« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/29

今日の晩飯~。

100628_210001

メインは、鶏肉のとろうまオニオンソース。

焼き目を付けた後に、蓋をして蒸し焼き後、すりおろした玉葱と醤油・みりんで煮込む感じ。
なので、色は茶色一色なんだけどね(笑)
柔らかくて、美味い♪
これは、以前にネット上のレシピで見つけた一品。
本日で、2回目~。

100628_210201後は、焼きネギのマリネと、豆腐の大葉和え。

これは、「男子ごはん(1)」の本を見て、作った。
サブのメニューの中で、簡単なメニューをチョイスしました。

ネギは、昨日のネギ炒飯(の記事)の残りがあったんでね。

明日は、生姜焼き丼かな♪(面倒臭くなったら、レトルトカレーに変更するけどね^^)

2010/06/28

ドライブの行き帰りの景色。

こんばんは、TSURUです。

つい今しがた、ちょっとした1人のショートドライブから帰宅。

100628_001401ドライブん時は、うちのスグ近くの陸橋を通るんだけど、なんか好きだ。

旭川の外れの方なんでね、夜は、ホントに空いてる。
(勿論、写真を撮るにあたって、車を邪魔にならない所に停めて、歩いてこのポイントまで来て撮ってます。)

夕焼けや月明かりと一緒で、光の輪郭まで撮れないのが残念なんだけど、実際はもっとオレンジに感じる。

車が走って無いこういう(街灯がズラッと並んでる)道ってさ、滑走路を走ってるような感覚になって、何かちょっと嬉しいんだよね。

2010/06/27

今夜の飯 「チンジャオ・ロースー」と「ネギ炒飯」

ども、こんばんは。TSURUです。

昨日は、お客さんに送別会をやって頂き、AM2:00頃まで飲んだり、歌ったり。
の後に、久しぶりに(1ヶ月ちょいぶりに)いつもの飲み屋さんへ。
で、いつもの如く、常連仲間やママさんと話し込んで、店を出たのはAM5:00^^
昨日は、馬鹿騒ぎするんじゃ~なくて、話し込んで楽しませて頂きました。
にしても、どんだけ楽しんどるねん。俺。

って事で、さすがに今日は昼12:00に起・・床・・・。
かな~り、ぼんやりした後に、カルボナーラを食って家事に勤(いそ)しむ。と。

で、夕方。
料理の本を買いに出かけて、「男子ごはん」の本etc...の料理本を4冊(!)購入して来やしたん。
料理本を買ったのは、生まれて初めてっす。

更に!5千円の買い物で景品抽選会の抽選が1回引けるってのをやっててね。
俺の買い物額(本代)が、丁度¥5,000也。
お姉さんに「(券1枚なので)1回勝負ですね~。頑張って下さい。」などと言われつつ、ガラガラを回したら・・・何か色付いてる玉が、コロン。
って出て来た瞬間、「カランカラン♪おめでとうございま~す♪」という、結末。
お姉さんも、1回でいきなり色付きの玉が出て来たんで、「え~!!」などと、ビックリしながら「おめでとうございま~す。凄いですね^^」って言われてる俺は、“鳩が豆鉄砲くらった”ようなキョトン顔。

とりあえず、景品の中から「お菓子詰め合わせ」を選んで(かなり入ってました)、会社へGO!
当番で出社してた社員に、そのまま差し入れっていう流れです(笑)
休みの日は、月1~2位で、当番の子達に差し入れしてるんだけどね。
今日は、いつもと違うパターンでの差し入れになった経緯などを説明しつつ談笑しながら、料理本のレシピを眺めて、今夜の晩飯を「チンジャオ・ロースー」と「ネギ炒飯」に決定~&帰り道に食材のお買いもの♪

