« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/26

吉井 和哉 「THE Apples」 う~ん、カッコ良い♪

はい、ども。TSURUです。

51dpbtbx7gl__sl500_aa300_吉井 和哉の新作、「THE Apples」。

カッコ良いです。

今回は、ほぼ全部の楽器を本人がプレイしてます。
って事もあって、YOSHII LOVINSON名義の1stソロアルバム「at the BLACK HOLE」を、今の吉井さんが作ったとしたら、こんな感じになるんじゃなかろうか??
って感じたりもする。

吉井 和哉のナチュラルなROCK(って、例えが良いのかは別として^^)!

2011/04/20

吉井 和哉 「the motion picture tour2009宇宙一周旅行」 ~ロックスターが帰って来たね~の巻

こんばんは。TSURUです。

41jyaxhbyml__sl500_aa300_先日、吉井 和哉の新譜「The apples」の発売前に、吉井さんのライブDVDを買いました。

2枚組でトータル251分収録!の、とても濃い内容。
DISC1が、2009.7.12 国立代々木競技場第一体育館
DISC2は、2009.8.10 Zepp Sendai
でのライブ。

ソロになってからの吉井 和哉は、メイクもあまりしないしね。
パッと見では、かつてのイエモン時代のROCK STARぶりは、ちょっと影を潜めてたんだけど。

今回このライブDVDを見て思ったのは、‘この人は、もう、メイクをしなくても過剰な演出をしなくても、ナチュラルにROCK STARになってるんだなぁ~’って事ね。

なんていうか、彼なりのROCKが鳴っていて、ギターを弾いてても、歌ってても、とにかく‘吉井 和哉と彼の音楽が、表現として見事に一体になっている’感じ。

良いライブDVDです。

2011/04/14

椿屋四重奏 「BEST MATERIALS」 ~残念ながら解散。椿屋四重奏のBESTアルバム~の巻

さてさて、残念ながら昨年の大晦日をもって解散した椿屋四重奏

のかつての記事(その1)(その2)(その3)

とにかく艶っぽくて、カッコ良い。
俺の中では、かなり抑えめのTHE YELLOW MONKEYみたいな位置づけだった。
バンドが結構売れて来て、これからって時の解散だっただけに残念。

もともと3人で活動してたんだけど、Grが加わって晴れて四重奏に。
と思いきや、去年、そのGrが脱退。

で、ずっと一緒にやってきたBsが、プロとしての力量不足を痛感し、引退の為、脱退。
って事で、解散。

う~ん、残念。

VoとDrは、これからも一緒に音楽活動をしていくらしいんで、今後に期待しよう。

4943674105649で、このBEST版はメジャーデビュー後の彼らのシングルが中心の構成。

そつのない内容になっとります。

2011/04/10

パワーストーン・ブレスレット(シルバーアクセ付き)を購入~♪

こんばんは、TSURUです♪

今まで、パワーストーン・ブレスレットってさ、正直、数珠みたいでね。
ROCKテイストなファッションが好みの俺には、自分が着けるのは、ちょっと違うなって思ってたんだけどさ。

が!いつもネットで買い物してるシルバーアクセのSHOPでね、シルバーアクセ付きのカッコ良いのがあったのねぇ~ん。

Dj007bこれです(写真は、クリックで拡大可)。

メタリックな銀色っていうか、鉛色なのがヘマタイト。

赤いポイントになってんのが、レッド・タイガーアイ。

石とは思えない、メタリックな配色と、それを挟むシルバーアクセ。
これは、間違っても数珠には見えんだろ って事で、購入決定~!

002実際に着けると、こんな感じね。

シルバー部分は、仰々しく無くて、でもしっかりと主張が有る感じ。

これだと、パワーストーン・ブレスレットってよりも、普通のブレスレットに見えてね、指輪との相性もOKです♪

(写真では、指輪着けて無いけどね)

001って事で、全体像だとこんな感じね。

値段は、¥10,500也~♪

因みに、ヘマタイトは「心と体のバランスをはかる」
レッド・タイガーアイは「攻撃力・積極性・勝負運を高める」
だそうです。

かなり気に入りましたん♪

2011/04/04

金魚鉢と金魚

はいはい、TSURUです。どもども、どーも。

当たり前の事だけどさ・・・

41oufllyoql__sl500_aa300_金魚は、自分が住んでる金魚鉢以上の大きさには、なれませんわな。

もし、自分が金魚鉢だとしたら・・・
(って、この仮定も??だけどね^^)
金魚の成長を妨げる小ささでは、在りたくないもんだね。

そして、同席する面子や場所が変われば、俺もまた金魚さね。

自分の小ささを認めない鉢は、金魚を小さく小さく・・・してしまう。
それは、故意で有ろうと無かろうと、自覚が有ろうと無かろうと、That's 罪。

俺は、大きな鉢を目指す為に、鉢としての自分の小ささを歯ぎしりして認めつつ(多少、謙遜含む^^)も、また、大きい金魚になるべく泳ぐよ。
要は、自分に慢心しないって事を言いたいだけなんだけどね。

