« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/28

最近の‘我想う’を、とりとめ無く

●他人に‘ある程度’任せれない人って、結構いるよね。
これって、我慢が出来ない(不得手だ)って奴が多いように思う。

他人に任せるって事は、任せた側と任された側でね、やり方が違う場合が多々ある訳だ。当~然。
例えば仕事とかで、目標とする結果を出す為に、有効な手段は何通りか色々あってさ。
それを実行する人の個性によっては、有効な方法ってのは、当然、同一とは思え無いんだけどね。

が、しかし!任せられない奴ってのは、(結果よりも、まず手段の段階で我慢切れ)自分と同じ手法を採る事に固執。
つまりは、自分の思う通りに動け。の論理。
他人と、自分の違いを認めれない。

行き着く所は‘自分がやった方が、早い’の積み重ねで、自分だけアホみたいに忙しくしながら、カリカリしてる。
そ~ゆ~人間が、一人っきりで、どれだけ結果を出したとしても、部下・後輩を育てて、仕事を引き継いでいって、自分はもう一つ進化したものを獲得しようという一連の動きに繋げれなければ、管理職としては無能やと思う。


例えば、何かを任せて、敢えて失敗して貰って、学んで貰わなければならない種類の事も、ある。
そして、それをさせる為にはさ、
任せられた人間が失敗して、聞く体制になるまで待たなければならないし、
その為に、何を任せるかの選別がしっかりと出来なければいけないし、
大前提として、敢えて失敗させてから指導する事と、そうじゃ無い事の区別が出来て無いといけないし、
その失敗を、最終的には自分がしっかりとカバー出来なければいけない訳だ。

楽天の野村監督の、座右の銘だそうですが・・・

財を残すは 下
仕事を残すは 中
人を残すは 上

これは、なかなか頷ける。

人に関心が無ければ、無理。
人を信頼出来なければ、無理。
そもそも、信頼出来る人が、いなければ無理。
考える事を放棄する事は、罪。
信頼出来る・される人が周囲にいない生き方を選択してきた段階で、無理。


一番簡単な見分け方は・・・上司・先輩が、友達や環境に恵まれてるかどうか。でしょうかねぇ。
他人に自分と同じものしか求められない人間には、ビックリする位に友達がいない。
特に、プライベートでのね。

30年・40年生きて来た人間が、借り物じゃ無い自分の哲学を語れない・実行出来ないっていうのはさ、それは、そいつは残念ながら軽蔑に値すると俺は、思ってる。

●他人と自分の間に、距離感が出来た。などと思う時にね、“相手が変わった”としか思えない奴っているよね。結構ね。

そもそも、責任を相手に求めるか、自分に求める奴かってのは、言葉の端々に表れるので解りやすいけど。

自分は悪くない。は、発想の根っこの部分だと思う。
なので、これは、余程の事が無い限り、天寿を全うされるまで変わらない種類の事かもねっ。
言葉としてそれを多発しててもね、その一方で冷静に自分(に非が無いか)を見ようとしてる人は、何となく人に伝わる。と思うんだけど。

そして、自分は悪くない人間は、他人の話を聞かない傾向があるんじゃない?
もっと正確に言うと、他人の話の中で自分が聞きたい部分しか、聞かない。
だから、自分が望む話(結果)が出なかった場合は、露骨に、他人の話を右から左。

みたいなさ。


あなたの周りに、こういうお人は、おられませんか??
体だけ大きくなって、お子様のまんまの中年、醜悪。はははは。

しかし、この手の人種はさ、ある意味では、解り易いが故に扱い易い。という側面も有ると思うんでね、
巧く扱って、自分との対比に使うなり、悪役をやらせるなり、方向性が合致してる事柄がある場合は、そのまま使うなり・・・。
これまた、それはそれで、こちら側の器量なり。って感じかな。

2009/10/27

斉藤 和義の最新アルバム「月が昇れば」 お薦め!!

以前、斉藤 和義の3枚組のシングルベストを買って(の記事)、凄く良かったんで、今回は初めて、最新作のオリジナル・アルバムを買ってみた。

515m3zfiugl__sl500_aa240_「月が昇れば」(13枚目のアルバム。9/16に発売)

これは、と言うか、これもホントにお薦め!!

