« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/30

函館も、残暑です^^

あー、どもども、TSURUです。

この1週間は、引き継ぎの為に、旭川に出張しとりました♪

個人的な送別会を1つ(引っ越し前の送別会ラッシュがあまりにも凄かったんで、今回の出張時に持ち越して頂いていたのです^^)と、歓送迎会を1つをやって頂きました。

もう、異動してから1ヶ月経ったんで、正直言って不思議な感覚だったな。

何て言うか、「卒業した学校に、1ヶ月ぶりに行った感じ」なんだと思う。
先生の顔ぶれも、教室やらも変わってないんだけど、確実に自分にとっては‘今’では無いっていう感覚ね。

そんでもって、俺の場合はさ、旭川にいた時に「作りたかった環境」が、まさに今の函館で行われてるのでね。
今の俺自身が望んでいる場所が、今いる場所。っていう恵まれてる一致感がある。
だから、尚更、自分にとって‘良い意味で、過去の場所’な感じが、強かった気がする。

旭川に1ヶ月ぶりに行って、相変わらず、色々な嬉しい言葉を貰ったけど。
でもね。
たかだかちっぽけな個人にね、何かを(無意識に)依存しなければ、俺らより更に若い人達が、「全く必要では無い種類の」ストレスを抱えてしまう環境ってのは、凄く不自然だし、今そこに在籍している中心メンバーが機能していないって事の、証だ。

俺が、そこに在籍していたうちは、牽引する覚悟もエネルギーも、戦略も、そこそこにはあったつもりだけどさ。
でも、その場所には、俺はもういないんだな。
俺自身にとってじゃあ無くて、彼らにとってね。

誰かが、やらなくちゃならない事を、そろそろ覚悟しなきゃいけないんだよ。
それをするのは、一人じゃ無くたって良いんだし、分業したって良いんだから。
自分より頑張っている人に向かって、「頑張って下さい。」とは、軽々しく言えないでしょ!?よっぽど鈍くない限り。

皆が俺に、頑張って下さい。ってあんまり言えなかった(たぶん、みんなにとっては、無意識だど思うけど)のはね、たぶんきっと、そういう事なんだと思うよ。
だから、違う表現の送りの言葉が出て来たんじゃない?

頑張んなさい!
正に、今が、道の分かれ目。
そして、誰だって、その連続なんだよ。

俺が伝えたい事は、最後の最後まで、言葉だったり態度だったりで、全身全霊で旭川のみんなに(個別にだったり、皆が一緒の時だったり、色んな伝え方を考えながら)伝えたよん。
そして、それが少しでも伝わってくれたからこそ、今の俺がある。みんなのお陰でね。
でも、今度は、旭川のみんながそれをやる番だ。

もし何年か経って、俺がそこに戻るような事があった時に、お互いの成長の歩幅にあまりにも開きがあったらね(ベクトルの向きじゃ無くて、大きさに。って事ね)、それは、悲しい結末になるんだよ。
旭川を出る前にも、俺の転勤が発表されてから、ずっと言ってた事だけどさ。
だから・・・とにかく、頑張んなさい。
一生懸命になってみなさい。

って、帰ってきたら、函館はびっくりする位に残暑が厳しい(汗)
そんな一週間でした♪

2010/08/19

SIONの新譜ラッシュ!「Naked Tracks3~今日が昨日の繰り返しでも~」と「I GET REQUESTS~SION with Bun Matsuda~」 アコースティックな2枚!

はい、こんばんは~。TSURUです。

(もう何度も記事にしてる)俺の大好きなアーティスト、SIONが’85年に自主制作版の「新宿の片隅から」をリリースしてから25周年!(メジャーデビューは翌’86年)って事で、今年は精力的に動くようだね。

で、まずは、SIONが宅録してるシリーズのアルバム。
Si01gasi01sion0003_1Naked Tracks3~今日が昨日の繰り返しでも~

このシリーズの前2作は、既発表曲の‘(アコースティック色の濃い)宅録’アレンジと、次作のアルバムにラインナップされるような未発表曲の、同じく‘(アコースティック色の濃い)宅録’アレンジを混ぜたような曲目になってたんだけど。

今回は、Naked Tracks2に続いての、メジャーアルバムを挟まない発売だったんで、全曲新曲になってる(筈)。

あ、ちなみに、このNaked Tracksのシリーズは、ネットorライブ会場とかでしか買えない筈です。

今回も良いです。
もう、言う事無いんだよなぁ(記事にし過ぎて^^)。

さらに、ネットのファン投票の結果の1位~10位までを、そのままの曲順で、盟友 松田 文(Gr)のアコギに乗せてセルフカバーしたアルバムが今月の頭にタワーレコード(orタワーレコード・オンライン)で発売中。

0b372526それが、「I GET REQUESTS~SION with Bun Matsuda~

01 俺の声
02 通報されるくらいに
03 12号室
04 コンクリート・リバー
05 砂の城
06 がんばれがんばれ
07 12月
08 SORRY BABY
09 街は今日も雨さ
10 マイナスを脱ぎ捨てる

なんと、10曲中4曲が、1stアルバムからランクインしてる!という・・・。
他にも、たっくさん良い曲はあるんだけど。
俺も含め、息の長いファンが付いてるねぇ。(因みに俺は、’92年にSIONを知って以来なんで、18年だね。)

このアルバムは、アコギと唄がメイン。
トラックの使用数も、ホントに最小限。

SIONの、あったかくて、激しくて、少し悲しくて、そして(前に進め為の)優しさが詰まった2枚!

