« 司馬 遼太郎 街道をゆくシリーズ「愛蘭土紀行Ⅰ・Ⅱ」 | トップページ | 函館に赴任して、はや1年。小さく乾杯ッ♪ »

2011/07/18

時の流れは、時には残酷で。

10056943781こんばんは、TSURUです。

時の流れは、時にはとても残酷でね。

21年前の俺のヒーロー(の中の一人)が、また逝ってしまった。

それも、当時の華々しさを一切纏えぬままに。
(←この写真は、インディーズアルバム「VANISHING VISION」の頃だね)

それがねぇ・・・そんな死に方だなんて・・・。

この人が脱退してからのXには、正直言って、興味が持てなかった。

10022024436もう、←お二方とも、この世にはいない。

あの頃、輝いててくれて有難う。
俺の中に、音楽っていうかバンドに対する憧れの種を植えつけてくれた、‘きっかけ’の中の一人でした。

20年・・・
20年後の俺は、今、‘こう’なってる。
今から20年後、俺は‘どう’なってるだろう。
そもそも、存在してるだろうか。

命有る限り、一生懸命、生きよう。
例えば・・・原発に関するアンケートで、やらせメールを指示するような生き方では無く、ね。

« 司馬 遼太郎 街道をゆくシリーズ「愛蘭土紀行Ⅰ・Ⅱ」 | トップページ | 函館に赴任して、はや1年。小さく乾杯ッ♪ »

我想う故に我在り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/40851786

この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れは、時には残酷で。:

« 司馬 遼太郎 街道をゆくシリーズ「愛蘭土紀行Ⅰ・Ⅱ」 | トップページ | 函館に赴任して、はや1年。小さく乾杯ッ♪ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30