ジャケットも、なんか良いよね(笑)

まず、1曲目「COME ON!」のイントロからして、凄く良い。
PRIMAL SCREAMの「COUNTRY GIRL」を彷彿させます。
この1曲目や4曲目の「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」とかは、エレキGrの歪んだ音作りがビックリする位にカッコ良い。

他にアリナミンのCMソングで有名な「やぁ 無情」なども収録されてる。

俺が一番好きなのは、3曲目の「映画監督」
ボクがもし映画を撮るなら アナタをヒロインにする
 冴えない男の夢を アナタが叶える話~

まぁ、でも、本当に捨て曲無し!!
ノリの良い曲から、しっとりと聞かせる曲、ビートルズへのオマージュ曲、メッセージ性の強い曲などなど。
どれもこれも、この人らしいメロディーラインと歌詞。
且つ、曲それぞれの持ってる引き込む力が、かなりのレベルだと思う。

Amazonのレビューなんかを見たら、やっぱり昔からのファンの人にとっても、かなり出来の良いアルバムらしいね。

2009/10/23

キュージョン携帯ストラップ、7個到着なり。

さて、以前記事にしたキュージョン携帯ストラップですが、追加で購入した7個(!)が、到着したっす。

前回の記事で、ガキの頃、最も好きだったアニメヒーローが、デビルマンだったという事を書きましたが。
実写ヒーローで好きだったシリーズのキュージョン携帯ストラップを、追加で大人買いしました。

149104997まずは、ウルトラマンシリーズから

ウルトラマンタロウ。

タロウは、角があるのと体の模様が、キューピーの場合は、セブンよりも見栄えが良いような気がしたんで、購入。

でも冷静に考えたらさ、ウルトラマンの名前で、タロウって結構凄いよね(笑)

そんでもって、お次は・・・

149101941ウルトラセブン。

これは逆に、本来はタロウよりも断然好きなんだけど、キューピーになった時には、あまり映えないかも。
でも、次で紹介するモロボシ・ダンを買う事に決めた時に、セブンが無きゃ始まらん(何が??)ってのと、ウルトラマンシリーズでは一番好きなんでって訳で、やっぱ購入。

確か、俺が幼稚園に入る前の3歳頃だと思うんだけど、「セブンの歌が聴きたい」って言った俺の一言で、母親がラジオのリクエスト番組に電話してさ^^

んで、ホントに繋がっちゃって、生放送の出番待機中に「これから、このラジオに出るんだよ!」って母親に言われて、凄っげー緊張しながらも、ウルトラセブンの歌をリクエストしたのが、俺の中の最年少緊張の記憶だったりする(笑)

149101989そして、セブンと云えば、モロボシ・ダン。

ウルトラ・アイをかけて、まさに、変身してる瞬間ですな。
よく見ると、ウルトラ・アイのレンズにもしっかりと線が描かれてる。

これは、地味に品薄だった^^

仮面ライダーシリーズは、V3とかも良かったんだけど、敢えてメジャーどころを外して、
ストラップ自体の可愛さとインパクト重視で・・・

149104928V3に登場してくる、ある意味、サブキャラのライダーマン!

これ、かなり、出来が良い。
キューピーのライダーマンは、色とデザインが物凄く映える(笑)
これは、結構、ツボです。

この写真だと、左手が消えてるけど、勿論ちゃんと左手もあるよ。

更に・・・

149097534ショッカー戦闘員。

これも、結構、品薄状態でした。

覆面キューピー。イカしてます(笑)

仮面ライダーシリーズは、ストロンガーも有れば欲しかったんだけどね。
残念ながら、商品化されとりませんわ。

最後に・・・・

149097596人造人間キカイダー!!!。

頭の左半分は、ちゃんと透明のプラスチックカバーが付けられてる(笑)

これも、結構、凝ってるねぇ。

そして、キカイダーと云えば、忘れちゃいけない敵役も。

149097602はい。ハカイダーです♪

これまた、頭は透明のプラスチックカバーが付けられてて、
その下の脳の雰囲気も、かなり良い感じです(笑)

いや~、もう流石に、これ以上は買いません。

なぜなら・・・

091023_224701今の個数で、キュージョン飾る用のコルクボードの収まりが良いので^^

と言うか、それを計算して、今携帯に付けてる「シザーハンズ・ストラップ」以外が8個になるように、厳選したんだけどね(笑)

2009/10/18

DVD「ウルトラヴァイオレット」を観たよ の巻

51wy1csdt9l__sl500_aa240_Amazonのレビューなんかを観てみると、なかなか酷評されてる「ウルトラヴァイオレット」ですが。

俺は、結構好きです。

もともと、この手のCGを駆使した近未来アクションSFに、唸らせられるストーリー展開を求めてないのでね(笑)

この映画の優れてる点は、アクションの見せ方だと思う。

全体的な印象として、非常に綺麗だった。
とにかく、主人公の女性が魅力的に見えるように、作られてる。

‘近未来’というキーワードで発想した時に、「2001年宇宙の旅」みたいな無機質な感じがベースになってるんじゃないかっていう安直さがあるのは、否めない。かもしれない。

