« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/31

たぶん、今の身長位に成長してから初めて、他人の前で泣いてしまった(笑)

基本的に、人前では涙を見せないTSURUです。
まぁ、みんな、そうか(笑)

昨日は、飲み会がありました。

いつも出入りしてるユーザーさんに、同じく業者として出入りしている1つ下の仲良い彼。
俺は、同業界の親父の会社を継がなかった2代目。
そして、彼は継ぐ事を決心して、この業界に入ってきた2代目。

境遇・会社・環境は違えども、なんというか励みになる存在だ。
それぞれに生きて、生ききって、そうやってカッコ良くなっていく(であろう)お互いが、これからも友達でというか、互いに尊敬・触発出来る間柄であれれば嬉しいなと思える、頻繁に遊んだりはしないけど、人生を別々に並走する同志と思える、身近にいる何人かの内の一人だ。

その彼が、とうとう、社長になった。
継いだのは、会社の一部を別会社として分けた部分だが、ともあれ新しいスタートをきった。

飲み会の名目は、それに伴っての新担当の歓迎会(社長業務があるので)と、新社長頑張れ!だったんだけどさ。

親父さんの会社を継ぐために、それまでとは全く違う職種の親父さんの会社に入って、想像を絶する大変さがあったと思う。
だけど、そうやって引き継いだパイプも、取引先と彼の親父さんとの初代同士の時の付き合いよりは確実に細くなるし(世代交代とは、そういうものです)、そもそも、それがこの先、通用するかどうか・・・厳しい時代だ。
それは、彼も当然解ってる。
その上で、この業界に飛び込んで来たんだろうし、だからこそ彼がこれからプラスアルファしていく活動もしているんだと思う。きっとね。
そんな中、社長になるってのは、覚悟・恐怖・プレッシャー、そしてそんなん全部をひっくるめた楽しさがあるんだろうけどね。
彼は、痩せてた。
今まで以上に、今、もっと大変なんだろう。

でも彼は、笑いながら、悩みながら、変に良い格好をし過ぎる訳でもなく、彼のままで頑張り続けてた。んだと思う。
だから、俺は、彼に惹かれてるし、周りもまた然りなんだと思う。

何度かこのブログにも書いてるけど、今、俺は、人生が楽しくてしょうがない。
勿論、自分大好きな俺なんで(笑)、常に、今が最高!って思ってるし、そうである為に努力してるつもりなんだけどね。
そんな日々の中でも、ここ10年位の中で、もしかしたら、最も充実した1年を過ごしてるかもしれない。って思えるほどにね。
充実してるのですよ。
それは、自分に満足してるっていうのとは、違うよ。

むしろ逆に、やるべき事、獲得すべき事、そして、もっともっと進化・深化させて有効利用させなきゃならん個性。
そんなんが沢山あってね、まだまだ遠い。
でも、だから、面白い。

そして、彼もまた、一人、自分の道を一歩踏み込んだ。今まで以上に。
勿論、これからも大変なのは当たり前なんだろうけど、今は、体力的にも精神的にも、消耗させられる種類の作業が続いてるんだと思う。
だから、少しの間は、楽しさよりも辛さや疲れの方が、大きいかもしれない。
でも、そうやって、やってる彼の姿は、なんていうか勇ましかったのさ。凄く。
見てて、凄っげぇ、嬉しかった。
本当に嬉しかった。

1次会の最後で、本人が挨拶した後に、何故か俺にもコメントを振られたんだけどさ。
嬉しくて、嬉しくて、全然言葉にならなくてさ、左右の瞳から一筋ずつ、涙を流してしまった。
不覚。

一昨年の秋に自分の人生を左右する事が起きた時も、自分の結婚式ん時も、妹の結婚式ん時も、その都度真剣にお付き合いしていた女性とお別れした時も(笑)、死ぬほど悔しい思いをした時も、家族以外の他人様の前で泣いた事なんてね、一度も無かったのにね~。

でもね、ほんとうに嬉しかったんだよね。

ユーザーさんの所で会う機会は減るかもしれんけど、個人的に酒飲む機会作ってさ、また飲みに行こうぜ。
そして、俺の知らない、君の中の新しい世界を教えてくれ。
勿論、俺もね。
そして、彼らもね。

愛すべき精神的Rock'n'Roller達に・・・God bless You!

