« 女王蜂 ~音楽性じゃなく、在り方が和製マリリン・マンソンな気がする~の巻 | トップページ | キノコホテル ~昭和歌謡的エロティシズムなコンセプト・バンド~ »

2011/10/07

from 函館 to 旭川  後輩達の今後が幸せである事を、心から願って、小さく乾杯♪

旭川の後輩同士が、来月入籍する事になった。

奥さんになる後輩の方が、旦那になる後輩よりも年輩で(紛らわしい書き方?)、随分ウチの会社に貢献してくれた大事な人材。

旦那になる後輩は、1人前の営業になるべく、日々奮闘中でしょう。
俺らの後を背負って貰う、大事な人材。

二人とも、俺の可愛い後輩だ。(ま、一方的に俺が思ってるだけで、良い。この際ね^^)

奥さんになる後輩の子は、高卒で入社して来て、入社後の数年は随分叱って泣かせた事もあった。
当時の俺は、今よりも、もっと直情的に自分の感情で叱る先輩だったから、キツかったと思う。
でも、本当に、本当によく頑張ってくれてた。
ダメ男に恋する性質を持ってるコだったんで、前日泣いた目を腫らして会社に出社してた事も、しばしばだった。

旦那になる俺の後輩は、直属の営業の後輩で、彼が入社して来た時は(の記事)俺も随分、今の自分に近付いてたね。
まだ、2年半前なんだよね。
22歳で、入社してから。

営業マンとしては若いうちは苦労するだろうけど、なかなか良いモノを持ってて、相手の気持ちを考えれる常識のあるヤツだ。
人間として、俺は、ずっと期待してるし。

もし、彼がウチの会社でダメだったとして不遇な扱いを受けたり、ウチの会社に幻滅して退職したりな~んて事が有った時に、将来俺が事業をやっていたら、必ず声をかけるだろう。
そんなヤツだ。

入社後も、一見暗く見える彼を誤解してる人には、先陣をきってその誤解を解こうと、陰で努力した。
一方で、勿論、彼にも、なるべく「明るく振舞え」と言わずに、最低限、そう見えるようには、何度か注意もした。
後輩の短所を自分が背負った上で、その後輩の成長を、促す。
そんな事をしよう、と思える気持ちになったのも彼(と、もう一人同期の新人君)が初めてだった。
俺自身が、彼らに成長させて貰ってたからね。

だから、その二人がくっついてくれたってのは、素直に、心から嬉しい。
奥さんになる子は、結婚相手にダメ男を選ばなかった!
ホントに、ホントに、マジで良かった。

今日電話を貰った時に、いつから付き合ってたか?とか、野暮な事は聞かなかった。
イイんだよ、それで。
結婚するんだからさ。

本当に、二人には幸せになって欲しい。
辛い時ほど、お互いを支え合って欲しい。

そんで、何年かしてさ、二人に「昔のTSURUさんは、‘こう’だったですよね~」なんて、ちょっとバカにされたりしたら最高だ^^
旦那になる彼は、まだまだ発展途上。
これから、大変な事が沢山あるよ、きっと。期待してる!

自分に負けて逃げそうになった時に、ギリギリのタイミングで自分の弱さを晒すメールを送って来た彼の、素直さをずっと忘れないで欲しい。
彼女を、幸せにしてあげて欲しい。

ま、俺なんかが言っても、全然説得力無いんだけど(笑)

でも、心から、そう思うんだもん。仕方ないよね^^

これからの二人に、幸あれ!

乾杯!!

« 女王蜂 ~音楽性じゃなく、在り方が和製マリリン・マンソンな気がする~の巻 | トップページ | キノコホテル ~昭和歌謡的エロティシズムなコンセプト・バンド~ »

徒然・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/42358617

この記事へのトラックバック一覧です: from 函館 to 旭川  後輩達の今後が幸せである事を、心から願って、小さく乾杯♪:

« 女王蜂 ~音楽性じゃなく、在り方が和製マリリン・マンソンな気がする~の巻 | トップページ | キノコホテル ~昭和歌謡的エロティシズムなコンセプト・バンド~ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30