事内容について、とある簡単な(ちょっと確認するとすぐ解る)質問や確認をした時に、雰囲気だけで答えて、ことごとくそれが間違ってるとか、俺よりも勤続年数長いくせに、誰でも知ってるような事を知らないばかりか、平気で恥ずかし気もなく「いや、それ、知らなかったんで(間違えました)」とかさ、のたまう奴がいるんだけどさ。

やっぱり、「恥」を持ってない奴って駄目ね。
何をやっても(もしくはやらなくても)、恥ずかしく無いんだもん。
給料泥棒だろうがなんだろうが、そもそも恥ずかしく無いってのは、どうしようも無い。
かと云って、今の世の中、簡単に首切れんしね。

権利は確かに大事だし、守らなければならないものだけどさ。
そもそも、賃金を貰って働いてる場合はね、その権利を主張出来る資格があるんか。
って話だよね。
それに見合っただけの、働きしてんの?お前?ってね。

そ~んなの関係無く、労働者の権利が云々と五月蠅い時代になってきるけど、それこそ、不平等。
平等であるためには、能力・努力・姿勢・その他etc...に見合った対処(給料とか以外にね)がされる社会であって欲しいんだけどさ。
でも、そうなったら、なったで、雇用している側の一方的な難癖で、首切られたりってのも出てくるんだろうしね。
難しいよね~。ホント。

あとね、障害も持ってる人がさ、障害を持ってない人と全く同様に、企業にとって何のデメリットも無い結果が出せる職種なんかは、優先的に障害を持ってる人を雇用するとかさ。
(勿論、その障害の重度やなんかによって変わるんだろうけどね。)ある種の雇用促進。
ただでさえ、門が狭い世の中だし。
で、障害持ってない奴は、そもそも、門は広い訳だからさ、もっと真剣に、働けるように努力しなさいな。
そうしたら、少しは恥が知れるかもしれんから。
ってな事に、思いを馳せる時もある。

2008/12/09

ボーナスが待ち遠しい~

あぁ、来週はボーナス。
と云っても、我が社は(も?)、基本給が低く手当で手取りを稼ぐので(どこも同じ??)、雀の涙だけどね。
でも、このご時世、貰えるだけ有難い!

今年も査定でのプラス評価が通ったらしく、ほんのちょっとだけど(ほんとに)、規定額より多く頂けるようです。
評価してくれた上司に感謝っす。
金額よりも、評価してもらった事の方が嬉しいね。

さて、その使い道。
もう、ほとんど、決まっちゃってる(笑)
なんせ、自分へのご褒美を買い過ぎたので^^ 
指輪とかね。

あとは、今年は人付き合いが凄く増えたんで、忘年会・飲み会ラッシュだわん。
とはいえ、やはり大きい買い物はしたい。って事で。

去年もボーナスで、シングル襟のライダース(革ジャン)を買ったんだけど、今年も、一着。
9万円強のを予約しましたがな。
去年買ったやつの倍!
あ~、高い。でも嬉しい^^

なんで、9万もするのを、買うんか?
それはね、引き返せなくする為なのね。
何から、引き返せなくするか??
実は・・・今・・・ダイエットしてます・・・。ははは・・・。

11月6日からスタートして、現時点で、12kg減!!!!
そして、あと、8kg落とす!!! 予定。たぶん。
それが完了したら、完璧に、一番痩せてた頃に戻るって訳ですな。

という事で、“全てにおいて本来の自分を取り戻す計画”(←何じゃそら!?)の最終プロジェクト「ダイエット」で、今現在、順調に痩せてってる自分を、また太らせないために、シルエットのシュッとした、肉の減った今の体に合う革ジャンを買ったのれす。

苦しい言い訳ですか?? 
苦しいね・・・やっぱ(笑)
まぁ、そんなこんなで、年末に向けて楽しみが目白押しっす。
さて、今日もこれから腹筋やら何やらします。
では、また。

2008/12/06

玉虫色の石 シルバーリングを購入ー。

さて、会社員になって11年が経って、やっと、自分自身にアクセサリーの着用を許可したワタクシ。(の記事①、その、その

そうだ!玉虫色に光るような石のシルバーリングは、無いんだろか?
あったら、それは、絶対、欲しい!などと思って、かな~り苦労しながらも検索した結果、やっと見つかったのが、これ!Fi2621915_1e

3万5千円也~。

女性向きのデザインが多い中で、男が着用出来そうな、このデザインはかなり貴重。
ホントに探しまくった(汗)