2009/05/29

ちょいと嬉しかった事

先日、ちょいとしたお酒の席(仕事の延長線上にあるような)に、我が部所の新人君達も同席した。

一人は新卒で、もう一人は1年だけ社会経験のある子。
ま、どちらも、社会人としてはデビュー間もない子達。

いや~、頑張ってた。うん。
同席した他の部所の面々も、現時点での頑張りを認めてくれてた。

それって、嬉しい事でねぇ。凄く。

例えば、当時の俺が、おんなじ様に振舞えたかな?って考えると・・・・笑うしかない^^
と言っても、彼らは当然、小さく完成している訳じゃ~無い。

ある意味、自分が褒められるんよりも、嬉しいのさ。

その後に、数人でやった(楽しむ為の)2次会の酒が、ホントに美味かった。
謝々。

2009/05/25

最近の我想う・・・

いや~、どうもこんばんは。
ちょっとイラッとする度に、貧乏揺すりする奴。が大嫌いなTSURUでございます。

と、変なイントロダクションで始まりましたが(笑)
いやいや、30代半ばになって、つくづく思うんだけどさ、
ドーンと構えるべき時に、それが出来ない大人ってさ、みっとも無いよね~。

俺も器がでかい方では無いけどさ、ジッとしてるのが最良の時にね、慌てて動いて、
しかも、慌ててるが故の短絡的思考から来る、場当たり的な、後から考えると最悪の選択をする良い年こいた自分より年上のおっさん。

とかを見ると、呆れるやら・悲しくなるやら・蔑むやら(笑)

勿論、行動力は大事な要素ではあるけどね。
俺が言ってんのは、そういうレベルの事じゃ~無い。ってのは、解るよね??

落ち着きが無くて、もしくは、適切な判断が出来なくて(空気が読めなくて、とも言うか)、無意味どころか、事態を悪い方向に持って行くそれの事を、行動力とは言いませんがな。誰も。

人のフリ見て、我がフリ直せ。
自分より泥酔して(俺は、泥酔する事はほぼ無いけど^^)大変な事になってる奴を見ると、酔いが一気に醒めますが、ま、そんな感じでね。
醜い大人にならんよう、せいぜいオイラは気をつけますわい。

んじゃ。ちゃお~。

2009/05/23

THE BOOM 89-09 ~やっぱ、BOOMは良いねぃ。~の巻

61bpftm3il__sl500_aa240_ 5/20に発売された、THE BOOMのBEST版。

何気なくTSUTAYAを徘徊してたら、見つけてしまったんで筋少の再結成2枚目と併せて買ってしまった。

実は、既に、92年に発売されたベストは持ってたんだけど(島唄がヒットした頃までの曲)さ、デビューから今までの代表曲が網羅されてるこのBESTは、やっぱ良いね!

物凄く好きって訳じゃ~無いんだけど、なんだか、GANGA ZUMBAだとか聞いて見たり、たまに聞くとTHE BOOMは、やたら胸に響いたり。
ぼんやりながらも、なかなか結構好きです。このバンド。

このアルバムは2枚組で、全30曲。
選曲も、かなり良し。文句NOTHING。
って言うか、だから買いました。

過剰なものが無い、それでいて特徴的なバンドの歴史。
安心して聴ける1枚っす。2枚組だけどね~(笑)

