« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010/03/29

何となく、静かに呟き・・・。

元気かなぁ。

幸せに過ごしてるんだろうか。

お願いだから、幸せであって欲しい。 誰へのお願いか、解らんけど(笑)

何一つ、渡せなかったね。 うん。

ただ、ひと時、一緒に居れただけだもんね。

でも俺は、それさえが凄い事だと、今は思ってるんだけど。

少しは、交換出来たかな? どうだろうねぇ。

これで、良いんだよね?
って言うか、そう思えるようにする為に、もう何年も、十何年もね。やってきたからさ。

じゃないと、全部嘘になっちゃうし、それだけはヤだもんね。 うん。

あっという間だった。怖い位にね。

いつか、大きくなるからさ。って、言い続けて、思い続けてね。

今の俺を、ちょっとだけ見て貰いたい気もするけどね、それは叶わないし、その方がきっと良いのも知ってる。
でも、ちょっとだけ、もどかしくなる時もあるよね(笑)

なんて事を思える、そんな数少ない、今の俺を作ってくれたあの人達が、今この時も、どうか幸せでありますよう。

おやすみなさい。

2010/03/28

今年度末最後の土・日の徒然・・・

TSURUです。こんばんは。

基本的に土曜は、月に1日だけ仕事が休みで、他の土曜出勤日は昼12:00までが勤務時間。
ま、何だかんだで、13:00頃までは会社にいるんだけどね~。

昨日の土曜は、一回帰宅して、着替えて、軽く昼飯食って、Yシャツをクリーニングに出したりしてから、再出社して夕方まで事務仕事。
パソコンに張り付く仕事だったんで、コンタクトからメガネに代えて、作業してた。
今時期は、2年間で一番忙しい時期なんでね。

その後、2度目に帰宅してから、晩飯準備して食べたりし~の、でAM1:30までお勉強。
の後、入浴したり、TV見たり、パソコンイジッたりして、なんだかんだでAM3:30頃だったかな!?に、就寝。

今朝はAM10:00に起きて、お米パン、ベーコン・フランスパンとコーンスープの朝食。
の後、洗濯機回しながら、掃除&お勉強~。
で、また私服・メガネVer.で出社して、3時間位パソコン仕事。
この土・日の休日(時間外)出勤で、今週月~水は、だいぶ余裕を持って、軽やかに動ける♪

平日勤務時間中や残業中とかだとね、ど~してもユーザーさんからの電話や、ジコチュウ上司の無駄な動きetc...なんかでさ、集中してパソコン入力するような作業とかは、効率が落ちちゃうんだよねぇ。
休日の2時間が、平日の3時間半位な気がする。
な~の~で、土曜帰宅後と本日の休日出勤で、サクッと快適に仕事を終わらせて来たって訳ですな。
勿論、自分で勝手に休日(時間外)出勤してるから、金なんか貰えないよ♪
その代わりに、もっと大事な、自分の為に活かせる(かもしれない)時間を、自分自身で獲得出来る。ってな具合です。

営業マン5人の中で、年度末関係の特別上乗せ仕事を、イチ抜け~。スッキリ~♪♪
んで、今日は帰って来て、また勉強~。
の後、晩飯食って、こうやってブログ書いとります^^

さてさて、消化をするべく胃に行った血液も、そろそろ脳に戻って来る頃かな!?って事で、これからまた、もうちょっと勉強しますわ、と。

明確な目的と行動予定があるんでね、今の俺は、(自分の残業時間を消費する実作業とかに関しては)他人の遅い足並みに自分を合わせて、安心する。な~んて真似は、致しませ~ん♪

さっきも書いたけど、土・日の2時間が、平日の3時間半。
差額の1時間半は、有意義に。
勉強したり、友達と語らいながら楽しく酒飲んだり、魅力的な女性とデートしたり!?etc...能動的に使って、まずは自分自身に“時間”を提供します。