2010/08/16

Paul Smith(ポールスミス)の財布を購入~~♪

どもども、TSURUです。

この5~6年、COACHの財布をずっと愛用してました(同じ物を、使い続けてたって事ね)。
ま、もうそろそろ買い替えしても良いかな・・・って事でね。

今回は、ポールスミスの財布が欲しい!っていうのが、先だった。
でも、あの特徴的な縞柄は、ちょっと目立ち過ぎててね。
‘いかにも・・・’な感じなんで、俺の好みとしても、営業っていう仕事柄にしても、何れにせよ外したい。

ってな訳で選んだのが・・・

Acxa1033w219_1コレでございます。
2010年の新作で、トカゲ革らしいですわ。

模様が一点一点違います。
いつも通りネットショッピングだったんで、届くまでちょっとドキドキでした^^
ちなみに、オイラのは、もう少し黒の割合が多いです♪

カラフルな縞柄では無くて、Paul Smithのロゴが、ちょっとだけ主張してる感じが、特にお気に入り~。

Acxa1033w219_2中は、パープルのストライプ。

そう云えばこの1~2年、紫のモノを身に着ける(選ぶ)のが、結構増えて来た気がする。

いや~、大満足です♪

Img57017137ついでに、DIESELのハット(夏用)も購入しました。

黒の下地に黒のペイントです。

ちょっとだけROCKテイストな感じで、気に入りました。

プライベート用の眼鏡925KNIGHTEVISUの記事)との相性も考えて買って、思惑通りに行きました♪
こっちは、5,000円弱。

自分の中だけの気分的な事なんだけどね、財布を新しくするのとかってさ、ちょっと楽しいよね^^

2010/08/15

やっぱ生まれ故郷だから、特別なんかな!?

こんばんは、TSURUっす。

昨日から今日にかけて、親父の方の墓参りに行って来ました~。
北海道の内陸の方向です。
さすがに転勤して3週間って事もあってね、かなり疲れが溜まってるんで、今回は親父のマイレージを使わせて貰って、飛行機でビュ~ンと。
函館~札幌間は、飛行機だと、ものの40分なんだな♪
ご先祖さんパワーを貰って参りましたん。

さてさて、函館に越して来て3週間。
ふと感じるのが、‘空気が合う感’。
的確に言葉にするのが難しいんだけどね。

何て言うか、‘街全体から出てる雰囲気’と‘自分のリズム’が、合致する感じなのね。
あくまでも‘街’であって、‘そこに住んでいる人達’では無い。
なぜなら、‘人’については、たかだか3週間では、何とも判断出来無いし、
それをたかだか数週間で判断しちゃうような軽薄さが、俺は嫌いだしね(笑)

ただ、現時点では、凄く良い。感じがする。
こっちに来る前には、全然予想してなかったんだけどさ。
思いの外、‘生まれ故郷に帰って来た’っていう‘感じ’が、凄いんだな。

俺は4~5歳位から28歳まで札幌で育ってるんでね、函館にいた期間は3~4年なんだけどさ。
それでも、毎年夏休みには函館に来てたし、それなりに思い出の場所もある。

この‘なんだか合う感じ’が、生まれ故郷だから・・・なのかどうか、が、イマイチ解らんのだけど。
とりあえず解ってるのは、“意識的に、そう思おうとしてる訳じゃあ無い”って事ね。
そういう面では、自分自身に対して、物凄く客観的だし、フェアでありたいと常々思ってるからさ。
にも関わらず、‘何か帰って来た感じ’を強く感じるんだよなぁ。

当然、生まれ故郷って、一つだけでしょ。
やっぱ、特別なのかねぇ!?
明らかに感じるのは、‘浜気質’っていうものは、間違いなく存在する。

ちなみに、俺は、オフクロが函館出身で、親父が山の町出身の‘浜と山のハーフ’です(笑)
で、生まれてから数年住んでたのが函館で、北海道の中では一番都会の札幌で育った。

たぶん、そういう意味では、俺の中の浜気質は薄いんだと思うけどね^^
ず~っと浜に住んでる人と比べると明らかに、‘距離感が近過ぎるべったりな付き合い方’を敬遠するところが有るしさ。
でも、どこかに、違う浜気質の特徴が、残っているんだとも思うんだな。