とにかく、ストーリーやら何やらよりも、全体的な色彩とアクションシーンの綺麗さを、頭を空っぽにして観る分には、お薦め。

2009/10/17

キュージョン携帯ストラップを買ったよ

こんばんは、TSURUです。

さて、定期的にこのブログ読んで頂いている方は、薄々気付かれてるかもしれませんが。
ワタクシ、TSURUは、ちょっとだけ収集癖がありまする。
熱烈に集めるんじゃなくて、シリーズの中で、自分の趣味に合ったものだけを、何個か揃えるって感じの収集癖ですな。

そんでだ、今回は携帯ストラップの巻。

今までは、函館・ご当地QPの土方 歳三QPを付けてたんだけど、汚れが目立って来たんで、交換する事にした訳ね。(この何年か、ストラップは高確率で、ずっとQPを付けてる)
携帯ストラップをネットで探したのは、初めてだった。
楽天で探して、ストラップヤというところで購入。

149119199まず、映画「シザーハンズ」のエドワードQP。
シザーハンズは、19歳の頃に観て、それ以来、ジョニー・デップとティム・バートンが好きになった作品。

なかなか細かい仕上げです。

目の周りのくすみも再現されてるし、QP体型がこのコスチュームってのもギャップがあって気に入っとります。
今日届いたんで、早速、携帯に付けたわぃ。
解る人は、解ってくれるんじゃないかと、秘かに期待。

で、さらに、ど~~しても欲しくなった、もう一つ。それは・・・
149104836デビルマンQP。

緑色のQPって、凄いよね(笑)
このミスマッチ感が、最高に良いっす。

こどもの頃、好きだったアニメヒーローNo.1は、ダントツでデビルマンだった。
なんか、ちょっと哀愁がある感じ。
と、デザインが、やっぱ好きだったんだろうね。
あと、アニメの歌ね。
オープニングとエンディングのどっちの歌も、好きだったな~。
特にエンディングは、鉄塔(東京タワーみたいな所)の高い場所に、デビルマンが孤独に座ってて、街を見下ろしてるシーンをバックにね、マイナー調の曲がハマってた。

こっちは、ちょっと飾ります。

って事で、更にこの後、何個か追加で購入したのが、後日届くでしょう。
それはまた、アップしよっかな。
早速、今日の昼に、デビルマンQPを始め、何個かのキュージョン(キューピーとフュージョンの造語だそうです)を飾る用のコルクボードを100均ショップで買って来たりして(苦笑)

2009/10/14

たまに、筋トレ以外の運動を。

どうもTSURUです。こんばんは。

さてさて、丁度、昨年の今頃から怒涛のダイエットを開始して、2ヶ月ちょいで20kgの減量に成功した事を、鼻に掛けて自慢してる俺ですが。

まだまだリバウンドが怖いんでね、自宅にて、軽めの筋トレをほぼ毎日しとります。
十年ちょい太ってたんで、体が、その体型をまだ覚えてる感覚があるんだな。これが。

そんなこんなで、筋トレの他に、月に1~2回、仕事終わりにミニバレーに参加したりしてる at 中学校の体育館。

まだ太ってた頃に、いつもお世話になってるお客さんからのお誘いが、きっかけだったんだけど。

ってな事で、今日も汗を流して来ました。
精神的なデトックス効果もあり(笑)

筋トレとは、使う筋肉が違うし、気持ち良い汗がかける。

月に1~2回なんで、どっちかって言うと、気分転換効果の方が強いと思うんだけどね。
こうやって、俺の毒が抜けていってるんだな。きっと(笑)

2009/10/11

秋の夜長に、ちょいとドライブ

今夜は、久しぶりに一人、好きな音楽を聴きながら車を走らせて来た。

俺が住んでる旭川は、ちょいと隣町まで車を走らせて裏道に入るとね、
もう、大きい建物や民家も少なくなって、街灯りも無くなるのね。
っていうと、当然、晴れた夜は、星がすっごく綺麗だ。

晴れた冬の夜は、寒いけど空気も澄んでて、特に綺麗なんだけどね。

もう、ほんとに、凄いんだ。

旭川市内で見上げる星空とは、ホントに別モノでさ。
まじで、プラネタリウムみたい。
車除けに車止めてね、ちょっと見上げてると、違う気分になれる。

う~ん、綺麗だった。

2009/10/09

樋口 了一 「手紙 ~親愛なる子供たちへ~」

41gczj7vydl__sl500_aa240_ 以前、TV番組の「誰も知らない泣ける歌」で、久しぶりにこの人の名前を聞いた。

北海道在住のおいらは、今(かつて)、多くの都府県で再放送されて、大泉 洋の人気に火がついた番組「水曜どうでしょう」のエンディングテーマの歌手として知ってたんだけどさ。
(樋口 了一の名前を知ってる多くの道民が、そうなんじゃないかな??)

