« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/28

「あの頃ペニーレインと」 バンド、ROCKに対する愛情が凄い!

Fi2621940_1e 昨日、「あの頃ペニーレインと」を観た。

「エリザベスタウン」(の記事)が、思いの外、良かったんで、同キャメロン・クロウ監督の作品を・・・と思ってね。

もともと、この映画は監督の自伝的な作品かつ、70年代のROCK隆盛期が背景なんで、いつか観ようと思ってたんだけどね。
やっぱり、この人は、ROCK(音楽)に対して、並々ならない愛情を持ってるんだろうね。
もう、バンドやってた人間には、たまりません。

映画の主題は、純粋さとか初恋の切なさとか、そっちの方なんだ(と思う)けどね。
でも、バンド内の才能に対する嫉妬とか、「本物を求める奴」・「ロックスターを気取りたいだけの奴」・「市場主義に傾き過ぎてたりする奴」etc...
ほんとに、バンドやってた奴にとっては、あるあるネタのオンパレードです。

バンドは一つの運命共同体なんだけど、その一つの大きな命の中に、メンバーやスタッフそれぞれの人生が渦巻いてる。
だから、その結び付きの強さは、脆かったり、強かったり、不思議なバランスの上に成り立ってる。
それを見事に描けてる映画だった。
バンドものは、何本も観てるけど、そういう部分の何とも言えないところを、ここまで綺麗事に納めずに、愛情と懐かしさをもって表現できてる作品は、他にあまり知らない。
DVDを見終わって、と言うか、観てる最中から、「やっぱ、俺はどうしようもなくROCKバンドが好きなんだな」って痛感しちゃった
。もう、紛れもなく過去の体験になってるし、今からまた、(本気で)バンドやりたいなんて思わないんだけどさ。
(ただやってるだけでも、ここまでの雰囲気は味わえないのです。一緒に上を目指して、お互いや自分自身の才能を、本気で試すという意味でなければ。趣味だけでも勿論、楽しいんだけど、それだけじゃ~味わえないものも、やっぱある。)

でも、紛れもなく、今の自分を支え続けてる大事な幹は、その頃吸収した養分で育ってる部分が多大にあって、それは、懐かしみとかセンチメンタリズムとは別のレベルで、もう俺自身になってるのね。
今更なんだけど、それを、凄く意識させられちゃった。
バンドだけが特別だって、言いたいんじゃないんだよ。
誤解しないように!俺にとっては、たまたま、それだったって事ね。

2009/01/25

今日の我が一日の様子。

いや~、今日の北海道はシバレてた(←やたら寒いって事ね)。
なので、今日は割と大人しめに過ごしました。

まず、朝飯に昨日の残りのカレーライスを食べた。
朝飯を食べるのは、かなり珍しい。
平日は朝食を摂らないし、休日は大抵、朝昼兼用の時が多いんでね。

その後、昼までまったりと・・・。
で、昼にいつものパン屋さん、東川町のDEMETER(の記事)で、クロワッサンとプレーンベーグルと、初挑戦のチョコパイを各1個ずつ購入。

ちなみに、とりあえずダイエットも完了し、体重を変えずに体脂肪を減らす、微調整の段階に入ってるんで、週に1・2度少量の甘いものを口にするようにしてますよと。
で、昼飯は、そのチョコパイ(小さめ)1つ。
更に、3時に、コンビニのこれまた凄く小さい、一口大福を口に。

それでも、どこかでカロリー調整をしようとしちゃうんと食事の量がまだ少ないっていう、ダイエットのライフスタイルが身についてるんでね、気を抜くと体重が落ちちゃうのねぇ。
筋肉が付いてきて、明らかに代謝が良くなったっぽい。

残りのパンをエコバッグから取り出して、今度は図書館へ。
上橋 菜穂子 著の守人・旅人シリーズの4冊を借りて帰宅。
掃除をしつつ、空気の入れ替えをした後は、「4分間のピアニスト」ってDVDを観賞。
主役の女の子の目が、凄く強くて良かった。
あと、最後のピアノのシーンは、かなり圧巻やった。
が、昨日観た「素粒子」っていうDVDと同様、記事としてアップする程までは、揺さぶられなかったかな。
良い映画だとは思うんだけど、「海の上のピアニスト」とかを観た後だとね・・・。
ピアノの演奏シーンは、同じ位良かったんだけど。