で、ご飯を炊いてる間に勉強をして、終わってからクッキングの開始~~。

100627_210601←完成品が、こちらです(写真はクリックで、拡大)。

「男子ごはん(1)」の「中華定食」のページを見て、作りました。

炒飯は、桜エビが入ってます♪
炒飯は、いつも冷ご飯で作るんだけどね、今日はレシピに従ってあったかいゴハンを投入&強火じゃ無く中火で、炒める時間を長めに。
のお陰かどうかは解らないけど、今までで一番パラパラに出来上がりました♪

チンジャオ・ロースーを、レトルトタイプじゃなくて、最初から作ったのは初めてです。
タケノコ(水煮)とか、オイスターソースとか、生しいたけや桜エビなんかを、自分が料理する為に買った事なんか無かったね~、今まで。

生姜やニンニクのみじん切りが、やたらと上達しそうで恐い(笑)
因みに、野菜や肉の下ごしらえ(切り方から)の仕方の本も買って来た。
今まで、かなり我流だった部分が有った事に、改めて気付かされたねぇ^^

今後の日曜は、料理の記事が増えそうな気がする^^

2010/06/20

「空気人形」 ~綺麗な映像と、孤独と束の間の温かさと儚さ 綺麗なバランスだった~の巻

久しぶりにDVDをレンタルしてきた。
「かいじゅうたちのいるところ」と「空気人形」の2作。

で、今日の記事は「空気人形」についてね。

31qwoo49ewl__sl500_aa300_ある日、空気で膨らます人形が心を持ったら・・・な~んて、ありがちな題材なんだけどさ。

そもそも、この映画をレンタルしたのは、他の映画(DVD)の予告編か何かで観たのが決め手だった。
主役の女優さんが本当に人形っぽい顔をしていたのと、その透明感にビックリして、興味を持ってたんだよね~。

映像が綺麗なのと、時間が淡々と気持ち良く流れて行く。
考え過ぎると、‘深さの裏読みのしすぎ’になっちゃいがちな映画だと思うんで、あまり考えないで観た方が面白いかもしれない。

東京(かどうかは解らないけど)のちょっとひなびた下町が、凄く綺麗に感じます。

俺は、好きです。この映画。

2010/06/17

「しょうが無い」とは、俺は言わない。

明らかな問題点が解っていて、それが‘歪み’として存在する時。
現実を伴わない理想論だけを振りかざすのは、下策過ぎるし、そんな事しか言えないんなら、さい銭箱に金入れた方がマシだ。

でもね、だからと言って、「しょうが無い」で終わらせるのは、(実年齢に関係なく)枯れた老人だし、「自分は大丈夫」だから言える人のセリフだ。
だから俺は、(そういう問題に関して)「しょうが無い。」で処理したくない。し、しない。

俺にとって「自分は大丈夫(安全)。」な事もね。
俺の目指す「自分の喜びを還元できる環境」にとって、「しょうが無い」こそが、忌み嫌うものだからさ~。
確かに、ある。「しょうが無い事」はね。
でも、「しょうが無い」と解っていても、その一言で片付け無い姿勢こそが、色々な事を生む。
精神論じゃ~無くて、現実の効果として、ね。
だから、言わない。「しょうが無い」とは。
「しょうが無い」と認識したうえで、それに向かって真っ当に、そして戦略的に、更に軽やかに挑んでこそ(つまり、結果を変える事を具体的にイメージしてこそ)、他人に対して説得力が出る。

・「しょうが無い」から「何もしない」
・「しょうが無い」けど、だからこそ「何かをする」
その後の行動を、選択するのは、あくまで自身。
前者は、「しょうが無い」所為にしてる事すら気付いていないし、気付かないように意識的かつ無意識に巧妙に眼を背けている。
そして、そこから生まれるのは、‘倦み’だ。
その‘倦み’は、強力な感染力・増殖力を持つウィルスのように、あっという間に広がって抵抗力の弱い人間から、発症させていく。

冗談じゃ無ぇっての。

悲壮感も、過剰な熱も、表面的なものなんざぁ要らない。
軽やかなステップを踏むように動きながら、自分の中で誰よりも熱が発生してれば、それで良い。
‘これ見よがし’にすると、かえって人が離れちゃうからね。