どうやら、一点物っぽいんだけど、それも、また良し。
玉虫色。 ってなんか良いね。
玉虫色。 響きもまた、良し。

ラブラドライトって石らしい。かな~り大雑把に言うと、本来の自分を取り戻したい時なんかに良かったりするらしいよ。
そんなん、全然知らんかったんだけどさ、選ぶべくして選んだ指輪だったのね。
って感じやね。取り戻しまくってるから、今(笑)

ごつさは、あまり感じ無いんで、薬指用として使ってる。
あ~、あとは、陰陽模様のシルバーリングが欲しいんだけど、イマイチ良いのが見つからんくてね、安っぽ過ぎるのとかしか見つけれて無いんだよなぁ。
それは、いつか、オーダーメイドで注文しようなどと、計画中。
それを手に入れれたら、指輪は、満足かな。
3か月で、指輪5個に、15万位使っちゃった(汗)

2008/12/03

町田 康 「告白」 凄ぇよ。集大成みたいな感じだね。

Fi2621914_1e 町田 康については、以前にも記事にした(その記事)んだけど、この「告白」は、とてつもない。

人はなぜ人を殺すのか。
実際に起きた大量殺人事件、「河内十人斬り」をモチーフに書かれた小説。

とにかく、長い。この小説は。
なぜなら、主人公が一瞬で考えたり・感じたりする事(つまり、我々の日常生活での、思弁)を、文字にしてるから。
この人の文体は、中々、スムーズには読めない上に、この小説自体が本当に長いんで、読書が好きな人だけにお薦めだね(笑)
ただし、その分、凄いよ。

人はなぜ人を殺すのか。
誰しも心虚ろに、思った事はあるでしょ。たぶん。
ここには、強烈な孤独が描かれてる。
ただ、一口に「孤独」って言っても、そんなん色々あるからさ。
俺は他人事とは、思えなかった。

ただし、この本を読んで共感できる人が多いとは、思えません。あしからず。
「孤独」を説明する為の842ページ(文庫)。
もう、読み返す事は無いと思うけど、頭にこびり付く一冊になっちまったな。

2008/12/01

自分の“顔(名誉という意味での)”・“名前(同左)”に偏執し過ぎる奴は嫌だ

タイトル通りなんだけどさ。
自分の“顔(名誉という意味での)”・“名前(これも同様、名誉という意味での)”に偏執し過ぎるのは嫌だ。
こういうのに、偏執する人に限って、自分のそれを大事にし過ぎるあまりに、他人様のそれを、おろそかに考え過ぎてたり、否、考える事すら放棄してたりね。
何て言うのか、ある程度、人を測って判断した上で、他人を軽んじたりするんじゃくてさ、単純に自分の“顔”“名前”の都合で、その都度、コロコロ変わるみたいなね。

「自分の行動(生き方)に対する自信」だったり、肩書きを取っ払った時の「他人からどう思われてるか」みたいな事に、すんごく関心があるくせに、そこに対する自信が全く無いんだろうなぁ。きっと。
でも、ステータスは得たい。んでしょ!?

だから、“顔”が潰される事に、異常に反応する。
そもそもが、潰される程の“顔”が、全く出来て無ぇのに。
“名前”が軽んじられる事に、異常に反応する。
そもそもが、誰もあんたの“名前”なんか、全く知らんのに。
むしろ、自分のそれを大事にし過ぎる(というか、行動規範の基準がそれしかない)行動そのもので、自分の価値を著しく落としてるのにね(笑)

本当にそれが欲しいんなら、正しい地道な方法で手に入れないと、一生満足出来ないんだぜ!?
つまり、あんたの人格そのものが問われるてるのよ。
って気づけない人が、結構いるよね。ダセェ。
勿論、そうじゃない人も、結構いるよね。ヒャッホー♪

自分の翼を自分でダメにしちゃったからって、他人の翼を引き千切ろうとするのは、暴力だから。
抗体を持っていない人は、オリジナルレシピで、自分なりの抗体を作りませふ。
いや、頼られてもどうしようも無いからね。こういうのってさ(笑)

そ~んな事をチンタラやってる方々の上を、今日も俺は鼻唄まじりに軽やかに跨ぎ越すのです。
そして、自分の歩いて行く道の為に、汗を流します。
その結果の一つが、自分が大事だと思える環境・人達に恩返し出来るものであったなら、最高だろうね。と。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30