« 冬用のコートと、スリムなパンツを買いました~の巻 | トップページ | かつて「KATZE」に多大な影響を受けて、音楽の道に踏み込んだんだよな~。 »

2009/12/09

伊坂 幸太郎 「フィッシュストーリー」 面白さと、他作品とのリンク満載のお得感。

510sd7p8evl__sl500_aa240_つい先日、好きな作家の伊坂 幸太郎(以前の伊坂作品記事その①その②その③)の文庫新刊「フィッシュストーリー」が発売されたんでね、早速購入、早速読了。

この本は、タイトル作を含む4つの短編集。
それぞれの短編は、別個のもので連作では無いんで、あしからず。

しかし、やはり、面白い。
大筋の展開が、途中からなんとなく想像つくのも2作品あるんだけど、やはり面白い。
この人は、作品のプロットの面白さと、登場人物の会話なんかの面白さ(名脚本家のようだ)のふたつの才能を、持ち合わせてる印象が強いな。

何作読んでも、飽きない作家さんです。

で、伊坂作品は、登場人物や背景のリンクが、ちょっと有名。

例えば、この短編集の内の2つに登場する“渋い泥棒・黒澤”は、「ラッシュライフ」でそれなりにちょくちょく出てくるし、「重力ピエロ」でもチョイ役で出てくる。
同じく、最初の短編「動物園のエンジン」に出てくる河原崎という人物の息子が、同じく「ラッシュライフ」にちょいちょい登場するし、そもそも、この「動物園のエンジン」の語り手である“私”は、「オーデュボンの祈り」の主人公・伊藤と大学の同窓生(知り合い)であったり・・・

ということもあって、この作品は、他作を読んだ後に読む方が、良いと思う。
リンクが他の作品に比べて、若干多いし。
勿論、これらのリンクは、あくまでも物語の進行に関係無いものとして出てくるんで、何かの意味合いを補強するものでは無いからね、知らなくても充分楽しめるよ。

ただ、リンクを知っていると、「この登場人物は、この後、あの作品でああいう体験をするんだなぁ」などと、変に懐かしい思いに捉われて、違う面白さも出てくるってとこかな。
ファンの人の個人サイトで、伊坂作品のリンクを網羅してるのがあった。

伊坂 幸太郎らしさが満載の読みやすい短編集。
他の作品と併せて、ぜひ、ご一読を・・・。

ちなみに、伊坂作品で映画化されてるもののうち、「アヒルと鴨のコインロッカー」、「重力ピエロ(の記事)」、「Sweet Rain 死神の精度」のどれも、結構面白かった。
でも、映画(DVD)を観る前に、原作を読む事をお薦めします。
やっぱ、映画は時間の関係上、作中の細かい出来事を省略せざるを得ないんでね。

« 冬用のコートと、スリムなパンツを買いました~の巻 | トップページ | かつて「KATZE」に多大な影響を受けて、音楽の道に踏み込んだんだよな~。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/32540282

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂 幸太郎 「フィッシュストーリー」 面白さと、他作品とのリンク満載のお得感。:

« 冬用のコートと、スリムなパンツを買いました~の巻 | トップページ | かつて「KATZE」に多大な影響を受けて、音楽の道に踏み込んだんだよな~。 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30