そんで、晩飯。
昼に買ったプレーンベーグルとクロワッサン、ロースハムと玉ねぎの目玉焼き、コーンポタージュを。
ごちそう様でした。
そうこうしてたら、(旧富良野塾)富良野GROUPのロングラン公演2009冬(約1ヶ月)「屋根」のチケットが家に到着!
という訳で、2/8は初めての観劇(これは、観たら記事にするな)。
(リンクさせて頂いているsk_miyukiさんに刺激を受けて)演劇を観てみたいな~と思ってネットで検索したところ、丁度、富良野GROUPの公演最中だった訳で。
場所も富良野な訳で、旭川からドライブがてらフラッと行ける距離な訳で、父さん、僕は非常に楽しみにしています。(北の国から 純風にどうぞ)
もっとアングラなのも観てみたいんだけど、初観劇には富良野GROUPはうってつけな気がしてまする。
入場料も3,000円と、かなり低価格。

チケットも届いた事だし、いつもの腹筋・足上げ腹筋・背筋・腕立てをした後に、以前冬場によく行っていた隣町の第3セクター施設に行って、で~っかい浴槽で足を延ばして風呂に入って、サウナで汗を掻いて、すっきりして帰宅。
因みに、行き帰りの車中では「ELLEGARDEN」の「風の日」って曲を・・・熱唱(笑)
この前、カラオケに行った時に、ELLEGARDENのリクエストを受けた故、只今、習得中なのです。

はは。さあ、明日からも、また楽しみだぁ。
とりあえず、土曜は、野郎二人で語り飲み。
日曜は「チェ 39歳 別れの手紙」を映画館に観にいって、予約特典の三国志キューピーが残ってたら、レッド・クリフpart2の前売り券を買う予定。

2009/01/24

昨日は、会社の同僚と飲み語り。

昨日は、会社の他部署の同僚と飲んだ。
会社の中で、俺と音楽の趣味が合うっていう、珍しい存在の奴なんだけどね(笑)
彼の部署は、彼より役職が上の人間が二人いるんで、本来はその二人が中心にならなきゃダメなんだけどね。
この二人は、もう、どうしようも無いんでね、「出来る(気づける)奴が、出来る事をやろうぜ」って事を、ちょっと呼びかけてみよっかな~と。
これからは、お前なんだよ。ってね。
そんな感じで、誘ってみた訳です。

もともと彼は、あんまり前に出るタイプじゃ無いのと、多少ムラがある所もあったんで、残念ながら、表層しか見ない人間が上司の場合には、社内での必要度より評価が低くなってたのね。
でも、ちゃんと「何か」を呼びかければ、「自分の感じてる事」を、素直に自分の言葉で伝えれる奴だし、俺は、ずっと興味を持ってて、この部署の中では、彼との会話が一番多かったのね。
お互い30歳を超えて、「今、話せる事を話す」には、とても良い酒だった。
たぶん、お互いにとってね。

奴も、今、細胞が騒いでるらしい。
俺と一緒だ。
自分自身をより露わにする、大きな波が来る事を、ちゃんと意識してるみたいだった。
色々、迷ったりしてた事もあったんだろうし、自分が感じてる事を言葉にするチャンスを探していたんかも知れん。

昨日は、色々語れて本当に良かった。
今、お互いがどんな事を、思って生きてるのか。
そんな事を、少しは伝えれたし、聞けたし。
かなり酔っぱらったけどね(笑)

でも、ホントに宿酔いしなくなったわ~。
来週末は、同じ業界内の全然違う職種の面白い男(29歳)と、飲む予定。
とあるユーザーさんの所で、知りあった「そのユーザーさんを一緒に盛り立てるチーム」の一員同士。
サシで飲むのは、初めて。
いつもは、そのユーザーさんや、そこのスタッフさんや、他のチームメンバーもいるから。
仕事内容では直接絡まない関係性なんで(お互いの職種がね)、単純に一個人として誘った。
不器用なのに、とっても気を使う。
礼儀正しさの下に、負けず嫌いがしっかりいる。
来週も、面白い男と、楽しい酒を。

あ、でも、そろそろ、異性とデートしなきゃね(笑)
今年に入ってから、まだデートしてないもんな^^

「エリザベスタウン」俺は良かった。

Fi2621937_1e この映画は、評価が分かれてるみたいね。
恋愛映画としてだけ、観る映画では無いのかなって思う。
もっと、色んな事が語られてるのかね!?
「再生」なんだろうか。やっぱ。

その過程で、サラッと暖かさに包まれる。
センチメンタリズムですな。

オーランド・ブルームの普通の青年役は、かなり嵌まってたと思う。
それと、「スパイダーマン」のキルスティン・ダンストが、この映画では物凄く魅力的!凄いね~。
役や撮る人によって、こうも変わるのか!って思わされた。
惚れそうになっちゃいますな(笑)

映画のストーリーは、サラッと流れていって、後にじわーっと暖かさが残る。
スーザン・サランドンのスピーチシーンには、何故か泣いてしまった。
圧巻!「こういうセリフでも、人を泣かせられるんだな・・・」などと思いつつ、涙が止まらなかった。
けど、他の人がそこで泣けるかどうかは・・・微妙かな!?

