« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011/10/30

今日の昼飯 鶏のマスタード・サンド とプチダイエット経過

はい、こんばんは。TSURUです。

001本日の昼飯、鶏のマスタード・サンドとポタージュ、生野菜が少々。
(画像は、クリックで拡大可)

このサンドイッチは(勝手にリンクさせて頂いている)shunkonカフェレシピの本を買ってから、よく作ってます。

因みに、晩ご飯は、ジャガイモのガレット(ベーコンとチーズを少々)とトマト小を2ヶ&キュウリ。
昼で多めのcalを摂ったんで、夜は抑えてね。

さて、そんな今日は、函館に来て初めてサウナというか大浴場に行って来た。
とある会社のタクシーを使うと補助券が貰えて、それが5枚貯まると無料で利用出来るとこ。

実に、1年以上ぶりのサウナ^^
やっぱ、サウナで汗をかくのは、いいね。
体の中で偏った分布をしてる水分が、抜けてく感じがするもんな。

昨日は、太極拳。
今日はサウナでデトックス。

第二次プチ・ダイエットも、やっと体脂肪が18%を切って、空腹時の体重も62kgを切った。
ふぅ~。こっからが大変なんだよねぇ。
プチ筋トレ効果で筋肉が付いてきて、贅肉が減っても、体重自体は重くなっちゃうからさ~。

俺は、3kg増えたら、リバウンド防止の為に体重を落とす事にしてんだけどね。
基準体重が、前回のダイエット終了時の62kgだった。

今回は、シルエットを整えるダイエットを延長して、59kgを目標に再設定しなおした^^;

何故なら・・・服がね・・・結構、タイトなデザインのものばっか買ってるのでね、体型が崩れると如実にみっともなくなっちまうのね。
で、62kgって、その微妙な分岐点なんだな、これが。

って事で、もういっその事、完っっ全に昔の体重&体型に戻しちまおう!って訳。
因みに、この場合の‘昔’とは、メイクなぞをしてたバンド時代の事ね。
それでも、当時の俺にとって59kgっていったら、‘増えた’部類に入っちまうんだけど^^
まぁ、年齢的にあまりにもガオるとさ、それはそれで痛々しくなっちゃうんでね。
とりあえず、そんな感じで。

因みに身長170cmジャストの俺の場合、標準体重が64kg。
38歳で170cmの実際の平均体重が、67kgだったかな。
‘ヒトはヒト。俺は俺。’は、自分を甘やかす為では無く、厳しくする為に使う言葉なのよ。おほほ。

とりあえず、まだまだ腰回りと背中の肉は、余裕がありそうなんでね。
排除!

2011/10/23

反面教師で学ばざるを得ないのは、効率が悪い と思ふ。

はい、こんばんは。TSURUですじゃ。

当り前の事を、整理。

反面教師で学べる事って、「‘こういう行い’をすると、ダメなんだな」や、そっから発展しての「自分なら‘こう’する」だよね。主に。

コレって、やっぱさ、効率悪いよね。

学ぶ姿勢がある人間にとっては、確かに、それも教科書だけど。
同じ時間をかけて学ぶなら、「してはイケナイ事」よりも「自分の発想に無い事」の方が、飛躍できると思う。
当然、そこには、「してはイケナイ事」が内包されるケースが、多いと思うしさ。

つまり、環境が持ってる力って、そういう事だと思う。

これは、物理的に‘その環境の人数’だったりも、影響したりすると思うんだ。うん。
ま、確率論としてだけどね。

それって、勿体無いよね~。なんか。

うん、まぁ。
俺の場合は、そういう事を体感出来れば、それはそれで財産にもなるんだろうけどさ。
って言うか、そういうの見たくて‘敢えて、居心地の良さを拒否’して、安穏なポストから出たからね。
それはそれで、狙い通りだったりするんだが、しかし!成長の歩幅が小っさくなってるんじゃなかろうか・・・などと焦ったりするのも、また事実。