決して、遠回りがムダだと思ってる訳じゃないよ。
ただ、目的の無い時間の浪費は、明らかにムダだから。他に優先する事がある場合は、ね。

通常の仕事、2年の総決算の特別な仕事、自分の将来への投資としての勉強、自分がの~んびりと過ごす時間、仲間達との楽しくて刺激的な時間、色んな事や色んな人達からエネルギーを貰いながら楽しむ時間。
その全部が俺の中で溶け合って一つになってさ、自分の中の血管とかリンパ管とか、そういうもんの中を通って、細胞に染み込んでいくイメージなんだよな。

上手く言えないんだけど、自分自身の輪郭が、よりハッキリとして来てる感じ。
勿論、良い意味でだよ。

ほんじゃ~、また。

2010/03/27

筋肉少女帯 1st「仏陀L」と2nd「SISTER STRAWBERRY」の再発版を購入~。ピアノの三柴在籍時の筋少は、世界観が突き抜けてて、今聴いても凄いわん。

ども、TSURUです。
さて、以前にも、筋肉少女帯大槻 ケンヂの著書「リンダリンダラバーソール」を記事にした事があるんだけどね、改めて・・・。

61oyqtxph2l__sl500_aa300_再発売された、筋肉少女帯の

メジャー1stアルバム「仏陀L」(’88年)

と、

511qofvkmkl__sl500_aa300_2ndミニアルバムの「SISTER STRAWBERRY」(同’88年)

を、Amazonで買っちまいました。

音が良くなってるらしい。

筋少を初めて聴いたのは、今から約20年前。
高1ん時に、この2作を友達から借りて、テープにダビングしたのを、よく聴いてた。(テープって、時代を感じるねぇ^^)

その後、何枚かのベスト盤に、この頃の代表曲「釈迦」や「いくじなし」なんかは、バラバラに収録されてんだけどね。
再録Ver.だったり(微妙にニュアンスが違うんだよね。)、俺の好きな曲が一緒に収録されて無かったりで、やっぱオリジナルのアルバムは、結構欲しかったのね。

この2作品は、とにかく、三柴 理(筋少再結成前の大槻のバンド「特撮」や、SOFT BALLET解散後のVo.遠藤の「ends」にも、参加してる。)のピアノが、凄い!
大槻 ケンヂの内省的でオタクな世界観を、数段上の表現に昇華させてるもんねぇ。

元祖!高木ブー伝説とかで、知名度が上がり始めてた時の筋少は、編成がツインギターになってて、初期に比べるとね、プログレ的な要素は残しつつもハードロック色が濃くなってる。
その頃の筋少も好きなんだけどね。

でも、この2作品は、大槻の唄も桁違いに物凄く下手でね(っていうか、このバンドに関しては、そういう視点で評価すべき‘在り方’では無いんだよね)、でも勢いとか迫力とかが半端じゃ無い。(音楽の良さを表現するのに、安易にこの言葉を使うのは好きじゃ無いんだけどね。)

稚拙で安っぽい大槻の唄(っていうか朗読とか叫びと言った方が、適切かも)から、とめどなく溢れてる切実さは、‘既成の枠組み’から大きくはみ出しててさ、この頃のこの人でしか出せない‘スレて無い、卑屈さの爆発’だと思う。

そして、バックの超絶テクニック。
そんなんが、絶妙のバランスでブレンドされてて、キワモノ感がドバドバと出てます。

2010/03/26

香水。ジバンシーの「π」 ポスト「ロシャスマン」として、購入~♪

こんばんは、TSURUです。

さて、秋~冬の仕事時の香水は、ロシャスマン(の記事)を愛用しております。
が、もうそろそろ底を突きそう。
しか~し、ロシャスマンは、残念な事に、現在生産中止。
前回購入時も、楽天でも売ってる店は少なかったのね。

それと、香水は、時間が経ってからのアルコール成分の変質による香りの変化が怖いんで、今回は、ポスト「ロシャスマン」って事で、初挑戦の香水を買ってみた。

条件は・・・今の、ロシャスマンと同じなんだけど。
・仕事用に使うんで、持続性がある事。且つ、‘夜’じゃ無くて、‘昼’の印象があるもの。
・秋~冬用なんで、甘い香りである事。
・持続性にちょっと欠けるブルガリ・ブラック(秋~冬:プライベートで使用)みたいな甘さがありつつ、(使い分けする意味で)スパイシーさが控えめな事。

で、色々、調べたりした結果、choiceしたのが、
Img10395255271これ。

ジバンシーの「π」(パイ)。

今のところ、当たり!

