« 新人女性シンガー・ソングライター IDA MARIA | トップページ | 伊坂 幸太郎 「終末のフール」 サラッと読めるけど、なかなか考えさせられる »

2009/07/21

運を呼び込む生き方みたいなん

別に宗教的だったり、啓発的なレベルじゃなくてさ。
単純に、経験から来るものとしてね。

自分でもそうだし、他人のを見てても思うんだけどさ。

トラブルや、ちょいとした自分にとってマイナスな出来事が起きた時なんかにさ、
(表面に出す言葉とは裏腹でも)自分以外の周囲に原因を探すのか、あるいは、環境をひっくるめた自分にも目を向けるのか。
この思考性によって、その人が呼び込むものは全然違うよね。今更だけどさ。

大雑把に言うとさ、前者は他人の所為にするし、後者は自分の課題を探す。って事になると思うんだけど。

そういう態度を他人に見せたり、もしくは潔いフリをしてるだけなのを見透かされたりするとさ、協力者が減ったりetc...

何故、こんな記事を書いてるかって言うと、このブログにもちょくちょく登場してる、お隣の同業界の会社の先輩が転勤になったのね。
栄転では無いけど、この先輩にとっても、新しい課題・世界に触れれる、ある意味ではチャンスになる転勤だ。傍の俺から見てもね。
勿論、当の先輩も、そんな事は百も承知でね。

実際、ここ最近、煮詰まってた先輩にとっては、渡りに舟。だったんだと思う。
でもそれは、そういう運の良さっていうかさ、自分が求めてる新しい環境が、良いタイミングで与えられるような生き方を、この先輩がしてたからだとも思ったりするのね。うん。

ここ最近、自分も含め、俺の周りには新しいステップに踏み出す人が多い。
なんだか、凄く嬉しいさ。
自分の周りにいる親しい人達が、どういう顔をしてるか。
それって、自分では見え難い、自分自身の姿かもしれない。などと前向きに解釈(笑)

もの凄く離れる訳でも無いしね、お互い元気に生きてたら会えるからさ(笑)
この次飲んだ時には、それぞれの環境で更に成長してるであろう各々で、一杯やろうね!!

P.S.似たような理由で、スピード違反で警察にパクられた時とかに、悪態つく奴は、俺は嫌いです。
捕まるリスクのあるスピードで運転してて、しかも自分の注意不足でパクられるのに、捕まったとたん逆ギレってのはね。
俺の美意識に反する。
リスクや責任を背負うってのは、そんな事からでさえも態度に出るよ~。
・なんでこんな所で、取り締まりやってるんだ?
・なんで他の車を捕まえないんだ?etc....
他人の所為にするのは、楽だよね~。
でも、同じ道で捕まって無い人も沢山いるんだよ!?
その差は!?自分!?他人!?神様恨んじゃうかい!?
醜い姿は見たく無いもんだねぇ。

他人の所為にしてるうちは、本当の意味で楽しく生きられない。と俺は思ってるし、貧乏くじ引き続けるだけだぜぃ。

« 新人女性シンガー・ソングライター IDA MARIA | トップページ | 伊坂 幸太郎 「終末のフール」 サラッと読めるけど、なかなか考えさせられる »

我想う故に我在り」カテゴリの記事

コメント

いつもTSURUさんの文章は、自分の頭の中に整理されてないものを、かっちりと確定させてくれるのでうれしい
そうそう
昔、高校時代に友人たちが制服検査前に慌てて着替えるのみて、失笑してたもんです
じゃあ普段から校則従えと

けいにゃさん、こんばんは。
お褒め頂いて(?)有難うございます^^
何と言うか、湧き出た感情の、基の理由を考えるのが好きですね、わたしゃ。
何で、こう感じるのか??みたいな。

イキガるなら、相応のリスク背負えよって事で。
おいらも校則従わなかったクチですが。
例えば・・・
パーマ厳禁!とか担任に言われて、みんながパーマをストレートにして来た時に、ダッセーとか感じて、敢えてかけちゃうみたいな♪
パーマ自体は大してかけたい訳でも無いのに、カッコ悪く粋がってる奴らへの当てつけメインで、そんな事してみたり(笑)

でも、それだって、リスク背負ってる訳なんすよね。
タイミング的には最悪な、露骨すぎる反抗ですもんね。
教師に何を言われても、涼しく笑いながら「ドライヤーです。」で、通しましたけど(笑)
今思えば、教師に対するものではなくて、リスクを背負わない奴らへの、反抗だったんですねぇ。きっと。
そういう自分の性格の悪さが、たまらなく愛しいです。むふふ。

話がそれちゃいましたが、主張や文句を言いたいなら、リスクを背負う覚悟をする。
だからこそ、それで失敗した時は、潔く。
それが出来ないなら、主張や文句も言わない。
シンプルというか、単純な考え方っすよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/30642721

この記事へのトラックバック一覧です: 運を呼び込む生き方みたいなん:

« 新人女性シンガー・ソングライター IDA MARIA | トップページ | 伊坂 幸太郎 「終末のフール」 サラッと読めるけど、なかなか考えさせられる »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30