« インチキレザージャケット(赤)を買ったよ。 | トップページ | ROLLY在籍のバンド THE 卍の2ndアルバム 「puzzule」 ~1stより更にカッコ良いよ~の巻 »

2009/09/28

DVD「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 壮絶な映画だった。

映画・DVDを観る時に、今は単純に“観たい”と思ったものを、素直に観てるんだけどね。
若い頃は、目を背けたくなる様な、重い映画を結構好んで(もしくは意識的に)観てた。

自分で曲と詩作ってた時なんかはさ、特に、作りたいイメージのカラーに合わせて、映画観たりしてたからね。
そういう意味でも、精神的にヘビーな感じの作品を観る事が、多かったのね。
あと、その重さのパワーに耐えれない様な人間にはなるまい。などと、思ってた節もあったんだな。また(笑)

51dhsuopkl__sl500_aa240_さてさて、で、今日、観終わった映画。
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
こ~れも、相当に、重いです。

実は、昨日、久しぶりに村上 春樹の「ノルウェーの森」を再読し終わってさ。
作中の時代背景は、丁度この頃なのね。
学生運動とかの時代。
あと、俺が好きな村上 龍も、高校生の頃に地元の高校を「バリ封」(バリケード封鎖)して、捕まったりとかしてる。

結構、色んな小説なんかに、学生運動とかが登場してるのを、何気なく読んでる訳だけど。
実際、俺ら世代には、「そもそも、何でそういう事が起きたのか?」とかが解らないまんま、「学生運動」・「よど号ハイジャック事件」・「あさま山荘事件」とか、「日本赤軍」って言葉をニュースとか過去を振り返るTV番組なんかで、耳にしてるよね。
言葉の知名度の割に、何だったのかが解って無い訳さ。

そこでだ、ちょいとしたきっかけもあって、この作品を借りて来たんだけどね。

いや~、凄いよ。凄惨だよ。本当に。

体力・精神力に、ある程度自信がある人で、俺と同じ様に“そもそも、この時代ってどうだったの?”を知りたい人は、ぜひ見るべき。
変な影響を受けない、(ある意味では)客観的というか、公平な作りになってるからさ。

大学をバリ封とゲバ棒で、日本を数丁の銃で、本気で変えようとしていた当時の若者達の、純粋さと真剣さと歪みと愚かさとetc...が、詰まってます。

イデオロギー(この言葉を使うのも微妙だけど)は、確かに重要なんだと思う。
でも、それだけでは、(多くの)人は、生きてゆけない。それだけでは、ね。
っていう事は、今現在は、多くの若者が自然に認識してる事だと思うんだけど(だからこそ、それがおろそかにされてる一面があるとも思うし)。
この時代は、若者にとっても“事実”より“建前(責任と置き換えても良いかも)”が、必要だったのかもしれんね。

そういう意味では、きっと、学生が、本当に学生らしかった時代なのかな。
この“あさま山荘事件”は、俺が生まれる1年半前に、実際にあった事件だけどさ。
そう考えると、「遠い過去」では無い訳だ。
でも、同じ国とは思えないよね。

今の日本で、本来の意味で「革命」という言葉を使うなんてケースは、そうそう無い(はずだ)もんね。
俺が産声を上げた時の日本は、こういう時代だったんだなぁ。

でもね、これは、まだ終わった事では無いんだろうね。
当事者や、もしかしたらその後継者や、関係した人たちにとっては、きっとさ。

« インチキレザージャケット(赤)を買ったよ。 | トップページ | ROLLY在籍のバンド THE 卍の2ndアルバム 「puzzule」 ~1stより更にカッコ良いよ~の巻 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/31547010

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」 壮絶な映画だった。:

« インチキレザージャケット(赤)を買ったよ。 | トップページ | ROLLY在籍のバンド THE 卍の2ndアルバム 「puzzule」 ~1stより更にカッコ良いよ~の巻 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30