甘さの傾向は、ロシャスマンやブルガリ・ブラックと違うけど(ロシャスマンとブルガリ・ブラックも全然違うけどね。)、良いです。
ヴァニラです。
甘いです。

トップ:バジル
ミドル:ナインニードル
ラスト:インフィニウム
です。

今回は、試しだったんで、30mlを買ったんだけどね。
次は、も少し量が多いのを買おっと。

ってな訳で、ロシャスマンの後釜は、これに決定っぽいね♪

今現在、おいらの香水は、

春~夏(仕事用):ブルガリ・エクストリームアリュールオム・エディションブランシュ(に変更予定)、たまにラルフ・ローレンのロマンス
春~夏(プライベート):エゴイストプラチナム(の記事)
秋~冬(仕事用):ロシャスマンπ
秋~冬(プライベート):ブルガリ・ブラック
ルームフレグランス(主に寝具):ブルガリ・エクストリーム

って感じに、どうやら落ち着いてきた模様。

2010/03/25

久々に、ガラスペンダントを購入~。

以前に、ガラスペンダントを購入してから、約1年。

ひさびさに、ガラスペンダントを買いました。

Img56489401今回は、ちょっと小ぶりな逸品。

直径、1.3cm。

いつもは、結構存在感のある、シルバー製やガラス製ペンダントを着けてるんだけどね。

たま~に、シンプルでちょっと控えめに、且つ、自分の好みをしっかりと織り込んで、まとめたい時に良いかな、と。

¥2,800+送料。
ガラス製アクセは、クオリティが良くて、安い!

三日月みたいなイメージで、気に入ってます♪

2010/03/24

神聖かまってちゃん 「友だちを殺してまで」 ~切実な‘表現の必要性’が潜む、虐げられてる(イメージね)人が、爆発するRock'n'Roll!~の巻

先週の会社帰り、家に着いてカーステからCDを取りだした瞬間に、FMからとある曲の最後のサビの後半が流れて来て、それが何だか強烈だった。

演奏も唄も決して上手い訳じゃ無くて、やたらポップな曲調の上に、か細い声がガンガン叫んでてさ、そのバランスがね、何だか強烈に心に残る曲だった。
作り手の切実さが、ビシビシ伝わって来たのね。

「きっと、この人(達)は、音楽(表現)が無いと、世の中との距離が上手く取れない人種なんじゃないだろか!?」って、瞬間に感じちゃう切迫感と、曲のポップさの反比例のバランス。
全体的に危ういイメージなんだけど、アウトローな感じのそれとは全然違って、あくまでもコード進行とかは、メジャー進行をベースに明るく進んでいく。

しかも、鳴り続けてるピアノのリフが、全然特別じゃ無いんだけど、曲と相まると綺麗で切なくてね。

次の日、起きてすぐ、そのFM曲のホームページでON AIRリストで調べてみると・・・
アーティスト名が、神聖かまってちゃんで、曲のタイトルが「ロックンロールは鳴り止まないっ」。
間違いない。・・・歌詞で、ロックンロールは鳴り止まないって言ってた・・・。
なんじゃ?このバンド名・・・。
でも、そんなん関係無い。とにかく、頭から離れないのと、もっとこの曲聴きたいわって感情に支配されて、Amazonで調べてみたらば、既にアルバムが発売中。
俺の気に入った曲も収録されてる。

で、買ったアルバムのタイトルは・・・・
61uqhybeb3l__sl500_aa240_友だちを殺してまで

凄げぇ・・・な。

ダントツで、1曲目の「ロックンロールは鳴り止まないっ」が、やっぱ良い!

