« 2個目のBVONOの腕時計 | トップページ | 北海道 初夏の夕焼け »

2010/06/09

THAT'S 温故知新。

昔から好きな四字熟語「温故知新」。
(別に、四字熟語が好きな訳じゃ~無い。四字熟語の中で好きのは?って聞かれたとしたら、思い浮かぶもの・・・っていう位ね)

~故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る~
・過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解をひらくこと。

今、まさに、この言葉がしっくりくる。
今この時に、これからの20年を作る俺らだからこそ、ね。

先週の金曜、友達と呑んで語った。
もう、これからは、俺達の時代だ。みんな本気だよ。

今の時代の閉塞感を感じ取れない“外部に向けて、通用する言語で説明出来ない、古い世代(同世代だろうが、俺より若かろうが、実年齢は本当は関係無い)”は、知識と経験を控えめに残して、道を譲るべきだ。
あんた達が、バリバリやり始めた年代に、もう俺達はなっている。
「出しゃばりたい」と「任せられない」を、すり替えるんじゃ~無いよっての。って事ね。
これは、愚痴じゃ無い。
意志。
より良くする為の、具体的な景色を伴った意志だよ。
30年先に生きてるかどうか解らない人より、30年先に50~60代の俺らの方が、切実だし、危機感もリアルだ。
これは普通の事だし、俺らよりお若い人達も、今後俺らに対して同じ事を思う筈だ。
その時に、自分自身にそれを突きつけれないアンフェアなジジイでいたくない って事よ。

一番肝心な具体的な目的の景色を持たないで、ビジョンを伴わない手法・対策だけを磨いて、大して意味の無いものを時間をかけて調整しながら、“何かをやってる雰囲気”だけを味わって(とりあえずそれでも前に進めて来た所為で)、楽に悦に浸れた時代は、もう、と~っくに終わっている
し、そこに何も無い事を、俺よりも更に若い奴らは(本能的に)もっと感じてるだろ。

30年先をつくる、俺より若い世代に語り掛けれるのは、今まさに、この時代にこの年代である俺達の言葉だからこそだし、だからこそ効率的に届く筈だよ(俺らが、本気でそれに臨んでいるのならね)。
そして、彼らは、彼らの言葉を獲得していくでしょ。

とにかく、やり続ける。
もっともっとクレバーに、俊敏に、水面下で動いて、スタンダードを変える。絶対に。
って言うか、もう既に変わって来てるから、過去の遺物が目立つようになってきてるんでしょ!?
仲間はいる。
そして、もっともっと、増やす。
年上だろうが、年下だろうが、関係無い。
徹底的に、意志を持ちながら、そして楽しみながら。
途中参加だろうが、一時参加だろうが、様子見だろうが、ぜ~んぶ歓迎ザマス。

日和見の連中さえ取り込む、“その集団に入りたくなるスタンダード”。
そして、そういうスタンダードは、“そのスタンダードに入りたくない者”を、決して拒否せずに、それを計算に入れて活かせるカタチのものであるべきだ。

じゃなきゃ~、今までのクソみたいなんと、全く同じになっちゃうからね。

それは、“本質的な反抗”がベースにありつつ、馬鹿みたいに繊細な俺だからこそ、出来る種類のものだ。
本質的な反抗は、ろ過すると、正当な努力と批判じゃ無い反省が残る。
(因みに、薄っぺらな反抗をろ過して残るのは、甘えと生産性の無い精神的浪費etc...でしょう。)
出来ない訳は、無い。絶対に出来る。
だって、もう既に、それが今の日本社会の中で少数派で数が圧倒的に少なかろうがさ、出来てる先人達だっているんだから(それこそ、今、50~60代以上の年齢の人達でね)。

again・・・

それは、“本質的な反抗”がベースにありつつ、馬鹿みたいに繊細な俺だからこそ、出来る種類のものだ。

っつー訳で、温故知新とは、Rock'n'Rollな熟語なのだよ。

« 2個目のBVONOの腕時計 | トップページ | 北海道 初夏の夕焼け »

我想う故に我在り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/35150674

この記事へのトラックバック一覧です: THAT'S 温故知新。:

« 2個目のBVONOの腕時計 | トップページ | 北海道 初夏の夕焼け »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30