2009/05/22

村上 龍 「無趣味のすすめ」 流石だね~。

41tz5fx802bl__sl500_aa240__2今や、TV番組「カンブリア宮殿」が、すっかり定着してしまった?
村上 龍。

俺は、この人の小説は勿論、エッセイも大好きでね。
このブログでも、この人の作品には何度か触れてるんだけどさ。

で、新作。「無趣味のすすめ」。

新しい事は、書かれていない。
でも、当たり前な事として認知されていない、当たり前の事がミもフタも無く書かれてて、やっぱ良いな。
具体例として、解りやすいしね。

自分の中で、まだ言葉が当て嵌めきれてない感じ方に、的確な言葉を貰えるような、そんな本ってとこですな。

下手な自己啓発本より、断然お薦めよん。
しかし、危機感という概念を、体で本質的に感じれない人種には、まぁ無理でしょう。

2009/05/19

楽しんでるよん

さてさて、先週末は金・土と飲みに行ったり、
日曜日は、いつもお世話になってる飲み屋のスタッフの愚痴を聞きがてら(笑)、久しぶりに焼き肉食いに行ったり。
相変わらず、充実した毎日を送っとります。TSURUです。

仕事の新人教育も、勿論、自然に頑張ってるよ、と。

とはいえ、流石に、疲れが溜まって来てはいるんだけどね。

でも!だがしかし!
なんだろう!?

余裕がある。かもしれない。
以前よりも。

新人君達や、飲み屋の姉ちゃんに諭して言ってるつもりで、予想以上に自分自身で確認してる感じ。
勉強になるねぇ。ホント。

日曜は、かなり疲れてたんだけど、なんだかいつも楽しませてくれる奴に、ちょっとだけ恩返しというか、お礼というかね。
ま、そんなんをしたくなって、自分よりも相手を何とかしてあげたいって、自然に思ってたんだよね。
う~ん、こういう事なんだろうね。きっと。他喜力(たきりょく)。
これぞ、TSURUの恩返し!?

ここ半年位は、特にそれが強まってるな。
色んな人に対してね。

以前よりも、少しだけかもしんないけど、本質的に優しくなったのかもしれない。
これが噂に聞く、加齢効果なのでせふか??

優しくなった!?とはいえ、大人しくなった訳ぢゃ~無いんでね、その辺は相変わらずだけどさ(笑)

ま、今週末は、ゆっくり体を休めますわ。

2009/05/13

DVD「スカイ・クロラ」を観て

Bnr_posterDVDでスカイ・クロラを観たよ。

この世界の軸が、はっきりと決まっている面白そうなストーリーだった。

↑“面白いストーリー”ではなくて、“面白そうな”って書き方をしたのは、映画1本だけでは、伝えきるのに時間が足りなかったんじゃないかな?って感じたから。

wikipediaを参考にしたら、案の上でね。
この映画は、クロニクルの一部を切り取って映画化したもののようだわ。大まかに言うとね。

とはいえ、妙に惹かれる設定やらキャラクターやらだったんで、本日、現在発売中の文庫本を買って来た!
今の所、5冊。
ま、俺にとっては、文庫本5冊位の出費をさせる力を、この映画を観て感じたって事だろうね。
有名な俳優さんが“声”を担当してるけど、話題作り感は全く無くて、逆にその人を感じさせない所も良かった。
キャスティングも拘ったんだろうな~、などと感心させられたりして。

ともあれ、原作で、じっくりと世界観を楽しめるんじゃないかな?って期待してる。
読んでみて、面白かったら、改めて記事にしようかね。

2009/05/11

結局は、先駆的な存在になってるね。BUCK-TICK

だいぶ以前にも、ちらっと記事にした事があるBUCK-TICK。

もう、いまや、なんとも言えない、こういう雰囲気の先駆者的な存在。
とは言え、じゃあ、似たようなバンドが他にあるのか??って問われると・・・。
????あるのかな・・・???