DVD観た後に知ったんだけど、監督は「あの頃ペニーレインと」のキャメロン・クロウ。
音楽(選曲)が抜群に良いはずだよね~。
ウォン・カーワァイの「恋する惑星」以来、久しぶりにサントラを買っちゃった。
今、Amazonで。

2009/01/22

今月も、指輪を買った。止まらんな。

そもそも、ダイエットを始めるきっかけの中の1つ。
一番早かった兆しは、去年の秋に、指輪を買った事だったんだよね~。
今、思い返せばさ。
で、着けてるうちに、「やっぱ、着けるからにゃ、似合う体型に・・・」っていうね、想いを薄っすらと抱くようになったのが、きっかけのきっかけだったんだろうねぃ。
しか~し!その後、急に思い立って始めた、2ヶ月での18kg減量によって、指輪のサイズが、ことごとく変わるという事態が勃発。
幸い、着けれなくなった指輪は無いんだけど、一番細い中指&薬指用の指輪が存在しなくなって、補充しました。

う~ん、抑えてたこの10年の、装飾品に対する欲望が、爆発しまくってるな、最近。
とりあえず、中指&薬指用に、2つ買ったうちの1つが、今日届いた。
たぶん、また、来月も買うね。
Fi2621936_1e 中央から、完全な左右非対称が、かなり気に入ってる。
SAINTSってブランドのもの。2万円也~。

右半分に嵌まってるのは、白蝶貝と黒蝶貝。
実際に見ると、かなり綺麗。
左側は、見ての通り、透かされてる感じ。
中央にルビーのついたクロスに、蔦が絡んでるようなデザイン。

イメージの統一された左右非対称じゃ無くて、右と左が独立してる左右非対称の指輪ってのは、なかなか無かった。
どっちのデザインも、それだけじゃ何とも思わないんだけどね、併せるとインパクトが増して、かなり好みっす。

明日は、会社の同僚と飲みに(語らいに!?)出る予定なんで(男だよ)、早速着けよーっと。
後日届く、あと1個の方は、かなりシンプルなデザインのものにした。主張の強い指輪ばっか付けると、全体がボヤけちゃうかな~と思ってさ。

2009/01/18

中盤からググッと良くなって来た。「AFRO SAMURAI」

Fi2621935_1e 久々に、アニメーションで中々楽しめた。
「AFRO SAMURAI」(アフロ・サムライ)近未来・時代劇アクションアニメ。←なんじゃそら!?
いや、でも、そんな感じだよ。

中盤位までは、アクションシーンの軽快さだけが目についてたんだけど(って言っても、アクションシーンばっかだったんだけどね)、それ以降、お決まりの主人公や登場人物の過去のシーンが挟まって、物語がグッと締まって来る。解ってるんだけど、ヤラれちゃうんだよね~。

なんだか、小学生ん時に観た、アニメ映画「カムイの剣」を思い出した(笑)
侍とか忍者とか坊さんなんかを、ちょっと妖しげな雰囲気の演出で仕上げてる所がね。
それと、この映画は、音楽が抜群に良いよ。
曲が独立して良いって言うんじゃ無くて、映像・ストーリーと相まって、もの凄く良い。

今じゃ当たり前になってるけど、瞬間を切り取るようなアクションシーンを凄く効果的に使ってると思うし、独特の時代背景・登場人物も魅力的だし、そんなんを完璧に引き立たせる音楽がある。
いや~、映画音楽の凄さを久々に認識したわ。
そういえば、カムイの剣の音楽も、子供心に良かった気がする。この映画、なかなか良いよん。

2009/01/17

帽子を買ったわいな

え~、実は、太っていた時(と言っても、ほんの2ヶ月前までだけど)に敬遠してたもの、その2(その1は、外出時の眼鏡)、帽子。
をネットで物色して、やっと買いました。
休日のちょいとコンビニだけとか、ちょっとTSUTAYAに返却だけって時にね、寝ぐせ頭を直すんが面倒だ!って時に、楽でしょ。