だから、いつだって、誰にだって、真顔や笑顔で、言ってやるのです。
最近の俺の口癖。

「例え、即効性の有る具体的な解決策が無いとしても、俺は、しょうが無いとは言いたくないし、言わない。」
「今、俺が出来る事を、やる。色んな人の力を借りながらね^^」

いつだって、シンプルなものは美しい。と、信じてね。

褒められて嬉しいポイント 香水

Img10395056966以前にも記事にしたんだけど、この時期(春~夏)の香水は、仕事ん時は「アリュールオム エディションブランシュ」を着けてる(の記事)。

今日、会社のお若い女性にかけて貰った言葉で嬉しかったのが、
「TSURUさん、凄く良い匂いですけど(香水)何使ってるんですか?」だった♪
俺:「ん?アリュールオムのね、エディションブランシュ♪」
女性:「アリュールの?・・・・何?○△■?$%#????」
俺:「シャネルのアリュールオムの、エディションブランシュっていうヤツだよ~。」
女性:「へぇ~、いや、香水って色んなのあるじゃないですか。TSURUさんの(着けてるのは)嫌みが無い凄く良い匂いですよねぇ。素敵です。ついつい、クンクン匂い嗅いじゃうんですよ~(笑) 何か、ワタシ、変態チックですか(笑)??」
俺:「いやいや、素直に嬉しいよ^^ありがと♪」

いや~、こ~れは嬉しいよね^^
(この子は、褒め上手な才能があるな。見習おう^^)

はい、ここまで読んで、「何だ、おいおい、自慢か!?この。」って思った人も多いでしょうが。
THAT'S RIGHT!! 自慢です!

で、だ。
例えば・・・
・生き生きしてますよね。
・カッコ良いですよね。
・仕事出来ますよね。
・頭良いですよね。
・優しいですよね。
・服とか時計のチョイスが良い(オシャレ)ですよね。
etc...
まぁ、色んな褒め言葉があるんだろうけどさ、俺の場合は、センスとか感覚的な事を褒められるのが一番嬉しいね。

まず、今日の場合の大前提として。
・俺は、この子に関して、“所謂‘お勉強’は出来ない(嫌いだ)けど、本能的な感覚が鋭い”という点に於いて、一目を置いている。
・その子自身の、ファッション(カラー)センスなんかを、「能力として」信頼している。
っていうのが、ある。

つまり、この子に、このポイントを褒められた時に、素直に嬉しいと感じれる相手だったって事だね。


例えば、「仕事出来ますよね。」とか「頭良いですよね。」って褒められたとして、「明らかに、凄く頭の良い人や、尋常じゃ無い位に仕事が出来る人」に、それを褒められるなら嬉しいけどね、たぶんそういう人って、そういう褒め方をしないような気がするんだよな
この手の事(仕事とか)は、褒められる事じゃ無くてさ、「勝手に周知の事実になる」事だから、「周りにとっても、本人にとっても当り前の事」で・・・って事は、褒めて改めて確認する必要性が薄いし、その前に、(能力に関して)信頼されて、現実的に頼られるてるし、自分の言葉に人が耳を傾ける姿勢で、そもそも最初から示されてる。
し、褒める側にも、前述のような「褒める対象から見られた時に、その点に於いて評価されてる」っていう前提が必要になる訳だからね。
だから、頭の良い人は、きっと他人に「頭が良いですね。」とは、褒めないよね。きっと。って事。(もしくは、無意識・意識的を問わず、下に見てるか(明らかに関係性に上下がある。)あるいは、逆の意味を込めてるか^^)

まぁ、そんなこんなでさ。
香水とか、私服、プライベートの時計なんかを褒められたり、「モテるでしょ?」って素直な感じで言われたり、漠然と「何か、良いよね。」って自然に褒められるのが、俺は好きだねぇ。