とにかく、ずっと走り続けてますな。
俺が初めて聞いたのは、もう20年以上前。
2ndアルバムの「SEVENTH HEAVEN」だった。

で、ここ最近の2作。

31iskynnsxl__sl500_aa192_最新作の「memento mori








31lc890fzml__sl500_aa240_その前の「天使のリボルバー







41284g0x2wl__sl500_aa240_ 更に「天使のリボルバー」の2作前の「Mona Lisa OVERDRIVE







「memento mori」と「天使のリボルバー」は、デビュー当時から今までの彼らの音楽が、自然に一体になってる感じ。
デビュー当時のポップさも、彼らなりの様式美や沈美的でダークな雰囲気も、アルバム全体の統一感を損なう事なく、ホントにカッコ良く、そして聞きやすくまとまってる感じがする。

「Mona Lisa OVERDRIVE」は、その2作よりも、ちょっとパンキッシュな感じがするけど、これまた良い。

実は、BUCK-TICKって、今こそ聞いて欲しいバンドかもしんない。

2009/05/10

母の日の贈り物

母の日のプレゼントは、いつも迷います(笑)
去年は、高級梅干しを送ったんだけど。
1粒ずつ包装されてるヤツね。

今年は、迷いに迷って、結局、花にしようと思ったんだけどさ。
なんか、普通のとちょっと違う感じにしたかったんでね。

「はなさよ」っていうショップで、↓こんなのを選んでみた。
Img55523814
バラは、プリザーブドフラワーっていうので、長持ちするらしい。
鑑賞期間は、1~3年。

今日、無事に届いたらしく、喜んで貰えたようです。




Img55523815楽天で探して、辿り着いたんだけどね。
実物を見ないで購入する時に、やっぱ、他の方のレビューは参考になるねぃ。

お値段は、¥7,000。
今度、実家に帰ったら、実物を見てみよう~っと。

昨日も、また楽しい酒だったな~っと。

昨日は、夕方位に、お隣の提携会社の2こ上の先輩(っていうのかな?)から、お誘いの電話を頂いて、飲みに行って来た~。
以前から、ちょくちょく飲みに行って、その後も毎回、楽しい酒を一緒させて貰ってる。

もともと、1年前に、この人を「飲みに行きませんか?」って誘って、色々と本音を語りあったんがきっかけでね。
今思えば、その二人会がきっかけで、俺はまた外に開いて行くようになった。
いつも言ってるけど、凄く感謝してるのです。ホントにね。

8年前に初めて知り合った時は、こんな良い関係が出来るなんて想像もしてなかったけど(笑)
お互い、思ってる事を素直にぶつけられる貴重な友達でいれるよう、これからもどうぞヨロシク。

また飲みに行きましょう!!

2009/05/08

自分が絶っ対に正しい!!って思ってる人~、間違ってんじゃないのぉ??

Fi1455321_0eいや、これは、もうね、タイトルの通りなんだけどさ(笑)

自分が絶っ対に正しい!!って思ってる人~、間違ってんじゃないのぉ??

って事でね。
結構いるのよねぇ。

しかも、ポーズというか演技というかゴマカシというかね、恥の感覚は一丁前にあったりしてさ、口では(というか、口だけでは)
「俺は、自分が絶対に正しいとは思ってない」的な事をさ、余裕のある時だけ思い出したように、付け加える感じの人、多いんだよね~。これまた(笑)

勿論、自分に負荷をかける意味でね、言葉に出した強気な発言に追い付こうとして努力しながらさ、一人になった時にこっそりと自分を疑ってる人ってのも居るよ。
不器用な人ね。そういう人は・・・俺は、好きです。結構^^
でも、そういう違いってさ・・・解るから。ちゃ~んと。
傍から見てたらさ。むふふん。

人間、(色んな意味で)自分を疑うのって、大事なんちゃうん??

周囲と自分の間に、決定的なズレがある時、シンキング・タ~イム!
考えてる事、大丈夫?
表現方法、大丈夫?
今までの人生、大丈夫??(笑)

家族以外で、(剥きだしになったとした)あなたの周りに、誰が残りますかぁ???