太る前、帽子かぶるんが結構好きで(ラクだしね)、ライダースに黒系のハンチングを被ったり、ジャケットにハット(!。それは、もう無理^^)合わせて被ったりしてた。
そもそも高校が私服だったから、そん時から、結構帽子は被ってたのね。

って事で、本を書けるんじゃない?って位に、短期間激ヤセを達成後、外出用メガネも買った(の記事)し、後はそれに合わせる帽子も買わねば!という訳ですよ。
なぜか、俺の中では、メガネと帽子が割とセットなのです(笑)
で、今回買ったのは、たぶん、ライダースに合わせて被る場合が、多くなるでしょう。
Fi2621934_1e
まずは、ハンチング、その1。
ハンチングっていうと、ちょっと紳士的な響きを感じるけど(俺だけ?)、意外とROCKテイストというか、ライダースや革パンに合わせて変じゃない感じのが、多い。と思う。
とりあえず、その1は、ノーマルなおとなし目の感じのにしてみた。
ちょっと無難だけど、ライダース意外の、派手目の服にも合わせられるようにって事で。

Fi2621934_2e ←その2。これ、かなり、お気に入り。
はい、俺の好きな、和風ですな。だいぶ、和柄ものが増えて来た。
でも、外出時には、トータルで、指輪の他に和柄ものは1点まで。と、なんとなく決めてる。
クドくて、これ見よがしな和柄の塊になるのは、避けたいんでね(笑)

横から見ると、こんな感じれす。Fi2621934_3e
薄(すすき)の刺繍。このショップにあるものの中では、ちょっと控え目の商品でした。
いや、ほら、凄んげー派手な和柄ものってさ、だっせーヤンキー(死語?)が、よく着てるじゃん??
ゴテゴテとド派手な和柄を重ねまくってさ。
なので、和柄ものを選ぶ時は、ちょっと地味目な主張。って所にポイントを置いてる(つもり)。
このハンチングは、それでも結構主張してるんで、ライダースの下に着る服とか、パンツを、ちょっとだけ地味目のものにしようと思ってる。

Fi2621934_4e ←もう一つは、ニット帽。初めて買ったよ。ニット帽って。
これもシンプルで、気に入ってる。
このニット帽は、どっちかって言うと、メガネの方の存在感を出すのに良いかな~と思って、購入。
さっき、着けてみたけど、バッチリ想像通りの印象になって、嬉しかった、俺(笑)

横から見ると、こんな感じ。Fi2621934_5e
いや~、これで、“ちょっとだけ外出”が楽になるよ。
3つ合わせても、1万円使って無いです(苦笑)
でも、ライダースと合わせたら、それなりにまとまって見えるもんなのよ。
ほんと。たぶん。

2009/01/14

暖かくて激しくて、そして優しい。SIONの唄

前にも何度か記事にしてる、SION。
もう、この人の唄は大好きです。
ここ最近のSIONの作品を。

Fi2621933_1e ←まずは、2007年発売の20枚目のアルバム。
「20th milestoe」このアルバムからインディーズになったのかな!?
前回記事にした、「東京ノクターン」よりは、ちょっと激しめ。
ま、前回はアコースティックな感じが全開だったから。
でも、今までのSIONが良~い感じで混ざってて、良いよ。
相変わらずの嗄れ声。

この記事のタイトル通り、SIONの歌は、暖かくて激しくて、そして優しい。
その優しさは、SIONの唄に現実逃避をさせるような、逆効果の無条件なもんじゃなくて、「前に進みたいんだけど、結構疲れたからさ、ちょっとだけ休ませてくれ。少し休んだら、また走るからさ。」っていう感じかな。

Fi2621933_2e ←で、これが、去年6月に出たアルバム、「住人‐Jyunin‐」。
これまた、ぶっとくて且つ鋭角なサウンドなんだけど、それでも、歌を聴かせられる。
SIONの嗄れ声は、進化してるね^^
ちなみに、この辺は、もうバックバンドも固定メンバーでね、THE MOGAMIっていうバックバンドがメイン。

Gr:松田 文Dr:池畑潤二(元ROOSTERS!あと、元ブランキーのベンジーの「JUDA」にも参加。)Ba:井上富雄(元ROOSTERS!)Key:細海魚Gr:藤井一彦(この人の演奏は、メッチャカッコ良い!)