2010/06/13

北海道 初夏の夕焼け

今日の旭川は、最高気温29℃。
暑かった~。

って、これで暑いの?な~んて思われる方も多いかも知れないけど^^
生粋の蝦夷っ子のオイラは、例えば本州のような暑さ・湿気には耐えられない体に出来上がってしまっているに違いない(笑)きっと。

100613_185201そんでもって、北海道旭川市の今日の18:52の夕焼け。
(写真はクリックでデカくなりまっす。)
本当は、写真よりももっと、周りの空気はオレンジ色だった。

我が家には、ダイレクトに西日が入って来る部屋があってね、
こういう時は、部屋全部がオレンジ色に染まってさ、どこかモダン的で、且つ郷愁的な絶妙な感じになるんで、凄く好きだ。

日曜の18:00~19:00頃。
開けた窓から入って来る、ご近所さんが茶碗を並べたりしてる生活の音や、犬や雀が何かを喋ってたりする声や、車が通り過ぎる音や、そんなこんななBGMと一緒にね、ゆったりとオレンジ色の時間が流れて行くんだな。

この窓から見る夕焼けも、あと1ヶ月とちょっと。
夏から住む生まれ故郷、函館の夕焼けは、空一面、見渡す限りが鮮やかな橙色に染まる。
綺麗な夕焼けが見える部屋に当たると良いなぁ。などと、ふと、思ふ。

サザエさん症候群なんて、現在の俺には無縁な言葉だね~。

まだまだ、今日も終わらない。
これからどうやって、過ごそっかね~♪

2010/06/09

THAT'S 温故知新。

昔から好きな四字熟語「温故知新」。
(別に、四字熟語が好きな訳じゃ~無い。四字熟語の中で好きのは?って聞かれたとしたら、思い浮かぶもの・・・っていう位ね)

~故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る~
・過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解をひらくこと。

今、まさに、この言葉がしっくりくる。
今この時に、これからの20年を作る俺らだからこそ、ね。

先週の金曜、友達と呑んで語った。
もう、これからは、俺達の時代だ。みんな本気だよ。

今の時代の閉塞感を感じ取れない“外部に向けて、通用する言語で説明出来ない、古い世代(同世代だろうが、俺より若かろうが、実年齢は本当は関係無い)”は、知識と経験を控えめに残して、道を譲るべきだ。
あんた達が、バリバリやり始めた年代に、もう俺達はなっている。
「出しゃばりたい」と「任せられない」を、すり替えるんじゃ~無いよっての。って事ね。
これは、愚痴じゃ無い。
意志。
より良くする為の、具体的な景色を伴った意志だよ。
30年先に生きてるかどうか解らない人より、30年先に50~60代の俺らの方が、切実だし、危機感もリアルだ。
これは普通の事だし、俺らよりお若い人達も、今後俺らに対して同じ事を思う筈だ。
その時に、自分自身にそれを突きつけれないアンフェアなジジイでいたくない って事よ。

一番肝心な具体的な目的の景色を持たないで、ビジョンを伴わない手法・対策だけを磨いて、大して意味の無いものを時間をかけて調整しながら、“何かをやってる雰囲気”だけを味わって(とりあえずそれでも前に進めて来た所為で)、楽に悦に浸れた時代は、もう、と~っくに終わっている
し、そこに何も無い事を、俺よりも更に若い奴らは(本能的に)もっと感じてるだろ。

30年先をつくる、俺より若い世代に語り掛けれるのは、今まさに、この時代にこの年代である俺達の言葉だからこそだし、だからこそ効率的に届く筈だよ(俺らが、本気でそれに臨んでいるのならね)。
そして、彼らは、彼らの言葉を獲得していくでしょ。

とにかく、やり続ける。
もっともっとクレバーに、俊敏に、水面下で動いて、スタンダードを変える。絶対に。
って言うか、もう既に変わって来てるから、過去の遺物が目立つようになってきてるんでしょ!?
仲間はいる。
そして、もっともっと、増やす。
年上だろうが、年下だろうが、関係無い。
徹底的に、意志を持ちながら、そして楽しみながら。
途中参加だろうが、一時参加だろうが、様子見だろうが、ぜ~んぶ歓迎ザマス。

