« 大事な局面での体裁を繕う嘘  ※注:この記事は、含毒です。 | トップページ | 時の流れは、時には残酷で。 »

2011/07/17

司馬 遼太郎 街道をゆくシリーズ「愛蘭土紀行Ⅰ・Ⅱ」

02264484いや~、勉強になりましたん。
司馬 遼太郎 街道をゆくシリーズ「愛蘭土紀行Ⅰ・Ⅱ」。

かといって、特別、この本で読んだ事が何の役に立つかは、解りませんが(笑)

世の中ぁ広い!って感じさせてくれるって事が、一番有難いやね。

イギリスからアイルランドへの紀行文です。
もともと、このシリーズを何冊か読んでみたいなって思っててさ。
旭川でお世話になってたDrにお薦めを聞いたら、この愛蘭土紀行を教えてくれたんで、読んでみた訳ね。

一応、イギリスのROCK好きな俺としては、熱烈なBeatlesファンじゃぁないものの、やっぱ、文章にジョンやらリンゴやらが出て来ると、反応はしちゃうしね。

02264485あと、なんつってもU2が好きだからさ。
と、なると・・・アイルランドだもんねぇ。

って事で、まず、これを読み始めた訳ですよ。

U2のライブ映画「RATTLE AND HUM(魂の叫び)」で、BONOが言ってたアイルランドからアメリカへの移民の話なんかで、何となく「ふ~ん、そういうモンなんだ・・・」って思ってた事が、歴史的・文学的観点から、紐解かれていく感じで、面白く勉強させて頂きました。

民族性って言葉を日常生活で実感する時は、そんなに多く無いだけにね、面白かった。

それにしても、司馬さんの文章は、きちんとした日本語でね。

昭和の香りがしました。

« 大事な局面での体裁を繕う嘘  ※注:この記事は、含毒です。 | トップページ | 時の流れは、時には残酷で。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/40851176

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬 遼太郎 街道をゆくシリーズ「愛蘭土紀行Ⅰ・Ⅱ」:

« 大事な局面での体裁を繕う嘘  ※注:この記事は、含毒です。 | トップページ | 時の流れは、時には残酷で。 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30