万人受けはしないと思うし、音楽の完成度の稚拙さを笑う人・認めない人もいると思う。

俺も、基本的に、‘人前で表現する人の責任として’、ある一定以上の技術の伴った表現力の必要性は、感じてる。
でもね、それ以上に必要不可欠な、‘表現せざるを得ない、本人にとっての切実さ’が、ここまで溢れてたら、それはそれで、これで良いと思わざるを得ない。

集団に溶け込め無い疎外感を根底に、後ろ向きなエネルギーを、ポップに且つ切実に表現出来る才能。
それは、今、現在のRock'n'Roll。
紛れも無い、Rock'n'Roll。

きっと、彼は音楽を通してじゃないと、外部と関われ無いんじゃないか って、思えて仕方無い。
し、かつて俺がバンドで歌ってた時、そうでありたかった。
そういう圧倒的な孤独感と不器用さに、どこか憧れてた。
それを、どう表現するかっていう音楽性のベクトルは、全然違ったけどね。

神聖かまってちゃん。要注意!

2010/03/23

EVISUの眼鏡、出来上っがり~。 凄んげ~気に入ってる!

10日前の記事にも書いたんだけど、眼鏡を買いましたん。

買い替えたんじゃ無くて、単純に、増やしたのね。

今までは、100%家用のホントに普通~な眼鏡と、1年チョイ前に買った、プライベート外出時でコンタクトしない時用の「925KNIGHT」の眼鏡(の記事)の2本を使ってた。
まぁ、実質、ファッション的には「925KNIGHT」の1本のみ。って勘定だぁね。

さてさて、PCの前に何時間も張り付く事が予想される仕事ん時とかは、やっぱコンタクトは眼が乾くんでね、‘たま~に仕事でかける眼鏡があっても良いな。’って思って行った眼鏡屋さんで、結局買ったのは・・・

100322_142701完全に、プライベート用(笑)
(各写真は、クリックでアップになりマス。)
一見、普通なんだけどね・・・

100322_142502←横から見ると、こ~んな感じ。

実は、ジーンズ・メーカー「EVISU」の眼鏡でね、太いツルにEVISUのロゴが、で~っかく入っちゃってる訳ですな。
ジーンズのメーカーに、全く拘りの無い俺としては、「EVISU」のであろうが無かろうが、そんなんはどうでも良くてさ^^
むしろ、このロゴは、邪魔な位なんだけど。(←おいおい。)

100322_142503何せ、このデザインというか、フォルムというか、に惹かれた。
←上から。
とにかく、立体的というか多面的で、縦・横の他に、はっきりとした斜めの面が多い。

100322_142501それと、レンズの端が、フレームから独立してる感じのデザイン。

同年代の人に、解り易く例えるとね。
ウルトラセブンの変身アイテム「ウルトラ・アイ」のような感じなのっすわ。

100322_142801アップにすると、解り易い。かな!?

あと、店長さんのアドバイスで、レンズに色(アイスグレー:15%だった筈、20%かも)を入れました。
写真だと解り難いんだけど、かけたら一目瞭然で、色が入ってるんが解る。けど、濃すぎ無い感じのバランス。
明らかに、「買った感」じゃなく「作った感」がして、良い!

最初、「色、タダで入れてあげるよ。」って言われた時は、「え~、別にイイっすよ(要らないの方のイイね)。」って言ってたんだけどね。
試しに、フレームをかけて、その上に見本の色レンズを当ててみたら、「あっ!結構良い!」って事で、色々アドバイスを貰って、アイスグレー:15%(20%?)にしましたん。
「925KNIGHT」に続いてプライベート用2本目だったんで、‘色を入れる’事で使い分けをハッキリ出来るようになるってのが、良かった。
しかも、デザインもこっちの方が遊んでるんで、色を入れて結果オーライだったね。

「925KNIGHT」も同じ眼鏡屋さんで買ってるんで(丁度この時、店にかけて行ってたし)、こういう時に「使い分け」とか、俺の好み(どの点を気にしてかけるか、なんかも含めて)も知ってくれてると、ざっくばらんに相談し易くて良いね^^

100322_142403価格は、基本レンズ込みで、¥21,000。
なんだけど、俺の視力だと、レンズが厚くなっちゃってね^^

レンズの端がフレームから出てるこのデザインだと、少し薄めにしないとさ、せっかくのフレームのカッコ良いフォルムが活き無いんで、2段階薄めの高いレンズ、且つ、撥水加工(これは925KNIGHTもなんだけど、レンズを拭いた時の手触りとか汚れの落ち具合・付き具合も、全然違う!)をして貰った。
その分の料金加算が入って、そこから割り引いて貰って、結局、税込3万円!也~。