日和見の連中さえ取り込む、“その集団に入りたくなるスタンダード”。
そして、そういうスタンダードは、“そのスタンダードに入りたくない者”を、決して拒否せずに、それを計算に入れて活かせるカタチのものであるべきだ。

じゃなきゃ~、今までのクソみたいなんと、全く同じになっちゃうからね。

それは、“本質的な反抗”がベースにありつつ、馬鹿みたいに繊細な俺だからこそ、出来る種類のものだ。
本質的な反抗は、ろ過すると、正当な努力と批判じゃ無い反省が残る。
(因みに、薄っぺらな反抗をろ過して残るのは、甘えと生産性の無い精神的浪費etc...でしょう。)
出来ない訳は、無い。絶対に出来る。
だって、もう既に、それが今の日本社会の中で少数派で数が圧倒的に少なかろうがさ、出来てる先人達だっているんだから(それこそ、今、50~60代以上の年齢の人達でね)。

again・・・

それは、“本質的な反抗”がベースにありつつ、馬鹿みたいに繊細な俺だからこそ、出来る種類のものだ。

っつー訳で、温故知新とは、Rock'n'Rollな熟語なのだよ。

2010/06/08

2個目のBVONOの腕時計

はい、こんばんは。
ちょっとした収集癖のある、TSURUです。

新しく買った腕時計が到着~。

プライベート用は、3月にも買ったんだけどね(の記事)(時計は8個持ってるけど、服装との組み合わせを考えて、全部、ちゃんと使ってマス。)
今回は、9年間使った仕事ん時用の時計が、あまりにも地味なのと、今現在の自分にそぐわない感じがしてたのと・・・って事で、買い替えな訳ですわ。

B550822で、選んだんが、BVONOの腕時計。
←これです。
自動巻きで¥9,000なんで、妙~に安いよね(笑)

9年間使ってた、買い替え対象の時計の文字盤が白だったんでね、(仕事用は、もう1個黒い文字盤のを持ってるので)新しいのも似たような色のヤツを探しました。
でも、真っ白は嫌だったんで、アイボリーです。

J0508ivo01唯一の弱点は、強いて言えば、日付表示が付いていない事なんだけど・・・サン&ムーンのデザイン(昼間は太陽→夕方は星→夜は月の絵が出るヤツね:時計文字盤の右上部分)のが欲しかったんで、そちらを優先。

俺の場合は、日付は無くても、そんなに困らんから^^
手帳とか携帯電話持って歩いてるしね。

BVONOの腕時計は、似たデザインのをプライベート用で既に1つ持ってるんで(の記事)、雰囲気が想像し易かったってのも、購入理由の一つだったりする。
Img56491199←因みに、これが、それ。
これも自動巻き。

さ~てと、次回は半年先の話なんだけどさ、冬のボーナスが出たら「Ritmo Ratino(リトモラティーノ)」の5~6万円の時計をプライベート用で追加しようと計画中。

Dt240_3シルバーのペンダントとかも‘そう’なんだけどさ、
太陽 とか

Dt241月とかのデザイン好っきやね~、俺。

2つとも、大のお気に入りのペンダントなんですわ。

2010/06/04

楽しかった“お口の運動”

Fi2350135_0eTSURUです、どうも。

‘お口の運動’の時間は、楽しくあっという間でした。
不思議なご縁っていうのは、本当にあるもんですねぇ。

それは、“本来のそれぞれの生活では、出会う筈が無い”のに、“何かの加減で、「偶然」よりも低い確率の事態が起きて出会い、にも関わらずそこに「必然性」さえ感じられる”から なのかも知れん・・・などと、思ったりもする。

きっと、これは、正当に楽しく生きている事に対しての、天からのギフトだな。うん。
などと、自分に都合の良い解釈をして、自分自身の日々を楽しく盛り上げるのが、俺は好きです。

そんでもって更に、そういう考えは、強ち間違いでは無い。とも、思ってる。
(天からのギフト~と、自分自身を盛り上げる為の(他人に迷惑のかからない)解釈~の両方がね)

ちょっとした事なのかもしれないけど、刺激的でもある。
世の中は、面白い!