‘とりあえず、そう気付けたら良し’だなんて、自分を誤魔化すのは、Rock'n'Roller spiritに反しますしね。おほほ。

かと言って、‘幼さ満載のアンチ妥協’を振りかざすのも、スマートじゃない。から・・・ヤダしね。

24~25歳ん時(今の会社に就職して2年目頃かな、約13年前)、に自分が書いた歌詞のタイトルで、今でも自分の中に据えてる言葉。

ボーダーラインの上で

好きな言葉とか聞かれると、英訳して必ず応える「Waiking on the borderline.」(文法、合ってるか知らんけど^^)

境界線の上を、歩いて行きたい。
どちらにも落ちずに、ね。
細く長く続く、その線の上を歩き続ける事が、自分を醜いおっさんにさせない方法だと、今でも心から信じてます。

で、今、書いてて気付いた!(一言で表わせる言葉に。)
それって、‘自制’が、キーワードなんだよね。そうそう。うんうん。
そう書いた方が、伝わりやすい気がする。

自制する事で、安易に、自分の立ち位置に満足しないって事かな。
客観性とも言うか。

例えば、‘自制’が、あからさまに、その人の表面に出て来る位に見て解る程、恒常的にバランスを崩してるヤツはさ(ex:58kgから82kgまで太ってた時の過去の俺)、やっぱ、どこかダメなんだと思う。

もっとクダラナイ例で言うと、仕事(職場)に悪影響を及ぼす程の、女癖悪いヤツとかもさ、俺、嫌いなんだけどね。
この‘自制’の、一言で片付くもんね。やっぱ。
‘英雄、色を好む’は、決して否定しないけど、そんなん、プライベートの範疇のみでやってくれって思うんだよね。
なんて言うか、それ(悪影響を及ぼさない、プライベートの範囲で)が、仕事のプロでしょってね。

※じゃあ‘社内恋愛’はダメだとでも言うんですか??みたいな、心の中でクソみたいな質問するヤツは、ハナから相手にして無いんで、このBLOGを読まんで宜しい(←過激だな・・・)。
俺は、「悪影響」という言葉を使ってるからね。ご丁寧に下線まで引いて。

話を戻して・・・

で、俺は何を目指すのか!?
反面教師で、不要な忍耐(必要な忍耐も、勿論あると思ってる)を強いる環境では無いモノを、自分の属する場所として創る。
そして、その為には、ボーダーラインの上を歩き続けなきゃならない。

とまぁ、感情から文字への変換でした。

2011/10/15

Dr MONROEのシルバーリング♪

さて、もう1ヶ月程前に楽天経由で買って、お気に入りのシルバーリング。

Fc104ksebtDr MONROEっていうブランドの。

これは、それなりに高くて¥35,000。

最近は、DAgDARTさんっていうお気に入りのオリジナルブランドのSHOPさんで、質が良くて且つ、1万~1万5千円位の、バッタモンじゃないシルバーアクセとしては、かなり安価なモノを購入してたんでね。

Fc104ksebt123万円台のリングは久しぶりに買ったけど、やっぱ、ちょっと高いね^^

ただ、こういう無機質な機械的なデザイン・カラーリングは、バッタもん的なシルバーを買うと、一気にチープになっちゃうんでね。

致し方なく、出費。惚れた弱みやね(笑)

人差し指用として、愛用し取りマス♪

2011/10/13

今日の晩飯♪ ミネストローネ

さてさて、少し弛んだ体型を整える為にダイエット中のTSURUでござります。こんばんは。
1日の摂取calが、800kcal前後の生活。

ま、もともと、鬼のダイエットで2ヶ月で18kg痩せたワタシですので、もう慣れたもんです。
ダイエットは、その後の管理が重要!
痩せた時点から3kg以上増やしたら、リバウンド一直線なんでね。

なんて~のかな、‘体が太っていた頃を覚えてて、戻ろうとする’のを感じるのね。
そこを、グッと抑えれるかどうか、がポイントだね。

さて、そんなこんなで、約3年前にダイエットに成功してからも、リバウンドせずにいるのは、単純に日頃の管理という努力以外の何物でもありませんっ。
てな訳で、函館に来て3kg増えたんで、現在締めてます。

001そんな今日の晩飯。
ミネストローネを2杯。(写真は、クリックで拡大可です。)

キャベツとベーコンを自分で用意して炒めた後に、一緒に煮込む市販のミネストローネの素を使用。

更に、ジャガイモ、しめじ、デ・チェコのコンキリエ(貝みたいなパスタね)を加えて、ボリュームアップ!
ただし、コンキリエ&ベーコンはちょっと少なめで。
仕上げにドライ・バジルを振りかけて風味もUP!