100322_142401かなりしっかりしてるケースも、勿論、付いてマス。

3万円の出費だったけど、それ以上に大満足な買い物でした♪

100322_142402

因みに、EVISUは今後、眼鏡製造をしないらしいんで、今出回ってる商品のみだそうな。

旭川の個人店の小さな眼鏡屋さんなんだけどさ、2代目店長さんは俺よりちょっとだけ年上でね。
925KNIGHTといい、EVISUといい、大手チェーン店では買えないどころか、ネットでもあんまり出回って無い商品を、取り扱ってる。

実は、今通ってる近所の床屋さんが、商工会のブログを書いてて(この床屋さんも眼鏡をそこで買ってて、結構オシャレなのをしてる)、その床屋さんと、この眼鏡店の店長さんが(学生の頃の)同級生(当然、同じ地域の商工会仲間)だった事から、「あそこの眼鏡屋さん、結構レアでカッコ良いデザインのも置いてるよ~。」って教えてくれたのが、始まりだった。

徒歩1分の場所に、こういうお店があってさ、お気に入り眼鏡を2本も手に入れれたのは、「波長が呼ぶ‘出会い’」だったと、思ってる^^
外観も普通で、時計とか眼鏡とかをちょっと置いてる、地域の眼鏡屋さん。なんだけど、お店との良い出会いでした♪

2010/03/22

東京事変 「スポーツ」 ~椎名 林檎の歌詞は、やっぱ凄いね~の巻

こんにちは、TSURUです。
デビュー当時から椎名 林檎は好きでね、かつて記事も書いてんだけど(の記事①記事②)ね。

51dxp3hzccl__sl500_aa240_今回は、東京事変のニューアルバム「スポーツ」を購入。

東京事変は、椎名 林檎の作曲が少ない(作詞は、殆ど林檎さんだけどね)のと、1stアルバムが“あんまり琴線に触れ無かった”んで、以降は、何となく買って無かったのね。

やっぱ、どこか、BGMのように流れて行く気がする。
改めて林檎さんの唄を聴いてみると、少し優しくなってるんじゃないかって思った。
巻き舌とか、声色の使い方とか、少なくなっている気がする。
きっと、自分の自然な歌い方、とか、表現したい事とか変わったのかな!?
まぁ、もう、お母さんだしね。随分前からだけど^^

でも一方で、歌詞は、とてつも無い。
ただ聴いてるだけじゃ解んなかったんだけどさ、改めて歌詞カード読んだら・・・これは、もう、文学な感じだね。
そんで、それは‘狙った’感じじゃ無くてさ、ただただ、彼女自身の深みが進化してるイメージを受けた。

相変わらず、(歌詞っていう性質上、音としての聞こえ方を意識する部分も多いと思うんで)意味が解んない部分とかもイッパイあるんだけどさ、でもトータルで目に飛び込んで来た時の迫力っていうか、切実さみたいなのは、何か解んないけど凄ぇって感じたな。

なかなかです。これ。

2010/03/21

DVD 「クロスロード」を買っちゃった。 やっぱ、これは、ギタリスト必見の映画だねん。

513hpvj09l__sl500_aa240_以前にも記事にした事のある映画「クロスロード」

またまた観たくなって、Amazonで調べたら、DVDが¥1,386!
これは、買うべし!って事で、買っちゃった。

公開が、’87年なんで、もう23年前の映画なんだね。
俺が初めて観たのは高1ん時だから、きっと公開から3年後ぐらいだと思う。

なんだかんだで、この映画は4~5回位観てるんだけど、ホント良いねぇ。
バンドやギターが好きな人には、ぜひ観て貰いたい1本!