明日は(っていうか、正確には、日付が変わってしまっているので今日だけど)、仲間と酒を酌み交わす予定♪
明日も、きっと、楽しくなるぜ~。

改めて、当り前の事なんだけど・・・
楽しく(充実という意味でね)生きるには、絶対に、意志とそれにそぐう行動が必要不可欠だ。
そして、それを自分の言葉として獲得出来ている人は、意外に凄く少なくて、にも関わらず、結構出会えたり(引き寄せ合ったり)する不思議さも伴う。

最近の寝る前の香り 「レルム メン」

Img10395124443最近、お気に入りの香水「レルム メン」。

俺は、ハッキリと甘めの香りの香水を好む傾向にあるんで、ちょっと違うのを着けたくなる時がある。

そういう時、仕事ん時はラルフ・ローレンの「ロマンス」

家では「レルム メン」を着けてます。

もともと、家で着けようと思って買った訳じゃないんだけどね。
この香水は、使い方が難しい感じがするのよ。

ちょっと、おっさんっぽい感じがするんだけど・・・良い香り。って感じなんだな。

だから、着ける人のスタイル(外観っていう意味でだけじゃ無く)や、ファッションとの組み合わせによっては、「香水としての機能と逆の働きをする恐れがある」のね。

と言う訳で、家でしか着けられないな・・・という判断です^^

2010/06/02

結局、集めちゃってるのね、とほほ。

はい、TSURUです。
以前、カラーBOXの上とかのちょっとしたスペースを埋めてるフィギュアを記事にした事があったんだけどね。

結局、増えちゃってんのね。
つっても、自然発生してる訳では無いんで、俺が買ってるんだな。

100601_232501居間に置いてるのは・・・。
(各写真はクリックで拡大出来まする。)

①ギターコレクション

②キカイダー、キカイダー01&バイク、ハカイダー・・・の後ろに、ひっそりとデビルマン

③νガンダム、ガンダム、ガンキャノン、シャア専用リックドム、グフカスタム、シャア専用ズゴッグ、シャア専用ゲルググ、百式

④仮面ライダー1号&2号、V3、ライダーマン、仮面ライダー1号&サイクロン号、アマゾン&バイク

100601_232601_2寝室には、
①ナイトメア・ビフォークリスマスのジャック・スケリントン、デビルマン(Big Wing Ver)とシレーヌ

②ロビンマスクとウォーズマン

の下に・・・
100601_232701③サウザー、レイ(白髪Ver.)、シン、南斗最後の将(ユリア仮面Ver)、レイ、ジュウザ、シュウ
(ホントはユダも欲しいんだけど、商品化されてないんで南斗六星が揃いまへん。)

100601_232801そして・・・

jojoシリーズね。

全ては、これが始まりだったのです。

やはり、ジャンプ全盛期世代。

高校時代は、花京院の髪型を真似しようと必死でございました(笑)

100601_233601アブドゥル、マジシャンズ・レッド、

ポルナレフ、シルバー・チャリオッツ

100601_233602ハイエロファント・グリーン、花京院、

スタープラチナ(青版)、承太郎

100601_233603ディオ、ザ・ワールド(白版)、

仗助、クレイジー・ダイヤモンド

ってな感じで、スペースを埋める為に始まったものが、何よりもスペースをとるモノに変わってしまった・・・。

THE 本末転倒。 THE ミイラ取りがミイラに。
俺の子供っぽさと、収集癖はこういうところに出ますねぇ~。

引っ越し前に、荷物を増やしてど~すんだってのってね。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30