な~んてね。

2009/05/07

今、思い返すと「夢をかなえるゾウ」は、影響を受けてたかも・・・

02911367世に、自己啓発本はたくさんあると思うんだけどね。
俺は、その手の本は、あんまり読まないんだけどさ。

何冊か読んでみた中で、結局、自分が一番ヤル気になって、実行した(続けてる)のはこの「夢をかなえるゾウ」に書かれてる内容だったりするかも・・・。

この本、ドラマ化されたみたいだけど。
しかも、さすがの古田 新太が、ゾウのガネーシャ役(笑)

たぶん1年前位に、コンビニに置いてあったのをみつけて、帯を見たら面白そうだったから、何気なく買ってみただけだった。

この本の良いところは・・・

①見た目も、内容も、自己啓発本とは思えない(面白さ・ストーリー性)。

②“課題”のやり易さ。

③具体的な課題と、その本質的な意味が、解り易く直結して説明されてる。

④実行しなくても、罪悪感が無い。
 (一つ実行しなかったからといって、全部投げ出さなくて済む)

⑤サラッと読めて、頭に残る・・・etc...

自分を変えよう!なんて思ってない人でも、楽しく読めるところが何より良いと思う。

今考えてみたら、この1年間で自分が進化・深化する為に、自分のテーマとして実行してきた事ってね、意識してなかったけどこの本に書かれてる事と、結構重なってたな~。
俺は、ボンヤリと読んだだけだったんだけどね、な~んとなく、しばらく経って忘れた頃に、徐々に実行してる自分がおりましたん。

自己啓発的な本の内容って、正直言って、割とどれも似てる部分が多いと思うのね。
だから、差がつく所って、どれだけ実行させれるかだとか、最後まで興味を失わせないで読ませる力だとか、素直に受け入れれるように書かれてるか(解りやすさ込み)だとか、そういう所でね、この手の本の善し悪しって決まる部分も多いんじゃなかろうか!?

っていう意味では、非常~に優れてる本です。
まず、手に取りやすいもん。
堅苦しく無いし、そもそも自己啓発の本って思わないからね。
その上で、面白くて、心に残る。

意気込まないで読むに限るね。これは。

2009/05/06

ガラスペンダントに、惹かれてしまった。

休みの時や、仕事が終わってからプライベートで飲みに行く時は、良くシルバーリングしとります。
んで、ペンダントは、その時の格好によって、着けたり着けなかったりしてたんだけど。

さて、シルバーのペンダントは、探し方が悪いのかも知れんけど、イマイチ好みのが見つからない。
そして、高い(笑)

で、色々、探してるうちに見つけたのが、ガラス製ペンダント。
TSUBURA ART WORKSってところのです。

Img55943439_2まず一つ目は、スペーススプーンっていうシリーズの。
スプーン型のガラスの中央部分に、文字通り宇宙が閉じ込められてる感じ。

Img55943442値段も、これは高い方だったんだけど、¥6,900。(!)
シルバーと違って、ガラスは商品の出来の割に、かなり安いのも、また良し。
しかも、このお店はレビューを書いたら、5%OFFってのも、また良いですな。

Img55941384もう一つは、鍾乳洞っていうシリーズの。
これまた、透明感と奥行感が、凄く良いです。




Img55941386_2 こっちは、¥4,750也。



ガラス製のペンダントトップを着けるっていう発想を、今まで持って無かったのと、もともと指輪に比べてペンダントは着ける機会が少なかったんだけどね。
色んなスタイルに合うし、値段も安いし、綺麗で人目を惹くし・・・かな~りの満足度。

今後も、ゆっくりと、あと少しだけ増やしてみようかなって思っとります。

2009/05/05

やっぱ、エレカシの唄は、胸にくるわ~。

Umck1306_180今日、エレファントカシマシのアルバム「昇れる太陽」を買うて来た。

やっぱ、胸に来るわ。なんかね。

もともと、エレカシは、「悲しみの果て」で再注目を集めてから(日本的なメロディーラインになってから)、好きでね。(以前のエレカシの記事)
なんて言うか、男くさいROCK'N'ROLLがさ。
人生を考えさせられちゃうのねぃ。