んで、久しぶりに耳にした樋口 了一の曲 「手紙 ~親愛なる子供たちへ~」には、心打たれた。

歌詩は、読み人知らず。
元の歌詞が、ポルトガル語で書かれていたチェーンメール。
それが彼の友人のところに届いて、それに感銘を受けた彼と友人が、詩を翻訳・加筆したものに曲を付けてるらしい。
(この点に関しては、道義的な問題で賛否両論もあるらしい)
そして、俺が、この場でこの曲をお薦めしたという事は、俺は賛成のスタンスをとったと言う事になるんだね。

良い曲だから世に出すべきだ。というのと、誰か知らない人が書いた詩を(例え、読み人知らずにしたとしても)、勝手に翻訳・加筆して世に出すという事は、発信する側の責任が果たされて無いという、大前提。
確かに、後者の方が、俺も大事だと思う。
でも、敢えて、紹介する事にした。
きっと、この歌で、自分を愛し育ててくれた人への大事な気持ちを一時忘れてる(俺のような)人間や、何よりも親の介護に疲れ切った多くの人達の気持ちが、少しだけでも救われるんじゃないかと思う。
そして、誰かの人生を救える歌ってのは、世の中にそうそうあるもんじゃぁ無い。
だから、敢えてね。


その問題の詩は、年老いた(アルツハイマーだと思われる)親が、こどもに対しての気持ちを綴ったように書かれてる。
親不孝な事ばっかしてる俺には、本当に胸に刺さる。



手紙 ~親愛なる子供たちへ~

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても

どうかそのままの私のことを理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても

あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても

その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい

あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は

いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ 消え去ってゆくように見える私の心へと

励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり

お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて

いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に

祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない

足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったら

あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように

よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい

あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど

私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい

きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように

私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと

あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ

愛する子供たちへ

2009/10/08

峠のレース。我が物顔で公道を走る中途半端なアホは、どんどん捕まれば良いよ。

下記、下線部分、本日のYahooニュースより抜粋。

集団で危険走行、男16人を逮捕
道交法違反容疑で滋賀県警

10月7日21時29分配信 京都新聞

改造車で集団による危険走行を行ったとして、滋賀県警交通指導課と彦根署などは7日までに、道交法違反(共同危険行為等の禁止)の疑いで、県内や岐阜、三重県の20~38歳の男計16人を逮捕し、捜査を終結した。
逮捕容疑は、6月6日午後11時から7日午前3時前ごろの間に、滋賀県多賀町大君ケ畑の国道306号の鞍掛峠で、改造車両を運転し、対向車線にはみ出すなどの危険走行を繰り返した疑い。

県警によると、鞍掛峠は県内有数の走行スポットで、口コミで広がり、週末にレースまがいの行為が行われていたという。
今春以降、住民らから通報があり、捜査員が特殊な機材を作って撮影、違反行為と容疑者の特定を行っていた。

時間帯がどうであれ、交通量がどうであれ、その道路は、勝手に彼らが‘レース’のように使用してる事と無関係な人間が、運転・通行する可能性があるでしょ。

そこで、100%自分の我がままの為に、他の人に被害(精神的なものも含む)を与えかねない、こういうアホどもは捕まって当然だわ。

本来、レースとは特権的な快楽を伴うものの筈で(勝手な俺の想像だけど、そんなに外れじゃ無いでしょ)、そこに参加する為には、それ相応の見えない階級が求められるべきものだ。と思う訳よ。

サーキットのような場所で走るのには、金もかかるしね。
その他の出費や求められる技術も、相当でしょう。
だからこそ、ごく一部の、ある意味で‘選ばれた人’しか出来ないものだし。
生産性の伴わないもの独特の、しかし本能に訴えかけられる快楽が、そこに生じる。はず。
そして、それは、安っぽい峠のレースとは、似て非なるもの。
どころか、真逆に位置するものだよね。きっと。

このアホどもは、自分達の中では、勘違いして快楽を追っているつもりだったのかもしれんが、実際は、快楽から一番遠い所で慰めあってるだけの、ゴミ野郎にしか思えんわ。
THE クズ。

