« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/29

またまた、20年ぶりの再会♪

以前の記事にも書いたんだけど(の記事)、先週末は、高校ん時の同級生2人と20年ぶりの再会を満喫。

めっちゃくちゃ楽しかった。4軒、飲み歩いたもん^^

不思議と変わらないもんだねぇ~。

仕事での意外な接点が見つかったりとか、同級生の1人が学生の時にバイトしてた会社に、俺が今就職して営業やってんのが発覚したりで、もうビックリ(笑)

いや~、かなり、引力を感じる。
この引力は、絶対に、生きる力が源になってるんだと思う(言い換えれば、生き様)。

ホントに色んな話をした。

くだらない昔話をして、それを今どう捉えてるかで、お互いの経過や移り変わりが、ボンヤリとだけど見える気がして。

暴発しそうな無邪気なエネルギーを抱えて苛立ってた俺や彼ら。
それでも、ちゃんと人生の目標を持ってて、それに向かいながらも遊び心を忘れて無かったIとK。
それぞれの、あの3年間を共有出来てた事に本当に感謝だし、こうやって再会できた事で、今も過去も、更に意味のある時間になった気がする。(そういう事にイチイチ意味を求める事自体は、無意味だけどね。)

懐かしむ為に集まったんじゃ~無いんだ。
今を、楽しむ為に集まったんだよね。
その点は、確認するまでも無かった♪

あのスタート地点に立ってた俺等は、別々の場所と時間をくぐりぬけて、今の地点にそれぞれ立ってる。
それぞれのGood timesとBad timesがあって、今がある。
全然違う時間を過ごしてきたけど、くぐりぬけてきた時代は一緒だし、
生きてる限り、ずっと同年代だ。

そうやって再会できるのは、ホントに生きてるからであってね。
逝っちまったアイツは、もう、それが出来ない。
でも、俺等がアイツを思いだしてる。
20年ぶりの再会で、アイツが逝ってから19年経ってるのにやっぱり思いだす。
そんで、そうやって再会してアイツを偲べる時間を与えられてる事に対して感謝出来るし、その時間を与えられなかったアイツに対して、心から偲んで涙を流せれる。

俺が企画した卒業LIVEのラストに歌ったKATZEの「STAY FREE」。

あの、夢見るクソガキだった俺が、他人の曲に心を込めて唄った、
‘俺たち、これから別々の道を歩いて、外の世界に出る。
打ちのめされる事もあるし、嫌な事もしなくちゃならないだろうし、自分を曲げる事もきっと増える。
だからこそ、それでも、少しでも、18歳の今の希望を忘れないで、
ほんの少しでも自由でいようぜ。俺達だけでも。’
そんな気持ち。

それに泣いてくれたり、叫んでくれたヤツら。

その‘自由’には、責任と努力とひたむきさと、そして楽しさと、他人と自分の違いを認めれる気持ちとetc..色んな事が必要なんだって、頭じゃ無く心から解った年齢になってさ、そしてステージの上の俺と客席にいたアイツが、その曲を酒を飲みながら一緒に歌う。
知らない人には、ただの親父の、クソみたいなカラオケ。

でも、俺達にとっては、20年の道のりと時間と、逝っちまったアイツへの想いと、それを共有出来る喜びと、なるべく自分を裏切らないように歩いて来た事へのちょっとした誇りと、そんな色んな気持ちが込もった特別な1曲、至福の時間だった。

大人になるのも、悪く無い。

あの無邪気なスタート地点を思いだして、

そこから歩いて来た道のりを思い浮かべて、

これから歩く為のエネルギーが得られる…

そんな美味い酒が、かつての友たちと飲めるのだから。

こんな贅沢な時間は、またと無い。

飲んでる途中でfacebookにその様子をアップしたら、同級生からガンガン‘イイね’とコメントが来てた。
また、やろう!

それを、今の自分の環境に還元する為に。

2011/11/25

ダイエット経過報告

24日前の記事で、ダイエットの目標を62kgから59kgに修正した(記事)んだけど、更に修正します。

何故なら、もう達成しちゃったんでね。あらら。

身長170cm、過去3年の空腹時の平均体重62kg。
ダイエット開始時(10/12)の体重65kg、現在の体重59kgで体脂肪16.5%。
つまり、1ヶ月半で6kgの減量に成功happy01
ちょっとペースが遅いけどね。
ま、170cmの男の標準体重(平均体重じゃないよ)が64kgなのを考慮すると、すでに標準以下の体重でのせめぎ合いをしてるんで、流石にペースは落ちるかな。

でも、まだイケる!

60kgを切ってからは、落ちるペースがホントにゆっくりになってきたけど、体の締まり具合を見ると、まだ確実に、無理なく絞れる。

って事で、空腹時の体重57kgまで行ってみようかね。とりあえずは。

単純に、もっとファッションを楽しみたいってだけなんだけど(笑)

不思議と、自分の肉体を締めると、精神も締るもんなんですな。

2011/11/24

今週末も、20年ぶりの再会♪

Fi2350135_0eFacebookを始めてから、高校時代の同級生との繋がりが再燃しつつある事は、何度か記事した通りですが。

こんばんは。TSURUですよ、と。

今週は、明日(金)、会議なんで札幌に行きます。
通常なら、翌土曜は帰って来るだけの日なんだけど、せっかく札幌に行くのに勿体無いんで、実家にもう1泊して、今週土曜も高校ん時の同級生2人と約20年ぶりの再会&飲みに行ってきます。
そんで、日曜に帰宅する。

