« 「ONCE ダブリンの街角で」 ~音楽(バンド)好きには堪らない映画!~の巻 | トップページ | ガラスペンダントに、惹かれてしまった。 »

2009/05/05

やっぱ、エレカシの唄は、胸にくるわ~。

Umck1306_180今日、エレファントカシマシのアルバム「昇れる太陽」を買うて来た。

やっぱ、胸に来るわ。なんかね。

もともと、エレカシは、「悲しみの果て」で再注目を集めてから(日本的なメロディーラインになってから)、好きでね。(以前のエレカシの記事)
なんて言うか、男くさいROCK'N'ROLLがさ。
人生を考えさせられちゃうのねぃ。

ここ暫くは、アルバムとかも買ってなかったんだけどね、最近のシングル「桜の花、舞い上がる道を」が、かな~り自分の琴線に触れてたんで、早速、収録されてるアルバムを買って来た次第。

やっぱ、良いな~。エレカシ。
必死に生きてる(感じがする)人の唄は、胸に刺さる。凄くね。
泥臭く生きる事は、全然恥ずかしい事じゃあ無い。って気に、改めてさせられる。

俺は、今日も明日も、地べたを這いつくばって生きます。
色んな事ひっくるめた上で、生きる事を楽しんで無い人を、軽やかに跨ぎ越しながらね。

« 「ONCE ダブリンの街角で」 ~音楽(バンド)好きには堪らない映画!~の巻 | トップページ | ガラスペンダントに、惹かれてしまった。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

なんといってもあの歌い方と歌詞との一致感(?)がすきですね、彼は。
この前のラジオでマジギレした1件は、彼らしくて非常に面白かったです。

おおっと、けいにゃさん、こんばんは。
うわ~、そのラジオの件って知りませんでした。
今、調べてみたら・・・あらら、こんな事があったんですね。
しかし、アルバムの感想で「うわっ、食べにくい」っていうDJって・・・。
挙句に、だまった宮本に「ケンカ売ってます?」って質問。
活字で見ると、DJの言葉は・・・ちょっと。
全人格を賭けて作ってる人への言葉にしては、思慮が足りなさ過ぎるように思えますねぃ。
実際のやりとりは、もっと他愛無い感じだったんでしょうか??

唄い方と歌詞の一致感。
その表現は、彼を表す良いフレーズかもしれないですね。
唄を作ってるってよりも、歌が体から溢れ出て来てるっていうイメージを持ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/29451117

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ、エレカシの唄は、胸にくるわ~。:

« 「ONCE ダブリンの街角で」 ~音楽(バンド)好きには堪らない映画!~の巻 | トップページ | ガラスペンダントに、惹かれてしまった。 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30