ここ暫くは、アルバムとかも買ってなかったんだけどね、最近のシングル「桜の花、舞い上がる道を」が、かな~り自分の琴線に触れてたんで、早速、収録されてるアルバムを買って来た次第。

やっぱ、良いな~。エレカシ。
必死に生きてる(感じがする)人の唄は、胸に刺さる。凄くね。
泥臭く生きる事は、全然恥ずかしい事じゃあ無い。って気に、改めてさせられる。

俺は、今日も明日も、地べたを這いつくばって生きます。
色んな事ひっくるめた上で、生きる事を楽しんで無い人を、軽やかに跨ぎ越しながらね。

「ONCE ダブリンの街角で」 ~音楽(バンド)好きには堪らない映画!~の巻

51tpon3xzwl__sl500_aa240_この映画は良いよ!
ハンディカメラ2台、撮影期間17日間、製作費10万$で作られた、ヒットとは程遠い映画。の筈だった・・・のが、口コミで大ヒット作に!!

まず、主人公の男役は、アイルランドの本物のミュージシャン。
主人公の女役も、チェコのミュージシャン。

だから、音楽のシーンに全く、嘘が無い。
しかも、心を強く揺さぶられる演奏、歌。
これは、本物だよ。

なんだか、いっぱい賞を受賞したのも頷けるわ。
監督が、昔、主人公の男役の人のバンドメンバーだったって事も、この映画を大成功させた要因でしょう。
映画の中で、歌が物凄く大切な役割をしてるのに、主題はバンドではなくて、出会い。
でも、この映画を成立させるのに、演奏シーンの説得力は、必要不可欠。
とにかく、音楽に愛情を寄せる人達が作り上げた、シンプルで素晴らしい作品。

音楽好きな人には、本当に観て貰いたい。
ありきたりな恋愛映画・音楽映画じゃ~無いからさ。
俺は、レンタルで借りて来たんだけどね、観終わった後に、即行でDVDとサントラ買っちゃったよ。
あと、主人公の男役の人のバンド「FRAMES」のCDも。

2009/05/04

シルバーペンダント

Fr005psv2これも数か月前になるんだけど、シルバーペンダントを購入。

以前、雪の結晶のリングを買ったFUNKOUTSっていうお店。

今回は、FIRECROSS。
2万3千円也。

露骨な十字架じゃないとこが、気に入ってるんだけど。
あと、2つのパーツから出来てて、下部分がピンクシルバーなのね。

今までは、ピンクの物って、ちょっと抵抗があって着けなかったんだけど、
勇気を振り絞って、買ってみた(笑)

シンプルな黒い服とかに併せると、かなり映えます。

2009/05/03

今日の昼に、何年かぶりに「清志郎&2・3’S」を急に聞きたくなったのは・・・

今日といっても、厳密には昨日の昼なんだけど、急に、清志郎&2・3’Sが聞きたくなって聞いてた。
で、今、Yahooニュースを見て、物凄くビックリした。

俺は、清志郎が凄い好きって訳じゃ~無いけど、アルバムはRCの「COVERS」を含めて何枚か持ってるし、音楽よりも行動とか含めた全部で、ROCK'N'ROLLERなのは、やっぱ凄いんだと思う。
そして、俺が19歳の頃の一時、彼の作ったある曲は、間違い無く当時の俺の中に居た。