Fi2621933_3e で、これまた去年。
11月発売の「Naked Tracks~光へ~」このアルバムは、完全にSION一人での録音。
もともとは、6月に出たアルバム「住人‐Jyunin‐」と曲順・発売日も一緒で、デモっていうか一人版を出したいっていう構想だったらしい。
なんだかんだで、これまでの曲5曲(デモテープそのままの曲、デモテープを清書した曲、新しくアレンジした曲)そして新曲8曲の全13曲。
アルバムのタイトル通り、SIONの歌が剥き出しって感じ。
裸の唄。
これまた、良さが引き立って、かなり良い!!
元来ブルースっぽい印象のしゃがれ声で、とつとつと囁くように歌ったり、叫ぶように歌ったりする人なんで、デモそのままの曲も、変なショボさみたいなのは、全然無い。

で、つい先日、買ったライブDVD。
Fi2621933_4e ←「SION−YAON 2004 SION'S EARLY TIMES・・・~SION復刻盤発売記念LIVE with THE MOGMI」
発売は、2004年だったんだけど、最近気づいて購入。

デビューアルバムからの11作品(旧レーベル)の復刻盤発売記念の、日比谷野音でのライブ。
演奏曲も、その頃の曲のみ。
だいぶ以前に、福山 雅治がカヴァーした「SORRY BABY」も勿論、演ってるよ。
泣きそうになる位に、良かった~。
あまりにも良かったんで、20周年記念のライブDVD2枚組も、注文しちゃった。


Fi2621933_5e ←ちなみに、その「SORRY BABY」が収録されてる、デビューアルバム。
若いね。SION。
SIONの唄は、決して万人受けするような感じでは無いんだけど、ROCKテイストな和製ボブ・ディランを聞いてみたい人は、ぜひどうぞ。
でも、SIONはどこまで行ってもSIONなので、↑こういう例えも、あんま意味無いけどね。

2009/01/13

昨秋に買った、お気に入りの腕時計

指輪、服など和風のテイストのものに、惹かれる俺ですが、去年の秋に好みの腕時計を見つけたんで、ひっそり買ってました^^
ネットで見つけた「くるき亭」っていう、お店。

Fi2621932_1e ←その名も、「でかまる」っていう、これ。
文字盤の数字が、漢数字とかのは割とあるんだけどね、これは文字盤が十二支だってのと、文字盤の大きさが気に入って買いました。
文字盤の直径は4cm。

これで、時計は5つ目になっちゃったんだけど(苦笑)
仕事用の堅めのやつと、少しくだけてるやつ。
プライベート用の洋風のと、和風のこれ。
あと一つは、以前記事にもした、新潮文庫の景品でもらった夏目漱石がプリントされてるやつ(笑)。

Fi2621932_2e ←文字盤のアップ。
文字盤の周りの金属の蓋部分とかベルトなんかも、レトロな感じで、凄く気に入ってる。
俺は、ベルトを黒にしたけど、10色位の中から選べます。

今まで、それなりにネットショッピングしとるけどね、この「くるき亭」っていうお店が、一番丁寧で、誠意がある感じがしたなぁ。
他にも色んなデザインの時計があるんでね、和風だとかレトロな感じの腕時計・懐中時計なんかに興味がある人は、ぜひ「くるき亭」で検索してみては。
もう1個、毛色の違うレトロな感じの腕時計があっても良いかなって思ってるんで、そう遠く無い未来に、またここで買おうと思ってます。

2009/01/12

ま~た革パン、買っちまったがな。

昨日は、映画館に行って「チェ 28歳の革命」を観て来た。
感想は、今月末か来月頭に、「チェ 39歳 別れの手紙」も観てから書く予定~。

で、今日は、ま~た買い物。
読み終わった中で、とって置くまでも無い、本なんかを売って6千円位になったんでね、ニトリ行って、傘立てとCDラック(大)とDVDラック(小)を買うた。
CDラックは、もう何回も買い足してるんだけどな~。
でもこれで、当分、大丈夫でしょう。

んで、先週はワインレッドの革パンを買ったんだけどね、それ履いてたらさ、やっぱ黒のノーマルのも欲しくなっちゃってね(服に合わせるのにね)。
Fi2621931_1e_2 今度は、なめし皮テイストの黒い(インチキ)革パンを買った。
これは2万円也ー。
部屋の蛍光灯を暖色系にしてる所為か、写真だと、な~んか色が違うんだけど。

