« 「N・M・A」 元KATZEの中村 敦、高山 克彬を軸としたバンド。 | トップページ | BVONOの腕時計~ボーナスで、唯一のご褒美~の巻 »

2009/12/21

「愚息」 元KATZEの中村 敦と尾上 賢のバンド形式ユニット

さて、前回のN・M・Aの記事に引き続きKATZEの現在形についてね。
Voの中村 敦と、Grの尾上 賢が組んだバンド形式ユニット「愚息」。

Gusoku_1_apolloまずは、1stアルバム「APOLLO」。

このアルバムは、尾上がアコギを弾きまくって、その音の上で中村 敦が、これまた彼らしいメロディーと声で、思うがままに唄ってるって感じの曲が多い。
彼の野太い叫びは、鳥肌が立つね。

イメージ的には、KATZE解散後に中村が、元SHADY DOLLSの塚本 晃と組んだユニット「HEAVEN」の雰囲気が近いかも。

Eifuku_3そして、2ndアルバム「永福」。

これもやっぱ、前作の雰囲気を継承してるアルバム。
ただ、歪みをかけたGrの音がちょっと増えてるかな。

やっぱ、GrとVoのユニットって事で、N・M・Aのストレートなサウンドに比べると、使ってるコードなんかが複雑なんで、メロディーラインや雰囲気がちょっと洒落てる感じがするかな。
そんで、それに伴って、彼の叫びもちょっと減ってる。
「HEAVEN」の2ndアルバム「UNNATURAL GROOVER」に、音の雰囲気は近いかな。

1st、2ndアルバムともに、リズム楽器は、極力使われて無いのも特徴的。

Naked_songsそして、正式な3rdアルバム扱いにはなって無いんだけど、実際的にはそういうアルバム「NAKED SONGS」。

これは、一転してバンドサウンド。
N・M・Aに雰囲気が近い。

サウンドとメッセージが、直結して全面に出てくる感じ。
4曲目の「MONKEY」は、もう圧巻。
ただし、歌詞カードは同封されて無くて、サイトにて確認出来るってシステム。
あくまで‘聞いて’感じて欲しいのかな?などと想像してみるとね、それはそれで、彼らの意志が感じられる気もする。


かつて、ケツが青いガキだった俺に、生き方としてのRock'n'Rollを示してくれたKATZE。
あれから約20年経って、今の彼らが、今の俺に聞かせてくれるRock'n'Rollは、やっぱ熱くてカッコ良い。

俺は、センスやカンの良さを評価される事が、正直言って多いんだ。
でもね、それは実は、ちょっと違う。と、俺自身は思ってる。
裏で、考えて考えて考えて、自分を疑って・・・そして、そういう部分は、あまり人に見られたくない。
し、それなりに修練はしてるんだよ。やっぱね。
自分の価値観や軸を立てようと思って、それに挑む時にさ、必然的にセンスやカンもね、行動規範っていうかたちをとって、出てくるんだと思う。
だから、センスとかカンってのは、ある意味、価値観の表れだと思うんさ。
って事は、ルールが無い人間には、当然、センスもカンも感じられないんだと思う。

俺の軸は、Rock'n'Rollerで有り続けれるかどうか。この一言のみ。
そして、それを説明する言葉は、ホントは、何万語あっても足りゃぁしないって事なんだよね。

« 「N・M・A」 元KATZEの中村 敦、高山 克彬を軸としたバンド。 | トップページ | BVONOの腕時計~ボーナスで、唯一のご褒美~の巻 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/32680771

この記事へのトラックバック一覧です: 「愚息」 元KATZEの中村 敦と尾上 賢のバンド形式ユニット:

« 「N・M・A」 元KATZEの中村 敦、高山 克彬を軸としたバンド。 | トップページ | BVONOの腕時計~ボーナスで、唯一のご褒美~の巻 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30