(おそらく)自分自身で在り続けた数少ない、カッコ良いオヤジ。
俺が生まれる前から、ROCK'N'ROLLを愛し続けて来た、偉大なるオッサン。

忌野 清志郎さんのご冥福を、ROCKの神様に心からお祈りします。

2009/05/02

新人君達との日々

さてさて、ちょいと前の話なんだけどもね。
4月にうちの会社の営業部に、待望の新人が配属されてきました。

前回、どうしようも無い奴が辞めてから(の記事)、約2年ぶりとなります。
ま、前回の奴は、今改めて思い出しても、ホントにど~しようも無い奴だったんだけどね。
それはそれとしてさ、自分なりに、自分の前回の反省点をクリアにして、それを今回はしないように・・・っていうのは、意識してる。
他人の所為にするだけでは、人間は進歩しないからね~。

正直言って、今回は、俺自身もかなり自然体で接せれてると思うし、色んな人に協力もして貰ってる。
そして、“自分は勿論、今度入社してくる新人君達の為にも”そういう自分で居続けれるように、この1年間は明確な意識を持って、色んな人達と素直に接してきた。つもり。
だから、色んな人達が、励ましてくれるし、協力してくれるし、良い指摘をしてくれるし、俺自身も素直にそれを聴ける。

5emega_ct412df24b3064c そこで、入社して来たうちの新人2人。(一気に2人!)
かなり、良い感じ。今のところ。

どこが良いかっていうと・・・・、良すぎない所が良い。
当り前の話なんだけどさ、面接とか見てても、営業じゃ無くてもね、初見で良すぎる奴ってさ、得てして、大体、後からバランスがおかしくなってくる。ケースが多々ある。

22歳と24歳の若人。
現時点では、はっきりとした個性と、ちょっとした至らなさ(社会人としての時間で、無くなっていくそれ)が良いバランスで配合されている。
これこそが、ベスト!
後は、生かすも殺すも、(俺を含めた)環境。

引いたと思う。
前の俺には、以前の俺に相応しい程度の新人が。
そして、今回もまた然り。と思ってる。
とにかく、じっくり行きますよ。
彼らの人生を、ちょっとばかし背負わさせて貰ってさ。

一人は、胆力がなかなかある。
後は、“他人から自分がどう見られているか?”の意識を・・・ゆっくりとね。

一人は、気配りに長けてる。
こちらが、“彼が、出来る奴だ。って事に慣れ過ぎて、プレッシャーを与え過ぎない”ように気を付けないとね。
期待に答えようとし過ぎて、疲れちゃいそうな子だから・・・・

個性的で面白い二人組に、一番勉強になってるのは、綺麗事じゃなくて俺自身でせふ。

いぜれにせよ、まずは、二人それぞれの、本来持ってる武器に磨きをかけて貰いましょう。
足りない部分の矯正よりも、足りない部分を補える、磨いて楽しい自分だけの武器磨き
俺自身が、彼らを好いていれるのが、何よりも嬉しい事だわん。

2009/05/01

くるき亭にて、時計を二つ購入~。

以前、紹介した時計ショップ「くるき亭」にて、再度、時計を2つ購入~。

まず、もの凄くROCKテイスト溢れる一品。
「武者時計」。
Mojiban革のリストバングルに、着脱可能の時計がくっついてる。
革の雰囲気と、ちょっとレトロな金具が、ちょっと落ち着いてながら、やんちゃさがあって、かな~り気にっております。




Full角度を変えると、こ~んな感じ。
かなり個性的なんだけど、なじむんだよね~。
値段は、3万円弱。



ちなみに、このショップでは、文字盤の大きさが同じ場合は、他の時計の文字盤とチェンジも可能(¥1,500にて)

Kusabi3mojiban俺は、楔時計の旧漢字Verと文字盤チェンジして貰った。
これで、更に金属度が増しましたん。
更に、文字を深めに彫って貰って、もう少し見やすくして貰ってもいます。





もう一つは、懐中時計。
Tsukikage1_topその名も「月影」。
こっちも、かなりレトロ調且つ、洒落たデザイン。




Tsukikage1_2 文字盤の見えてる部分(ガラス部分)の形が、絶妙な曲線加減。
こっちは、ちょっとシックな感じもありますねぃ。

価格は、2万3千円~。


かなり、お気に入りの2点です。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30