上に着てる服は、先週買ったやつ。
実際はもっと深い色合いで、黒と光沢のある濃い藍色の細かいストライプ。
パッと見は、光沢のある藍色の方が強いんで、それ一色に見えるんだけどね。
やっぱ、写真だと、この絶妙な色の良さが伝わらん!
って言うか、変な色に見える。よよよ・・・。

横から見たら、こ~んな感じ。
Fi2621931_2e おっ!こっちの方は、服の色が、割とちゃんと出てる^^
革のなめしてる感じは、イマイチ伝わり難いんだけど。
ちなみに、今日買ったこの革パンの方が、前回買ったのより細めにできてるんで、あんまり余裕は無い(笑)

そういえば、前回買ったのも、今日買った革パンも、ライダースとは合わせないで、もっとカジュアルな上着に合わせて着てる。
なんかさ、上も下も革だとさ、凄っげーこれ見よがしでしょ!?
それに、ライダースはかなり良いの買ったから、合わせて着たら(インチキ)革パンの方が見劣りしちゃうしね。
バンドやってた時からなんだけどさ、パンツは本革は嫌なんだよな~。なぜか。
ちょっとバッタもん臭いのが、好きじゃね。
とは言っても、革風のビニール全開の奴はね、安っぽ過ぎて、それも好みじゃ無いんだけどさ。
良い塩梅のは、やっぱ1万円位~のになっちゃうんだねぇ。

Fi2621931_3e も少し後ろから。
いや~、それにしても、ホント痩せたよなぁ。
現時点で18kg減だもんさ。
目標はあと、2kg減。
場合によっては、その先も・・・。
良かったーー。好きな服着れる体になって(笑)

どうでも良いんだけど、携帯からぶら下がってるストラップは、函館のご当地キューピー「土方歳三キューピー」でございます^^

2009/01/10

プライベート新年会を満喫

一昨日の記事の通り、新年会を楽しんで参りました~。
う~ん、ほんとに楽しかった。
こいつぁ、新年一発目から、縁起が良いぞな。

焼き鳥。焼酎。 美味かったー。
なぜか、皆、プロレスに詳しい事が発覚して、途中の30分位は、プロレストークになったりした(笑)
まだまだ、意外に、新事実が出て来ますなぁ。

2件目に行ったお店は、今回の面子の中の、提携会社チームがプライベートで割と使うスナック。
このメンバーの中で飲みに行く時は、割と使う店なんだけどね。
かなり楽しいお店だった。
今後も、プライベートで通えそうだねぃ。

それにしても、昨日は、食ったな~。飲んだし。
勤務時間中も、珍しく先輩に同行させて貰ってたんで、昼は一緒にソースカツ丼食ったし、夜は焼き鳥でしょ。
ひな皮ってカロリー高いんだよ。

で、皆で最後に〆の定番、ラーメン。
でも、昨日1日で太った分は、もう落としたので、大丈夫♪
楽しみながら、締める所はきっちり締める、あたしゃ~そんなダイエッターです。
体重も、35歳・170cmの平均(ネットで検索して調べた)にまでは、落ちたよ。
あと、少しだけ減量すっけどね。

明日か明後日は、また映画館に行って「チェ・ゲバラの~~」を観ようかな。
村上 龍の影響で、キューバには、ちょっと興味がある。

2009/01/08

明日は、プライベート新年会

Fi2621930_1e 明日は、会社の先輩と、同業の提携会社の営業マン2人との計4人で、プライベートな新年会。
会社の先輩は5歳上で、提携会社の営業マンは二人とも2歳上。
年齢が近い営業マン同士の、色んな会話が弾むことでせふ。きっと。

といっても、仕事の話ってより、人生観とかになるんだけどね。
いつも(笑)この面子では、何度か飲んでるし、職場でもほぼ毎日顔を合わせてるんで、リラックスして飲める。
ま、そういう飲み会にしか出ないけどね。俺(笑)。

俺の先輩(5歳上)が、ズバ抜けて、大人な感じかな。
視野の広さとか、経験とか、人との付き合い方とか諸々ね。
プライベート新年会、第一発目も楽しく飲めそうだわ。

ただし、この飲み会は、お互いの社内では内緒なんだよね。
仲間に入れて貰いたいのに、人と楽しく付き合う方法を知らない人間は、他人が楽しくしてるのを邪魔する傾向にあるんでね。
しかも、立場を使って。
可哀そうだね、こういう人。
みんな普通に楽しんでるのを羨む癖にさ、自分は“個人として”人と接する事が出来ない。