以前の記事にも書いたけど、演奏シーンが凄く自然。
音楽関係の映画は、役者さんが楽器を弾けるかどうかで、肝心なシーンのカッコ良さが、全然変わっちゃうと思うんだけどさ。

この映画は、スティーブ・ヴァイも出てたりして、面白い(笑)し、カッコ良いよん。

俺は、特別、ブルース好きって訳じゃ無くてね。どっちかって言うとCDで音楽聴く時は、殆どブルースは聞かんのさ。
(それをブルースと位置付けるなら、SION(邦楽)だけだな、聴くのは。)
でも、この映画を観ながら耳に入って来るブルースは、何故か凄くカッコ良く聞こえる。
やっぱ、映像と音楽の融合した力は・・・凄いね。

もう、公開から23年経ってるけど、音楽のジャンルがブルースって事もあると思うんだけど、全く古びて無い(ブルース自体が、古きアメリカ南部の歌っていうイメージがあるからね)。

時代や音楽の流行に関係無く、いつまでも観れる映画だと思うよ。

2010/03/18

それが、必要ならば

こんばんは、TSURUです。

読む人の感じ方によっては、かな~り恥ずかしい文章を。

え~とね、俺の夢を叶える為に必要なのであれば、ちっぽけな集団の先頭を、歩きます。って事を、ウン十日前に、決意した。
っていうか、覚悟した。

言葉に、正確に変換出来るか、まだ解らないけど、とりあえず書いておく。

ただ、バンドで世に出る事を望んでいたあん時と違うのは、
・楽しむ為に、それを始める。
・心の底から孤独にならない。
もっと良く自分を探ったら、まだまだ言葉は出てくるのかもしれないけどね。とりあえず、はね。


与えられることだけを求め(て、そこでクダラナイ感情を垂れ流すだけにな)るのは、完全に止めた。
とりあえずは、今の環境で、やる。(もう、とっくにやり始めてるんだけどね^^)
徹底的に、明るく、軽やかに、そして密かに、やる。 粘り強さは、失わない。
そして、(前にも書いたんだけど:の記事)、やりながら、牙を研ぎます。

少なくとも、俺が在籍する環境は、自分の歓びを他人に還元できる場所にしたい。
それを創る為に、先頭を歩く事が必要なら、とことん歩いてやりましょう。
その先頭は、一人じゃ無くても良い。
一緒に歩いてくれるヤツ、少し後ろを歩いてくれるヤツ、同じ覚悟を持ちながら違う道を並走してるヤツ、の全てを仲間にしたい。
「後ろを歩く人を、馬鹿だって思う勘違い」は、完っ全に、無くなった。
その人達は、還元する対象の人達だった。

そして、今の環境で、それが必要とされないなら、必要とされる環境に行く。し、俺は行ける背景(血の資格)も持ってる。
くだらないプライドで、それを拒否するのも、もう辞めた。
叶えるのに必要なら、ガンガン使う。
但し!なるべくなら、今の環境で、クレバーに立ち回りながら、ここで継続して行く。し、だから、簡単には諦めない。
って事は、他人の所為にしない。
最近、自分が多くの他者と比べて、極端にヒトの所為にしないヤツなんだってのが、改めて確認出来てる。
かと言って、自分の所為にし過ぎて、自傷するタイプでも無い。

独りよがりじゃない孤独と、色んな人達との沢山の些細な関わりを持って、行くわ。

ゆっくりと、ね。

まずは、その為に必要(だと思われる)な経験をすべく、2年間望み続けた「ある意味では、下積みからのやりなおし」の異動が叶ったところなんでね。
一から、やってくる。
こういうところで、近道を選ばんのも、俺の賢さ(の一つ)だと思うし(自画自賛!)。
まぁ、でも、もの凄く苦労するだろね^^
下手したら、埋もれちゃうかもしれんしさ(笑)
でも、そん時に、この記事を見返して、諸々忘れないようにするわ。

また、自分を篩にかける日々。もう、それは始まってんだな。

これが楽しくてしょうがない。

「美の旅人 スペイン編Ⅱ」 伊集院 静  面白かった。

51xcklavl__sl500_aa240_「美の旅人 スペイン編Ⅱ」 伊集院 静:著

ふと、本屋さんで見つけた1冊。
伊集院 静の本を読んだ事も、正直言って、興味も無かったんだけど(笑)
買った理由は、ただ一つ!

