« 時の流れは、時には残酷で。 | トップページ | 今日の晩飯 ~冷やし坦々麺(男子ごはんレシピ)~の巻 »

2011/07/28

函館に赴任して、はや1年。小さく乾杯ッ♪

はい、こんばんは~。TSURUっす。

001夏場は、風呂上がりに果実酒を、ロックで♪
今日は、シークァーサー酒。

このグラスを使いたくてね^^

去年、転勤ん時に、他部署の後輩達が餞別でくれたモノです。

涼しげで、凄く気に入ってマス。

みんな、ありがとね。大事に使っとります。

こういう良い思い出の詰まってるモノ1つ1つがね、あん時の俺の気持ちを思い出させてくれる。

そういう沢山の事に、俺は、助けられながら生きてるんだな~~。 つるを。

このグラスは、俺が焼酎が好きなのを覚えててくれて、使って行くなかで徐々に模様になってる細かいヒビが増えて、自然に模様が変わって行くっていうのを長く楽しめるように、現時点でのヒビが少なめのを選んでくれた。
この部署で一番の問題児と言われてる女の子が、そういう気持ちを込めて選んでくれたんだよね。
その説明をしてくれてる時の、彼女の屈託の無い笑顔は、深く記憶に残ってる。
この娘は、俺の言う事には結構素直に耳を傾けてくれて、俺主催の参加自由の研修もこの部署で1番最初に受けてくれたり(つまり協力してくれた訳だね)、俺からの注意も(甘やかして人気を獲得しようとして、媚びるのは論外だ。)自然に受け止めてくれたりね。
結局は、この子は本当は問題児なんかじゃなくて、その部署の上司・先輩に器量が無い所為で、自分自身の才気や感情に振り回されてコントロール出来ないでいる若い子を制御出来てないってだけの話なんだよね。
そういう子は、自分をコントロール出来るようになると、変わるんだ。劇的に。
だって、現に、他部署の先輩である俺の転勤に、「お世話になったから、その部署のみんなでお金出し合って、餞別を贈ろう」って言いだしっぺは、この子だったらしいんだ。
そういう思いやりや、感謝の気持ちを持てて、それを素直に表現する事もきちんと出来るんだよ。
その対象を選び過ぎちゃってるってのが、問題なだけなんだよ。
そこを認識して貰う為に、上司・先輩である俺等が手伝いをさせて貰う為にはさ、その子にとって“なんかよく解らんけど、説得力のある言動をする先輩”みたいな感じが(最低限ね、BESTは‘尊敬’だよね。きっと。)無いとダメな訳で、残念ながら俺以外にいなかったんだな。
だから、今、その子が心配なんだけどさ(笑)
つまり、これが、上司・先輩(もしくは後輩)の器量の無さが、人を潰す事に繋がるって事なんだと思う。
説明が、長くなっちゃった(汗)
(説明しようとすると、ど~しても自慢テイストになるんだけど、そんなんじゃ無いんだよ。)

まぁ、なんだかんだで、函館に来て1年が経った。

とにかく‘昔みたいに安易にキレないで、粘り強く、意志・意思を伝える努力をし続ける’をモットーに(笑)
背負ってる人間の今後の人生よりも、自分の糞みたいなプライド(勿論、正当なプライドを持つのは、とても良い事だと思ってるよ)を優先する人間にさえもね。

その人間を変えようだなんて、おこがましい事は思っちゃ~いないんだ。俺は。

たださ、そういう(俺が想う、俺なりの)フェアな姿を、‘伝えたい対象に見せる’事が出来たからこそね
旭川を離れる時に、沢山の良い思い出をこっちに持って来れたと思ってるし、意外に“正直、コイツは変わらないだろうな・・・”って思ってた人が変わって、協力して貰えて、良いシナジーが生まれて、一緒に楽しい酒を飲めるようになったっていう経験が少なかれ、有ったと思ってる。

それは、俺にとって‘途中で諦めて、人の評価に関して簡単に結論を出すのは、自分が努力し続けられないが故に、結論を急いで楽する為の逃げだ’っていう、当り前でシンプルで、且つ難しい事を、凄く新鮮に植えつけてくれた貴重な経験だった。
勿論、仕事上では、瞬時に正確な結論を出さなきゃならない局面は、多々あるけどね。
(但し!例えば、原発に関するアンケートで、やらせメールを支持・実行するような糞みたいなもんに関しては、やはり‘人間’として扱えないので、別枠で論外です。どんな状況でも、人として、してはイケナイ事はある。人だからこそ、ね。)

そして、函館を離れる時にも、同じ状況(っていうか、それ以上のね)を作れないと、それは過去の良い経験を無駄にしちゃうって事になるからさ。
努力し続けるよ。俺は。

部下や後輩を育てれる(器量がある)から、上司や先輩として認められる。
そして、志があったうえで本当にクレバーに振舞える人間は、自分が部下・後輩の立場に立った時に、ダメな上司や先輩をも育成できる(こともある)はずだ、たぶん。きっと。おそらく。
一度は、立証したからね。その経験も俺にとって、とてつもない財産だ。
やり続けるのみ。誰かに、一瞬でも伝わる事を願って。

勿論、多少の大掃除をするにあたって、粗大ゴミを捨てなきゃいけない場合もある
それは、間違いなくね。
でも、捨てる粗大ゴミを際限なく出すのか、それともリサイクルする為に限りなく努力するかは、俺が自分の意思で選択する行動なんだからさ。
たとえ、結果的に捨てる粗大ゴミの量が変わらないとしても、だよ。
その姿勢こそが、残った貴重な人材にとって‘人と人とのシナジーを生む、大事な要因に成り得る’って俺は心から信じてる。今も。
っていうか、もしかしたら、祈りに近いのかも知れん。

後輩がこのグラスを選ぶのに使ってくれた時間や、色んな人達から貰った言葉や価値観や思い遣りや、色んな人が俺を育ててくれた事で今の俺が救われてるって事や、出会いや別れや、そんな大事な事達が、今の俺の大きな助けになってくれてるからね。

だからさ、乾杯ッ♪

因みに、文章が熱いのは、このグラスで飲んでるお酒によるほろ酔い・・・では無く、最近読み返している、北方 謙三著の「水滸伝」の熱さに影響を受けた^^自己陶酔によるものと、分析しました。

ではでは、オヤスミなさい。
もう遅いから、寝ます^^

« 時の流れは、時には残酷で。 | トップページ | 今日の晩飯 ~冷やし坦々麺(男子ごはんレシピ)~の巻 »

我想う故に我在り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/40985646

この記事へのトラックバック一覧です: 函館に赴任して、はや1年。小さく乾杯ッ♪:

« 時の流れは、時には残酷で。 | トップページ | 今日の晩飯 ~冷やし坦々麺(男子ごはんレシピ)~の巻 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30