というか、(今の時代、特に)儚い幻想の社会性(っていう程、大層なもんじゃ無いけど)に守られて、それが自分と完全に一体になってしまってる人間には、個人としての自然体の自分の方を、逆に、仕事ん時とかに適応するっていう発想(勿論、常識の範囲でね)が欠落してる。
その癖、本人は「本音と建前」を使い分けてるつもりだったりしてね。
そんなのは、意識してやるもんじゃぁ無いってのにね。
場の空気を読んで、振舞うって事だからさ。きっと。
思ってもいない嘘を吐いて、建前を使ってるつもりになってる奴は、一生自分の人生を生きれないぜ
そして、他人の自分と違う部分を許せないような、クソみたいな奴になっちまう
大人自家中毒野郎。
何故なら、常に、自分や相手の背景に“社会性(相手の役職や社会での認知度)”によって、自分の態度を変えるから。
そういうのを取っ払った、個人としての付き合いが出来ないんだね。あらま~。

おっと、ついつい、脱線しちまったけど。そんな下らん奴を尻目に、今年も俺は楽しみま~っす♪

2009/01/07

925KNIGHTの眼鏡を購入ー!

Fi2621928_1e ←昨年末に購入したメガネ。
今日、出来上がって参りましたん。
925KNIGHTっていう、ブランドのやつ。
925ってのは、シルバー925が使われてるから。らしい。

家のすぐ近くにある、個人の眼鏡屋さんで買ったんだけどね。
旭川市内でもこのブランドのを置いてある店は、ほんとに数える程しかない。
ネットで探しても、取り扱ってるフレームの数は、かなり限られてる。
そんなメガネが、すぐ近所の眼鏡屋さんで、取り扱われていたとは!
実は、通っている床屋さんが書いている、地元商工会のブログで紹介されてるのを読んで知ったんだよね~。

Fi2621928_2e ←メガネのツルの部分に着いている、シルバーの装飾ね。
フレームの色は、黒じゃなくて、濃いグレーのべっ甲柄です。

Fi2621928_3e ←拡大すると、こんな感じ。
シンプルだけど、存在感があって、一目惚れして買っちゃった(笑)
ま、痩せたついでに、メガネもちょっと洒落た奴にしようっかな~。
とは思ってたんでね^^

Fi2621928_4e ←専用メガネケース付き。




Fi2621928_5e ←ツルの内側にも、装飾と同じ模様が、うっすらとデザインされてる。



年末セールで、お安くして貰ったんだけど、3万6千円也ー。
ネットで調べても、やっぱ、これ位はしちゃうんだよね~。
でも、それだけの価値を感じちゃう位に、もの凄く気に入っちゃったわ。
痩せ始めてからは、プライベート外出時は、カラコン(その時の気分で、グレーorバイオレット)にしてたんだけどさ、これからはメガネ装着率もグッと上がりそうだねぃ。

2009/01/04

椿屋四重奏のメジャー1stアルバム「TOKYO CITY RHAPSODY」

Fi2621927_1e 椿屋四重奏(つばきやしじゅうそう)のメジャー1stアルバム。
「TOKYO CITY RHAPSODY」

このバンドはかなり、カッコ良い!
1stのこのアルバムは、昨年2月に発売されて、即買いしたんだけどね。
かなりお薦め!

それ以前に、インディーズでもフルアルバム2枚とミニアルバム1枚出してて、このうち「薔薇とダイヤモンド」は持ってるんだけど、これもかなり良い出来。

まず、このバンドの音は、エッジの効いたハードさがあるんだけど、不思議と五月蠅さが全く感じられない。
ミックスの妙なんかもあるんだろうけど、基本的に各楽器の音作りが、ズバ抜けて上手い!(特にGr)
だから、Vo中心に音がまとめられてても、各パートがしっかりとした存在感を持って聞こえる。

歌詞の世界や歌声や歌い方も、行き過ぎない感じに艶っぽくて、それが楽器と混ざって聞こえてくると曲全体で色気を感じる。
どこかのパートだけ突出して、それを演出してるって事じゃ無くね。
ちょっと艶っぽくて、どこか叙情的で、どこか歌謡曲っぽいメロディーラインなんだけどバタ臭さが全く無くて、洒落てる感じなのに、鋭角なROCK!
このアルバム、マジでお薦め!