それは、この本がサルバドール・ダリの作品・人生に関するものだったから なのですな。

ダリは、ダリ展に行ったり(の記事)作品のフィギュア買ったり(の記事)、かなり興味を惹かれる画家なのデス。

著者が、スペインを旅しながら出会った、ダリの作品・故郷の風景・奥さんとの関係etc...(の写真もカラーで掲載)から、ダリの人物像の根底を探るみたいな感じです。

その視点・視線は、流石、作家さん!って感心させられちゃう部分が、多々あったな。

面白かった。

2010/03/13

充実の土曜AM。 時計の調整&眼鏡を購入~。

今日は、月に1回の土曜休。
普通に朝起きて、昨日届いた時計(の記事)と、いつも仕事用にしてる時計の、ベルトを詰めて貰うべく、近所の時計・眼鏡店さんにGO!

去年の年明けに眼鏡を作って貰った(925KNIGHTの記事)お店で、旭川の個人店さん。
だがしか~し、なかなか拘りの品揃えをされててね、数が多い訳では無いんだけど、俺のように「あまり流通してない、ちょいと個性のあるモノ」が大好きな奴には、うってつけなモノがチョイチョイ置かれておりまする。

って訳で(どないな訳?)、ここに時計のベルト詰めに行くって事は、眼鏡を買っちまう(かも知れない)事を、想定しての訪問なのだな。

そもそも、↑のリンク先の去年買った眼鏡は、「仕事ん時につけれる、ワンポイントのある眼鏡」を買おうと思って行ったんだけどね、結局、一目惚れ&購入したのは、ど~見てもプライベート用(笑)だった訳です。

そこで、今回こそは! こ洒落た仕事用(普段はコンタクトなのです)で、良い感じなのが、もしあれば・・・って事で・・・買っちゃった訳やね。

さてさて、どんなんを買ったのかは、およそ1週間後に記事をアップしますよ、と。

その後、ちょい年上の店主さんと、1時間位楽しい雑談に花が咲いて、買い物を楽しんだのかエネルギーの交換を楽しんだのか、定かでは無い状態で帰宅^^

そして、勉強!

の合間のブログ。

そして、これからまた勉強!

夜は・・・ど~しよっかな??

2010/03/12

LED腕時計を購入~。

またもや、腕時計を買いましたTSURUです。こんばんは。

といっても、本体価格3千円弱(送料が\1,000程)のオモチャみたいな、遊んでる時計です。

Bl001115なんか、鉄仮面みたいで、良いなと思って(笑)

ボタンを押すと、その(月日)時間に該当する数字部分が、LEDで光るって感じの奴です。

一見の見た目では、そんなに安っぽく見え無いんだけど、触ったら感触で、安ものだとバレます^^ ベルト部分がプラモみたいな手触り(笑)

Manato_bl00110_2

とにかく軽い。

まぁ、でもね、ちょっとした面白さが良いでしょ。

見た目では、解らんし♪

Bl001117他に、←こういうデザインがあります。

俺のは、右下のヤツね。

レザーパンツの上に、前ボタンの(割とキッチリした)シャツを着る時なんかにね、一点だけ外す場合用に使おうと思ってます。

追記:翌日、これ着けて出かけたんだけどね、特別なアピールは一切しなかったんだけど、スグに気付かれて評判が良かった。
うん、買って良かった^^

2010/03/07

ダンス体感。~やっぱ、リズムは意志を増幅させるね~の巻

「KATZE」・「N★M★A」・「愚息」の記事をアップしてから、キーワード検索でこのブログに来て頂いてる方が、急増してる。
未だに、根強いファンが多いんだね、やっぱ。
かくいう俺も、その1人なんだけどさ。

人間1人の力は、ホントちっぽけなもんだと思うけど、それと別の領域で無限性があるってのは、こういうところでも気付かされるね。
もう、KATZEが解散してから、約20年になる。しかも、凄く有名なバンドだった訳でも無い。
なかなか、他に類を見ないね。こういうバンド。