大きいスープ皿に2杯で、約650kcal~。
いや~、美味かった!!
因みに昼飯は、コンビニのおにぎり180kcalを1ヶのみ^^;
トータルで約830kcalってとこですな。

ダイエットは、自分が食べたいものを、少ない量(もしくは、たまに多い量でも少ないcal)で、如何にちょっとだけ普段より美味く食べるか。
が、続けるポイントだぁね。
あと、本気になる事(←コレが、一番大事だろ^^)

4年前のダイエット以降、ベーコンはブロック、コショウは荒挽き(→今ではペッパーミルで挽いてます。)が拘りになってしまったり、少しでも美味く食べる為に、ちょっとした調味料とかが増えてしまうという副作用は出てますが(苦笑)

ま、なんにせよ、楽しんでやるって事が基本なのですよ。
ダイエットも、楽しむ為に考えたり努力出来ない人は、成功しないし、仮に一時的に成功しても、まず維持出来ん。

つまり、努力しない人間に結果は出ない。
し、それは続けなければ、すぐに‘過去’のものになっちまう っていうシンプルな事ね。

って事で、これから経営コンサルの勉強しま~っす♪
チャオッ!

2011/10/10

映画 「ゴールデンスランバー」

51i8eyo7fdl__sl500_aa300_先々週にTVでやってた映画「ゴールデンスランバー」を録画してたんで、観ました。

何度かここに書いてるんだけど、伊坂幸太郎作品が好きなんで、映画化されてるものも結構観てます。

原作との大きなスジの変更も無く、楽しめました^^

唯一、気になったのは、何度か出て来る大学時代の回想シーンの映像に、無理があったっていうところ位かな。
ど~みても、30代の4人が貧乏くさいカッコして、話してるようにしか見えなかった(笑)

まぁでも、最後のどんでん返しの関係上、若い別人を‘過去の主人公達’として使う訳にもいかなかっただろうし。
過去と現在の顔が、明らかな別人だとね・・・。

って事で、演技は別として、楽しめました♪
キャスティングも、概ねイメージ通りで良かった^^
運送屋の先輩とか、柄本 明とか、ピッタリだったもんなぁ。

俺にとっての‘ゴールデンスランバー’も、やっぱ、大学時代かな~。

思いだすと、甘さとほろ苦さと恥ずかしさがこみ上げて来るね。
でも、意外に変わってねぇなぁ、とも思ったり。ふふ。

2011/10/09

キノコホテル ~昭和歌謡的エロティシズムなコンセプト・バンド~

またもやカッコ良いバンド、見つけました。

41exs0uhcml__sl500_aa300_その名も、「キノコホテル」。

←1stアルバム「マリアンヌの憂鬱」。

メンバー編成は、Vo&オルガン、Gr、Ba、Drの4人組。
基本的には「支配人」であるVo&オルガンのマリアンヌ東雲が、作詞・作曲や衣装、バンドのコンセプトなんかを全て握ってるワンマンバンド(だと思われる)。

この手のバンドは、軸がブレないでその世界観を体現した方がね、徹底されててカッコ良いと思うんでさ。
ワンマンの方が良いでしょう、きっと。

51snohzjf8l__sl500_aa300_とにかく全てが、昭和50~70年代前半の雰囲気で、徹底的に統一されてるバンド。

←2ndアルバム「マリアンヌの恍惚」。

まず、Vo.の声が凄く良い。
演奏も、なかなか上手いんで、ストレス無く聴けマス。

51uvhfsitcl__sl500_aa300_やっぱ、オルガン入ってると、全然違うね。

←カバーアルバム「マリアンヌの休日」。

今までも、GS風とか昭和歌謡風をコンセプトの全面に押して世に出たバンドもあったけどさ。
とにかく、こういうコンセプトを成就させるのには、並はずれたセンスが要ると思うんだよね。

で、大体が、イマイチだったりするんだけどさ。
でも、例えば、デビュー後間もない椎名林檎とかは、良い塩梅でMIXさせてたと思う。
‘歌舞伎町の女王’とか‘積木遊び’とかの初期の曲のメロディーや歌詞etc...や、アルバムタイトルなんかの、漢字とカタカナの組み合わせとか、ね。