そして、どうやったって自分や他人を認められないヤツは、叩き割られる覚悟をした方が良い。
基本的に、俺は簡単に見捨てたりはしないけどね、大義の下での‘個人的執着’は、あまりにも軽過ぎて重石には、ならんわな。

これからずっと、そこで育つ金魚の犠牲を考えたら、俺は躊躇しないからね~~♪

「優しさとは何だろうか」っていう、あやふやな答がいくつも出て来る問いよりも、「それは、誰の為のモノ?」ってのを考えた方が、シンプルで美しい答えが出るような気がするな。
自分の立ち位置も、ハッキリするしさ。

って事で、俺は悠々と一生懸命、泳ぎます。
チャオっ♪

2011/04/03

SIONの「月明かりの下で」 ~25周年50歳 ’10年の日比谷野音Live&Video Clip2枚組DVD~

41efksrue2l__sl500_aa300_SIONのDVD、「月明かりの下で」。
デビュー25周年の50歳。

俺は、19歳になる直前位から聴いてたから、かれこれ約19年SIONを聴いてる事になる。

その頃は、この歳になってもSIONの新譜が聴けるとは思って無かった。
っていうのもね、放浪癖のあるこの人が、その後、何年も生きて唄い続けるとは信じられなかったんよね(笑)

こんなカッコ良いおっさんは、あんま、いないな。
カッコ付けなのに、どこか力が抜けてる自然体 みたいなね。
でも、良い意味で枯れて無いんだよね。

ま、でも、若い頃のPV見ると、年相応にカッコ良い変化をして来たんだなぁ~とも思うし、その間に、勿論俺だって年を経ってる。

若い頃、下戸だった俺はさ、ROCKの雰囲気に、ただただ憧れるガキでね。
この人みたいに、酒(や酒を飲むシチュエーションの歌)が似合う人への憧れがあったりもした。

37歳になった俺は、焼酎なんぞを飲みながら彼の唄を聴けるようになってさ、
時には、朝4時~5時まで繁華街で飲み明かす事もするようになり、
今の彼が唄う温かさや、切なさや、悲しさや、希望に・・・自分を重ねつつ、
涙を流す事よりも、自分の道を生きようとする事を手段にして共感を覚えようと・・・
彼に向って、乾杯出来るようになった。
少しは、大人になったんかな。はは。

さすがに19年も聴いてるとね、色々な曲に思い出が沁みついてるし、昔聴いて何とも思わなかった曲に、新たな感動が生まれたりもする。
今の俺よりも若い(もしくは同じ年頃の)SIONの唄、今の彼の唄、全然違うんだけど、やっぱり彼なんだな。

~「風来坊」からの一節~
今日1日生きのびた人と 俺の為に乾杯
うまくやってるお前と誰かと 俺の為に乾杯
なんとか立ってるあいつらと 俺の為に乾杯

ディスク:1 (Live)
1. 光へ
2. 住人
3. SORRY BABY
4. 薄紫
5. コンクリート・リバー
6. 石塊のプライド
7. 勝たなくていいのさ
8. カラスとビール
9. 狂い花を胸に
10. ちいさな君の手は
11. 遊ぼうよ
12. 砂の城
13. どんなに離れてたって傍にいるから
14. 鏡雨
15. Hallelujah
16. 新宿の片隅から
17. マイナスを脱ぎ捨てる
18. お前の空まで曇らせてたまるか
19. からっぽのZEROから
20. 燦燦と
21. 彼女少々疲れぎみ
22. そして あ・り・が・と・う
23. たまには自分を褒めてやろう
24. このままが
ディスク:2 (Video Clips)
1. 俺の声
2. 春夏秋冬
3. 風来坊
4. サイレン
5. 遊ぼうよ
6. 元気か?
7. 早く帰ろう
8. 水の中にいるようだ
9. ようよう
10. 通報されるくらいに
11. Near
12. あまった優しさ
13. たまには自分を褒めてやろう
14. 場所

2011/04/01

函館の夕日

001函館は、夕日が本当にオレンジ色。
(写真はクリックで拡大可です。)

函館、札幌、旭川、函館と暮らしてきた俺だけど、やっぱ函館の夕日は違う。

夜景が綺麗な理由の1つにも、函館の大気が関係があるらしいけど。

たぶん、空気が関係あるのかな。

写真よりも実物は、周りの空気ももっと赤く見えるんだけどね^^

この1週間、DVD三昧

今週は、DVD三昧です。TSURUです。

・パーシージャクソンとオリンポスの神々
・シャーロックホームズ(ロバート・ダウニーJr.の新しいやつね。)
・タイタンの戦い
・アリス イン ワンダーランド
・北の国から ’87初恋、89’帰郷

と、日曜から今日まで、勉強はお休み週間にしてDVD三昧。
実に、実に、TSUTAYAでレンタルしたのは、8ヶ月以上ぶり!

さて、今週末からは、勉強再開!
ガッチリやるで~~。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30