あと、富良野塾関係のキーワードでお越し頂いてる方も、結構いらっしゃるようで。

さてさて、今日は、お取引先の看護師さんが振付(勿論、ダンスでの出演も)をしてるライブ(こっちの表現の方が、俺としてはしっくりくるな)に行って来た。
お誘い頂いて、即答で「行きます。」と言ったのは、ここ最近の俺にとっては、当り前の話でね。
演劇・美術・バンド・(魅力的な人達との)酒&飯etc...とにかく、誰か(何か)が良質なエネルギーを出す場(もしくは、その可能性の匂いがする場)は、最高のご馳走ですから。

(出演されてる方の大半がおそらく)アマチュア(それで飯を食っていないという意味でね)のライブではあったんだけど、2時間強がアッという間だった。ホントに。
ゲストで、他のチームも出演してて、それぞれの特色っていうかカラーの違いも見れて面白かったし。

そんでね、やっぱ、各チームの核となってる人はさ、もう見ただけで圧倒的にすぐ解るね。凄かったわ。
体の残し方とか、力を抜きながらも指先までしっかりコントロールしてる感じとかさ、体の各所を結ぶラインが見えるかのようだった。
「外から見た自分の形」のイメージと、実際の表現がJUST一致してる感じなのかな(つまり表現者として必要不可欠な自己の中の客観性みたいなね)。
無重力みたいだったもんなぁ。
なんか、ホントに、音の中で泳いでるみたいなさ。
ノッてるんでは無くて、泳いでるっていう差、ね。
他の人も、勿論上手いんだけど「リズムにのる」っていうのと「音の中で泳ぐ」の差は、受ける感動もまた一味違うね。
勿論、振付をしてる人達が、そういう核の人なんだろうから、「曲に対する振りの解釈」も一段深いんだろうしね。
だからこそ、泳げるのかな!?
富良野GROUPの「谷は眠っていた」でも、似た事を感じたし。“重力”ね。

そして、大音量のリズムと、重力から解き放たれようと汗を流していたダンサーさん達の熱量は、俺の意志の上澄みを増幅させてくれた。気がする。
ステージで表現してる姿は、みなさん綺麗でした。
努力(才能)に裏付けされた正当なる(的を外れていない)自信は、美しさを伴うのねぇ。
そういうのってシンプルで、良いよね。邪なモノが入ってくる余地が無いしさ♪
やっぱり観に行って、大正解だった。
最近(って、ここ2年位ずっと)、俺、恵まれ過ぎてるなぁ。

あっ、ちなみに、昨日作った豚の角煮は、今日まず半分食べてみたんだけどさ。
マジで美味かった~~!イェ~イ!!

では、また。

2010/03/06

豚の角煮 ~5時間煮込んだ!なんまら柔い。大成功~の巻

はい、TSURUです。こんばんは~。

100306_210501今日は、豚の角煮を作った。
角煮は好きなんで、たまに作ります。

我が家には、圧力鍋が無いんで、普通の鍋で煮込んだんだけどさ。
さっき、一切れ食ってみたら、なんまら柔い。
今までで、一番の出来じゃ!!

写真は、地味だけどね(笑)

ちなみに、普通だと「凄く柔らかい」って書くとこなんだけど。
「凄く」では、伝えきれない位の満足度だったんで、比較的最近の北海道弁「なまら」(初めて聞いた&使ったのは25年位前だった気がする。)の、更に強力版「なんまら」を使わせて頂きましたん。
つまり、心の叫びです^^(他に、叫ぶ事が無いのか!?俺。)

そして今回は、「柔らかい」よりも「柔い」が、JUSTな感じ。
5時間、超弱火で煮込んだ甲斐があったってもんですわ。

2010/03/02

今さらなんだけど。

この上ない嬉しさが、心の贅肉を落としてくれる感じがする。

(ほんの束の間でも、それがタダの気紛れかもしれなくても)誰かに受け入れられるって事は、やっぱ、特別な事だと思う。

それは、救いっていうか、(自分が存在する事が)許されてるように思えるから。かも。

その誰かってのが、自分にとって嬉しい存在であればあるほど。

そんな感動を、ふと感じたりする。

おかげさまで、また、精神的にスリムになれたかもしれない。

ありがとう。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30