で、それよりも行き過ぎたバランスで、成功してる人ってあんまりいないんだよね。
テイストとして加えるっていうんじゃなくて、中核のコンセプトに「レトロ」を据えるってのはね。

でも、このバンドは、凄い!
そのコンセプト故に、バカ売れするN0.1バンドには、慣れないと思うけどね。
まず、メロディーが良い。にも関わらず、飽きない!
のは、(意図してるかどうかは、別として)曲の構成が、必要な部分を削らずに、短めにまとまってるからだと思う。

歌も上手いし、MIXも昔の歌謡曲っぽく、とにかくボーカル中心の聴きやすさ。
で、楽器も下手じゃ無い。
アレンジ力もあって、コンセプトはガッチリ固まってる。
何よりも、見た目、結構カワイイ女性4人組。

そして、ボーカルの色気。

あらゆる意味で、実力派のこのバンド。

少しレトロなテイストが好きな人には、ぜひぜひ聴いてみて欲しいバンド!

めっちゃ、お薦め!!

2011/10/07

from 函館 to 旭川  後輩達の今後が幸せである事を、心から願って、小さく乾杯♪

旭川の後輩同士が、来月入籍する事になった。

奥さんになる後輩の方が、旦那になる後輩よりも年輩で(紛らわしい書き方?)、随分ウチの会社に貢献してくれた大事な人材。

旦那になる後輩は、1人前の営業になるべく、日々奮闘中でしょう。
俺らの後を背負って貰う、大事な人材。

二人とも、俺の可愛い後輩だ。(ま、一方的に俺が思ってるだけで、良い。この際ね^^)

奥さんになる後輩の子は、高卒で入社して来て、入社後の数年は随分叱って泣かせた事もあった。
当時の俺は、今よりも、もっと直情的に自分の感情で叱る先輩だったから、キツかったと思う。
でも、本当に、本当によく頑張ってくれてた。
ダメ男に恋する性質を持ってるコだったんで、前日泣いた目を腫らして会社に出社してた事も、しばしばだった。

旦那になる俺の後輩は、直属の営業の後輩で、彼が入社して来た時は(の記事)俺も随分、今の自分に近付いてたね。
まだ、2年半前なんだよね。
22歳で、入社してから。

営業マンとしては若いうちは苦労するだろうけど、なかなか良いモノを持ってて、相手の気持ちを考えれる常識のあるヤツだ。
人間として、俺は、ずっと期待してるし。

もし、彼がウチの会社でダメだったとして不遇な扱いを受けたり、ウチの会社に幻滅して退職したりな~んて事が有った時に、将来俺が事業をやっていたら、必ず声をかけるだろう。
そんなヤツだ。

入社後も、一見暗く見える彼を誤解してる人には、先陣をきってその誤解を解こうと、陰で努力した。
一方で、勿論、彼にも、なるべく「明るく振舞え」と言わずに、最低限、そう見えるようには、何度か注意もした。
後輩の短所を自分が背負った上で、その後輩の成長を、促す。
そんな事をしよう、と思える気持ちになったのも彼(と、もう一人同期の新人君)が初めてだった。
俺自身が、彼らに成長させて貰ってたからね。

だから、その二人がくっついてくれたってのは、素直に、心から嬉しい。
奥さんになる子は、結婚相手にダメ男を選ばなかった!
ホントに、ホントに、マジで良かった。

今日電話を貰った時に、いつから付き合ってたか?とか、野暮な事は聞かなかった。
イイんだよ、それで。
結婚するんだからさ。

本当に、二人には幸せになって欲しい。
辛い時ほど、お互いを支え合って欲しい。

そんで、何年かしてさ、二人に「昔のTSURUさんは、‘こう’だったですよね~」なんて、ちょっとバカにされたりしたら最高だ^^
旦那になる彼は、まだまだ発展途上。
これから、大変な事が沢山あるよ、きっと。期待してる!