自然なシチュエーションで、女性を口説けない男がさ、‘お見合いパブ’的なとこに、チープなお金を落としてるのを、自分の中で正当化する為に‘出会いを求めてる’なんて称してたりする事と、根底的な自分の誤魔化し方が似てる気がする。なんとなくね。

モータースポーツは、特権的なものだ。(俺は好きでもなんでも無いけど)
本当に好きなら、車のチューンだけじゃ無くて、そういう歴史から学びなさいな。
そしたら、こういう、安っぽい勘違いや、才能に対する侮辱をせずに済むようになるからさ。

もし、説得力の伴う反論があったら、聞いてみたいね(笑)
「そういう場所を作らない‘国’が悪い」とか、言うのかな??
だから、特権的なものなんだって書いてるんだけど^^

ま~、でも、こ~ゆ~馬鹿には、この文章の意味さえ解らないか!?あははは~ん。

などと、たまには、毒を吐いてみる(笑)

2009/10/04

SIONの「Naked Tracks2 ~鬼は外~」 最近のSIONはリリースラッシュだね。

さて、たぶん俺のブログの音楽記事で、最も登場回数の多いと思われるSION
前作「鏡雨」(’09,7/15発売)(の記事)に続いて、早くも新譜(’09,9/13発売!)です。

Si01gasi01sion0002_1「Naked Tracks2 ~鬼は外~」

最近のSIONは、たぶん、歌いたくて仕方無いのかな??

この「Naked Tracks」ってシリーズは、基本的にSIONが自宅で録音したもんで、シリーズ前作の「Naked Tracks ~光へ~」(の記事)もそうだったんだけど、新曲と、直近のアルバム(今回の場合は「鏡雨」、前シリーズは「住人 ~jyunin~」)の中から数曲を、アコースティックな印象のアレンジ(もしくはデモ)の宅録を収録してるのね。
オリジナルアルバムと併せて聴くと、2枚組の「STRANGE BUT TRUE」に近い印象かな(もう、解る人だけ、解って下さいな^^)

そんなこんなで、CDショップには売って無い、通販オンリーね。

収録曲の中には、仲の良かった故・川村 カオリに捧げたと思われる曲もある。

そういう意味でも、発売を急いだのかな?って思ってしまう程(あくまで、俺の個人的感想ね)に、今回はレコーディングから発売までの期間が短かった。

オリジナルアルバムに含まれて無い曲も、やっぱ良いんだよね。凄く。
って言うか、シリーズ前作「Naked Tracks ~光へ~」の収録曲「karan」や「Slide」は、かなり好きな曲なんだけどさ。
この次作で、今回の「Naked Tracks2 ~鬼は外~」の前作にあたる、オリジナルアルバム「鏡雨」で(紛らわしい説明だな)、新たにバンドアレンジで収録し直されててさ、逆輸入(!?)状態になったりしてたりもするんだな。

まぁ、とにかくさ、SIONが好きな人は、買った方が良いよねって作品な訳だね。

それにしても、19歳直前の時に、SIONの「春夏秋冬」(泉谷しげるのカバー「春夏秋冬」が入ってるアルバム)と「夜しか泳げない」を聴いて、惚れこんでね。
そのすぐ後に出た(俺が最も好きなアルバム)「」を聞いてたのは、19歳に成り立てん時。
今の俺は、あっという間に、36歳。

なんだか不思議なもんだね。
あの頃までの倍の時間を、生きて来たんだなぁ。なんて思うとさ。
全てが昨日の事のようにハッキリと思いだせそうなのにね。
でも、もう、遠い思い出になっててさ、思い出す頻度も鮮明さも・・・。
そんな事、当時は思った事も無かったもんな。
ずっと、いつまでも、そのままの状態で、自分の中にそのままの形で、在り続けるもんだと思ってた。

よく泣いてたあの娘は、幸せに生きてるだろか?
手を繋いで、神田川沿いを穏やかな気持ちで散歩した夜。
ただ吠える事しかできなかったあの頃の俺は・・・悲しい位に、何の力も無かったねぇ。
今はどうなのかな?何かあるのかな(笑)?。
まぁ、でも、ずっと必死にもがいてるのは・・・変わらんね。うん。


あいつらは、みんな元気にしてるだろうかな?


明日を、今日よりも良い日にする為に。
そして明後日は、明日よりも、更に良い日にする為に。
たまには、こんなノスタルジア。音楽の魔力やねぇ。

2009/10/03

今夜の月

091003_183601今、ふと、空を見上げたらね、今夜は特に月が綺麗だ。

煌々と、きらびやかに、そして静かに輝いてる。

まるで、恒星と見間違う位です。

明日は満月らしい。

なんか、ちょっとだけ、嬉しいねぇ。

そんじゃ、また。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30