などと、思ったりしてる今日この頃でした♪

椿屋四重奏「孤独のカンパネラを鳴らせ」 ~前作より‘らしく’、更にカッコ良くなったメジャー3rdアルバム!!~の巻

さてさて、以前にも何度か記事にしてる椿屋四重奏のメジャー3rdアルバムで、ござります。

61dhvsxjtul__sl500_aa300_その名も、「孤独のカンパネラを鳴らせ

安達 祐実が一人二役をやってた昼ドラ「娼婦と淑女」の主題歌「いばらのみち」も収録されとります。

相変わらず、かなりカッコ良いです。

インディーズ時代からの作品を含めて、この人達のアルバムには、所謂「ハズレ」が無い。
これは、凄い事だと思う。

しかも、どの作品もこの人達らしいサウンドで、且つ、アルバムの個性がハッキリしてるように感じるのが、また凄い!

今作は、前作の「CARNIVAL」よりも、本来の彼等らしい‘暗さ’と‘色気’に磨きがかかってる。
前作は、明るいイメージが強くて、それでも、椿屋四重奏らしいっていう絶妙さだったんだけどね。


ただし、暗いといっても、あくまでも‘陰’があるっていう意味なんでね、曲調(テンポやアレンジ)は、良い意味でバラバラで、それでいてアルバムを通して聴いた時のイメージは、統一されています。見事に。

あとは、ギターが歌の裏で、結構細かいリフを弾きまくってる感じが強いかな。
勿論、ちゃんと良い感じにミキシングされてるんで、邪魔にはなってません。

大人の色気が漂う、Rock'n'Roll。
お薦めっ!!

2010/08/08

冷やし坦々麺を作った。~今年の北海道は暑過ぎる・・・~の巻

こんにちは、TSURUです。

もう、一体、どーなってんでしょうか・・・。
今年は、北海道も、北海道なりに猛暑です。

って事で、今日の昼飯は、冷やし坦々麺を作りました♪
いつもの通り、男子ごはんのレシピ本を見てね。

練りゴマ、すりゴマ、豆板醤なんかは、初めて使ったよ。

100808_141301で、出来上がりは、コチラ。
(例によって、写真はクリックでデカくなります。)

美味い!
コクがあるのにあっさりしてて、生姜・ニンニクも良い感じで効いてる!
冷たいスープと麺の上に、あったかい挽肉なんかの具を乗っけて・・・いや~、マジで美味かった!!

坦々麺なんて・・・自分で作れるもんなんだねぇ^^

2010/08/04

MASHの3rdアルバム「若者」 ~見つけた!この人の唄は良い!言葉を大事にしている。~の巻

TV番組「モヤモヤさま~ず」のエンディング・テーマで使われている「MASH」って人(邦楽)の“BOB MARLEYのポスター”って曲が、なんだか良くてね。
気になってたんでAmazonで調べてみたらば、試聴が出来たんで聴いてみたところ、他の曲も凄く良い!!
なので、3rdアルバム「若者」と、2ndアルバム「ボロボロのスニーカーとFREEDOM」を買いました♪

61c4slyjsl__sl500_aa300_で、今日はとりあえず、「若者」についての記事。

って訳で、存在さえも初めて知ったんだけど、もう結構知ってる人もいるんだと思う「MASH」。
wikipediaで調べてみたら、色んな曲が、TV番組やら何やらで使われてた。
一応、くくりとしてはヒップ・ホップになるらしんだけどさ、全くそんな印象は受けない。

ギター抱えて唄うシンガー・ソングライターが、たまたま打ち込みのトラックに乗っけて歌ってるって感じかな。
意外に、生音(なまおと)も使ってるしね。

ヒップホップらしくないってのは、無理矢理、韻を踏んでない。ってのも、理由としてあると思う。
それは、凄く歌詞を伝えたいって事を大事にしてるから のように感じる。

叙情的で、それでいて、凄くストレート。
ただガムシャラに真っ直ぐなんじゃぁ無くて、色々揺らいだ結果として、真っ直ぐである事を選択したようなね、そういう説得力(奥行き)が滲み出てるんで、かつて若者であった人達も、素直な気持ちや、‘大人であり続けながらも、守りたい大事な気持ち’が残ってる人なら、凄く共感できると思うよ。

と言うより、そういう人にこそ、沁みる詩だと思う。


因みに、このアルバムの曲のタイトルは・・・

1.夢追いの地図をひろげて
2.青年は荒野をめざす
3.世界が終わる
4.BOB MARLEYのポスター
5.おめでとう
6.青春
7.七月六日
8.カラス
9.助手席に乗り込めよgirl~星降る夜に~
10.so long
11.月に吠える

なんか伝わるかな。
俺は、1曲目の‘夢追いの地図をひろげて’も、かなり琴線に触れました。

ザッと聴いた感じでは、2ndアルバムの「ボロボロのスニーカーとFREEDOM」の方が、よりヒップ・ホップ感を強く感じるかも知れない。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30