自分に負けて逃げそうになった時に、ギリギリのタイミングで自分の弱さを晒すメールを送って来た彼の、素直さをずっと忘れないで欲しい。
彼女を、幸せにしてあげて欲しい。

ま、俺なんかが言っても、全然説得力無いんだけど(笑)

でも、心から、そう思うんだもん。仕方ないよね^^

これからの二人に、幸あれ!

乾杯!!

2011/10/04

女王蜂 ~音楽性じゃなく、在り方が和製マリリン・マンソンな気がする~の巻

まさかの、映画「モテキ」の主題歌で、「デスコ」が採用された女王蜂
メジャー1stミニアルバム「魔女狩り」と、メジャー1stフルアルバム「孔雀」を買いました♪

この、アングラ(エロ・グロの中から抽出される美しさ)感が、ここまでメジャーなメディアに出て来るとは、日本も開けて来たもんじゃのぉ。

51igra6srtl__sl500_aa300_さて、タイトルにもある通り、何処かこのバンドは、マリリン・マンソンっぽい気がする。

っていうのも、まず、Vo.のワンマン(もしくは、一際存在が際立って)で、且つ、両性(中性じゃなくて)であろうとしてる感じ。

故に、ライブとかでのVo.の動きがクネクネしてるし、曲中で女性音域の裏声の高音と男のダミ声の間を、行き来してたりね。
勿論、ファッションやメイクや歌詞も、かなり過激!

51biacnmc4l__sl500_aa300_技術的には、まだまだ、これからが期待のバンドではあるんだけど。
Vo.の裏声は、まだまだキンキンしててちょっと無理がある音域も使ってたりしてて、まだまだ荒削りなとこも有るし。
楽器の演奏も決して上手くは無いんだけどね。

この手のバンドなんで、技術力は、説得力としてどーしても欲しいところでは、ある。

でも、曲の構成やメロディーは、演歌と昭和歌謡とROCKを融合させたような感じがあって、それでいて、どこにも偏って無い。
その、絶妙なカテゴライズされない感じにメチャクチャ可能性を感じるし、今のところは技術力不足を、その点で補って余りあるものが有る。

前述した、表面的な過激さだけじゃ無くて、独創的で解りやすい曲だってのが、他のバンドと一線を画す強烈な個性で、音楽的な特徴。

そして何よりも、~解りやすい過激さ~を創造する為の、奥底に潜む圧倒的な孤独や抑圧や差別の経験を感じてしまうのは、俺だけじゃ無いと思う。

キワモノから、今まさに、羽化しようとしている強烈なバンド。
これが、ただのアングラバンドで終わるのか、妖しくて華々しくて毒々しい、日本にはかつて無かったROCKスターの新しい形を提示できるのかは、次のアルバムが分岐点な気がするな。

大注目!!

さらに、「キノコホテル」っていう、これまたカッコ良いバンドも知ったんで、それはまた近々紹介します♪

2011/10/03

「アイアンマン2」と「よなよなペンギン」と「クライム&ダイヤモンド」 ~特に「クライム&ダイヤモンド」は大当たり!だった~の巻

はい、この2週間位は、(勉強以外は)久しぶりにDVDを観てばっかのTSURUです。
こんばんは。

特に面白かったのを、ご紹介。

2189p3p87yl__aa115_まず、ダントツで面白かったのが、「クライム&ダイヤモンド」。

クリスチャン・スレーター主演。
この人、すっかりヒット作から遠ざかってる気がするけど。

この映画は全然ヒットして無い(少なくとも日本では)けど、めっちゃ面白かった。

60~70年代頃の名作映画のオマージュが散りばめられながら、勿論、それを全然知らなくても楽しめる作品。
かくいう俺も、古い名作はあまり知らない。

雰囲気で言うと、会話や物語のテンポとか、時間軸の前後なんかが「パルプ・フィクション」みたいな感じかな!?

それに、ちょっとロマンチックなのも良い(笑)
ヒロインの女性も、メッチャ綺麗って訳じゃないんだけど、妙に魅力的に見える顔だしね。

これは、とにかくオススメ!!