ちなみにFi2621927_2e
←これは、インディーズの頃の曲から選曲したベストアルバム。
「RED BEST」去年の3月に発売されてる。
こっちは、買うのを忘れてたんで、見つけ次第買いますわ。

正月休み最後の日、の徒然・・・

え~、今日は正月休み最後の日。
昨日は映画館行ってK-20観て、服を買った(って言ってもDKNYのシャツ1枚だけど)んで、今日は何しよっかな~なんて思いながらね。
朝昼兼用のミートソース・トーストを頬張りつつ考えた結果、やっぱ買い物!という結論に至りました(笑)
大晦日と元旦で太った1kgも、元に戻ったという事で。
あと3kgの減量~!

で、実は、ダイエットを始めた時に、秘かに思ってたんだけどね。
「痩せた暁には、革パンも買う!」(革ジャンは決定していたので)という訳で、旭川のイオンの中のショップで、インチキ革パンを購入~。
1万3千円位。

Fi2621926_1e それが、これ。
写真だと解り難いけど、濃いワインレッドカラー。
かなり良い感じの、色合いです♪







Fi2621926_2e ←これは、後ろ側。
写真だと、なんだか、ずいぶん太く見えるけどね(ちょっと上から撮ったから!?)、普通のLサイズだよ~ん。
実際に履いた感じは、結構スリムなシルエットになっとります。

その他、ベルトと、地味に個性的な(笑)長袖の服も買った。
もう、ホント、金無い。あはは。
やはり、極端なダイエットは、金がかかります(苦笑)。

その足で、車の定期点検して貰って、帰宅後、読書。と、こんな感じ。
あとは、今週出来上がる、プライベートメガネ-その2が楽しみだねぃ。
休日の外出時は瞳の色が、濃い紫だったりグレーだったりしてる俺ですが、これによって休日の自宅以外でのメガネ率もちょっと上がることでしょう。
さて、明日から仕事!十分鋭気を養ったので、また、頑張りますわ~。

2009/01/03

劇場にて「K-20 怪人二十面相・伝」を観賞~。 面白かったヨ。

K-20 怪人二十面相・伝
この映画は、大人から子どもまで、難しい事考えないで楽しめる映画だね。

1000円ちょいなら、劇場で観て、全然損じゃないと思いました。
脚本も面白くて、皆さん割と「プッ」とか「フフッ」って、吹いてた。

ストーリーは、江戸川 乱歩の作品を知らなくても、全く問題無く楽しめる。
ある意味、別物と思って良いんじゃなかろーか。

源冶役の國村 隼さんが、おいしい脇役ぶりだと思った。
金城 武や、仲村 トオルのちょいとコミカルな演技も、凄く楽しめたな~。

仲村 トオルのコミカルな感じって、あぶない刑事ん時の雰囲気を、今の彼が演じてる感じでね、個人的にかなりツボに入りました(笑)

そういえば、劇場で観たのは、前回のレッド・クリフPart1(の記事)に続いて、また金城 武の映画だったな。
レッド・クリフ観るまでは、しばらく映画館に行って無かったんだけどね、やっぱ良いね。
映画館で観るのってさ。
さ~、次は、何を見よっかな~。

2009/01/02

正月の徒然・・・

皆様、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
今年もまた、新たなるご縁が出来る事を願いつつ。 

って事で・・・ヨッシャーーーーー!! 
今年も、爆進するぜぇいぃぃぃーーー!!(俺のペースでね^^)

さて、大晦日と正月は、札幌の実家で、義弟(妹の旦那)とダラダラ飲んだり、食ったりして、正月気分を満喫して来やした。
家族は、想像以上に痩せた俺を見て、ビックリしつつも喜んでたんじゃないだろか!?

おみくじも、完璧な大吉だったしね。
かなり順調なんで、調子こき過ぎ無いように気ィつけな。って感じ。
はい、肝に銘じます。
良いゲン担ぎは、信じるようにしてる^^

さて、大晦日~正月と、一番気にしてたのが、体重の激増。
本日、旭川に帰宅して、かな~りビビりながら計量した結果、1kg増!
ま、微増で済んで、ホッとしたわ。
ふぅ~。

という事で、既に本日から驚異のダイエットの再開ぢゃあぁぁ!!
17kg減から16kg減に舞い戻ったんで、あと4kg落とす!!
休みは、あと2日あるんで、明日か明後日どっちかで、「K-20」を観に行こうと思ってる次第。
あとは、服をもう一着くらい買おっかな。
そんな正月休みです。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30