で。
51kdud7tfel__sl500_aa300_次は、「アイアンマン2」。

俺は、ロバート・ダウニー・Jrが好きなのでね。
しかも、「レス・ザン・ゼロ」の頃からだから^^

やっぱ、この人は、こーゆーアクの強い過剰な役が良いね。観てて。
「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のリポーター役とかさ。

ま、この手の映画は、頭を空っぽにして観るに限ります。
大した内容じゃないしね^^
秘書役のグウィネス・パルトロー。
この人も良いねって思ったら、「セブン」で、ブラット・ピットの奥さん役やってたんだね。

51yz5aswpdl__sl500_aa300_で、最後は、日本CGアニメの「よなよなペンギン」。

絵本を映画にしたようなストーリー。

CGの綺麗さが、リアルさを追求したんじゃなくて、2次元の美しさを求めたような感じで、それがまた絵本っぽさの効果を出してる感じがする。

街並みとかが、異国情緒溢れながらも、ノスタルジックな要素が入っている和・洋・中の折衷な感じで不思議だった。
さすが、りんたろう(「カムイの剣」以来、好きだったりします。)って感じでしょうか。

どの作品もオススメだけど、1番は、「クライム&ダイヤモンド」かな。

2011/10/01

勉強を始めて1年半、思う事

はい、こんばんは。TSURUです。

約1年半前にファイナンシャル・プランナーの勉強を始めて合格して、約1年前から中小企業診断士の勉強を始めて、更に‘思う’ようになった事が有る。

それは、‘制度の怖さ’。
正確には、‘制度(の実態を含め)を知らない怖さ’、ね。

勿論、あらゆる事に関するあらゆる制度が、日本にも存在する。

ただ、その時に思うのは、制度を利用して、利潤を求める」のではなく、「制度を以て、制度から身を守る」という心構えが、基本なんじゃないか・・・ってことかな。
つまり、(金銭面・精神面においても)プラス(もしくは、自分の思うような結果)を求めるのではなく、マイナスになるところを何とかプラスマイナス・ゼロで抑える(もしくは被害を少なくするみたいなイメージ、ね。

ほんの一例を。
FPの勉強をしてた時に、たまたま会社の後輩の家が空き巣被害に遭った。

俺は、ちょうどそん時に税の(本当に基本的な部分だけどね)勉強してたから、確定申告の際に、雑損控除を申請する事で、所得税額が控除されるかもしれない事を、彼に教えた(確定申告をしているご家族に伝えて欲しい、と言って)。
もともと、彼の家は商売をしてるので、確定申告自体は、毎年の事だったし尚更ね。

つまり・・・
空き巣の被害自体は、空き巣が逮捕でもされない限り、どーしよーも無い。
けど、
この雑損控除を知っていたら、被害額は、税額の控除という形で、多少は抑えられる事が出来るかも知れない。
勿論、知らなかったら、それまで。
被害額が減る事は無い。

あくまでも、これは俺が知識として知っていた事で、自分が体験した事じゃあ無い。
が、しかし、‘その制度のメリット’だけじゃなく‘デメリット’を(または、知らない事自体のデメリットを)、それなりに知っていれば、制度にハマる可能性は低くなる、と思う。

実は、今勉強してる中小企業診断士の勉強内容は多岐に渡っていて、国際裁判や調停についても、数ケ月前に少しだけテキストで勉強した。
それに合格済みのFPの資格では、そもそも、①ライフプランニングと資金運用 ②金融資産運用 ③タックスプランニング(つまり、税制ね) ④リスク管理(保険とか年金とかね) ⑤不動産 ⑥相続・事業継承を勉強した。

いずれも金が絡んで、ドロドロになるケースが考えられる事ばっかで、司法が絡む事が多い。
俺は、こういうのが、大嫌いだ。
出来れば、そういう所と縁がある生活は送りたくない。

更に言うと、株や土地を転がして儲けようとする事は、人間の生き方として正しく無い。
と、金融の初歩の初歩の初歩の初歩をかじった今でも思ってる。

だからこそ!
いだからこそ、頭から否定して目を逸らすんじゃーなくて、嫌いで醜い(と自分が思ってる)事で、自分自身が不必要で嫌な苦労をしないで済むように、本当の意味での防御の為に学んだつもりだ。
最初っから、そういう意識で勉強してたから、もしかしたら何度かこのBLOGでも、その事は書いたと思う。

そして、学んで一番解った事は、「この世のあらゆる制度に対して、自分が無知だ」という事。
つまり、「それを悪用しようとする専門家には、絶対に勝てない」と、言い代えれるかもしれない。
その怖さこそが、アンテナになって、自分を危機から遠ざける。気がする。
近付いちゃいけないものに対して、‘(学ぶ前よりは)鼻が効くようになる’っていうかさ。

遺産相続とかは、他人事じゃ無い。
自分ちに財産が無くても、結婚した人の家にあったら、巻き込まれるかもしれないんだよ。
年金問題に至っては、もはや誰もが抱えるリスクだ。
嫌いだから、目を逸らして考えないよりは、少しでも防御の対策を練れる知識だけでも、獲得しておけば多少は、生き残れる可能性があがる。
何もしないよりは、ね。

会社員の人は、解るかもしれないけど、今年の春、厚生年金基金の適格退職者年金を採用していた企業は、他の退職給付制度へ移行or廃止をしなければならなかった。
ウチの会社も、同様。
大抵の会社は確定拠出年金に移行したと思う。
勿論、説明会があったけど、ウチの会社で俺以外に正確にそれを理解している人は、ほとんどいなかった。と、思う。アンケートはとって無ぇけど^^

(一応、選択は出来るけど)否応なしに、自分の退職金を決める為に、金融商品を選ばざるを得ない状況に、全員が立たされた(制度そのものを、選ばないという選択も含めて)。

金融商品の選択に正解なんて無い、という事自体を彼らは知らない。
そもそもが、退職金の受け取り方・金額によって、税金のかかり方も違う。
勿論、その制度を利用しないで、それまでの賭け金を一括受給した時の税金のかかり方についても、だ。
だからアホみたいに、「どれが、損をしないんですか??」「何を選んだら、損をしないで済むんですか??」っていうような、質問しか出ない。
危機感が無い人に、一言で説明できる攻略法なんて、存在しない。
そもそも、世の中にそんな都合の良いものは存在しないって事こそ、俺が‘たかだか、頭のお勉強で、6万払って’学んだ事だった。
いや、正確に言うと、うっすらと‘そう’思ったからこそ、一見全然関係無いその手の勉強を始めた。確認する為に。

何せ、俺が学んだことは、「損をしない簡単な方法」じゃなく、「知識と、自分に照らし合わせた正確な分析と、何よりも、危機感そのものを自分の中に孕む事こそが、自分を救ってくれるかもしれない」っていう儚い事だからね。

でも、それこそが、6万円以上の多大な価値になっていると、色んな場面に遭遇したり、色んな人の話を聞いたり、そしてそのギャップを感じたりした時に、しみじみと思う。

そして、学んだって、優越感は、無い。ビックリする位にね。
今回の退職金の件も、「たまたま、自分がお勉強した範囲の事が、起こっただけ」だって、誰よりも自分自身が解ってるからね。
ただ、危機感(自分の今後の人生に対する真剣さ、と言っても良いのかもしれない)の無い人とは話の根本が合わないし、逆に明確な目的意識を持って行動している人との会話は、スムーズで疲れない。
ってのは、最近、本当にはっきりしてきた。
他人のせいにしてる余裕がある人を目にすると、ことさら、そう思う。
歩んでる人は、感傷の前に(もしくは、ほんの一瞬の感傷で切り替えて)、新たな模索をするからだ。

何よりも、俺は「その危機感」に関して、自分がまだまだだと認識している。
それは、学べば学ぶほど、そう思えて来る。
これも絶大な価値な筈。きっと、ね。

ま、色々あるけど、全ては楽しむ為に。
楽しむ為に、真剣になるのです。

「難しい事言って・・・」と、想ったその感情こそが、「面倒臭い事から目を逸らして、根本を見ないようにする何の解決も無い自己防衛」だと、気付く人は、意外にいない。
そもそも、歩んでいる人にとっては、こんな文章なんて、あまりにも当たり前過ぎて、声高々にこんな事を書いてる俺を、幼く思うだろうしね。
ま、そういうフリをして視界から外そうとする、‘紙一重で全然別物の紛い物’も、これまた多いけどね。
でも、反面、意外に出会える事もある。
何かの引力で、引き寄せ合ったかのように、ね。

それは、本当に面白い出会いだ。

そんな事を、この1年半程、思ってますよってお話。でしたとさ。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30