っていうか、この2人とも飲むのは、初だね^^

大学進学直前から、いよいよバンド街道まっしぐらだった俺は、ビックリする位に高校ん時の同級生と会わなくなっちゃって、俺自身が音信不通の野郎になってたんでね(苦笑)

本当に、懐かしい再会♪

今回会うのは、顔も広くて明るくて、洒落が解って、誰からも好かれる、今でも同期生の取りまとめ的存在のI氏と、同じく、K氏。

両者とも進学校だった中でも勉強できてた存在だったんだけど、洒落が解る面白い奴らで、ドロップアウトしてた俺も不思議に好きだった、数少ないヤツラだ。

特にI氏は、俺主催の高校卒業ライブにも来てくれて、ラストの曲の演奏終了後に「TSURU~~!もう1曲やれ~~~!!」って、でっかい声で叫んでるのが、今でもテープに記録されている(笑)

卒業後も、偶然会った予備校(俺の彼女が行ってたので)の前で、小1時間ばかり、自分達の将来の夢について語り合ったのを、今でも覚えてる。

I氏はFBを通じて、近況も少しは把握してるんだけど、K氏についてはホントに解らない^^
どんな会話になるか、めっちゃ楽しみ♪

こういうワクワクは、独特で、本当に楽しみだ。

そんじゃ、また。

2011/11/23

嬉しかった電話

今日(正確には、昨夜)、旭川の先輩・仲間達から電話があった。

例年の仲間内の忘年会。

仕事での出会いが、完全な個人的な付き合いに深まったものだった。

一昨年までは、俺もその場に居て、その面子に感動的な送別会もして貰った。

みんなの声を聴けて、嬉しかったよ。

声を聴けて嬉しく感じれる人達って、居そうで居ない。
でも、自分の生き方が、そういう人達を増やしてくれる。
それを望むなら、確実に。

電話が有ったって事は、俺が忘れられてないって証だから嬉しいのもあるんだろうね(笑)

なんだか、元気を貰ったな~。

俺は、今、雌伏の時だから。
だからこそ、あの時君に言われたように‘ふたまわり大きくなった姿’を見て貰えるように、こっちで頑張るよ。

2011/11/20

‘お歳暮についての我想う’の一部訂正 ~6年前の自分と今の違い~

6年前に書いた、お歳暮についてのこの記事を、読んで頂いたうえでのお話。

さて、今年も勿論、お歳暮を贈ります。5件に。

そのうち、‘お世話になった方への感謝の気持ち’が入っているのは、3件。

去年の3件分の合計金額は、¥11,000。
今年は¥15,000に増額します。
もう少し、感謝の気持ちを上乗せしたいから。
これは包装紙の名前などに拘らずに、贈った方には本当に美味しいと評判の、(でっかいカズノコ入りの)松前漬けを贈ります。
函館在住の方でもなかなか知ってる人はいない、ネット販売などもやっていない個人商店の商品っす。

こう書くと、もう贈る段階から気持ちが入ってるの、伝わるでしょ!?

残りの2件は、完っっっ全に形式だけ。
そうせざるを得ない、から。
「ちゃんとした所から、お歳暮贈りましたよ」感を出す為、デパートの包装紙にするんで、市内のデパートで、適当に決めます。
流石に、コンビニやスーパーの包装紙は、気持ちが入っていないにしても、バカにし過ぎだからね(苦笑)
それを選択するなら、贈らない方がマシだと思う^^;
今までは¥10,000分位だったけど、今年から、¥6,000分位にカットします。
アホらしいんでね(笑)

6年前の自分は、お歳暮と言う風習自体が、アホらしいと思ってた。
今は、その中にも、本当に感謝の気持ちを込めて贈る相手がいる という人がいる事を知った。この6年で。

自分自身が、そういう風に感じる人が出来たからね。

故に、訂正。

気持ちを込めたモノが風習(定形化)になった場合に、無駄で不毛なエネルギーと金の浪費になる‘おべっか’が生まれる。(←当り前だね)
かといって、風習自体を忌むのも違う。(←これまた、当り前ね)
自分の中で、大事なものとそうじゃないものを区別出来ていれば、はらだたしい出費の割には、ストレスも少なく済ませれる事が出来るかも知れない。

ただし!かといって、流されるのとは違う。
明確に、区別をつける為の行動を自分でしないと、それは何の意味も無い、気持ちだけの誤魔化しに成り下がる。
とも、思う。

例えば、心を込めてるものとそうじゃないものに、あからさまに、金額と選択の差をつけるとかね(笑)

2011/11/16

有意義だった級友との20年ぶりの再会

さて先週末は、札幌で高校1、3年ん時の同級生と再会。

詳しくは、こちら、前回の記事。

非常~~~~に、有意義な酒だった。

20年ぶりでも、意外にというか、思った通りというか、凄くスムーズなコミュニケイトが出来るもんだな、と。

俺は、高校の時の記憶って、もうあんまり無かったんだけどね。
何せ、大学時代から、自分の人生がバンドの道に一気に加速してさ、そっからが凄く濃かった感じがするんでね。
今回一緒に飲んだNは、記憶力が凄く良くて、俺が全然忘れてる事を覚えてた。

そんな昔の思い出話や、今の仕事の話や、高校卒業後に若くして急逝した同級生を偲んだりして、とにかく良い時間を過ごせましたわ。

生きてるから、20年ぶりの再会も出来るんだよね、当り前だけどさ。

それは、感謝しなきゃならない事だね。マジで。
気の良い奴だった急逝した彼は、その時間は、もう持てないんだからさ。

でも、20年経っても、俺らは‘彼’を思いだしてる。
凄く月並みかもしれないけど、実感として、記憶として彼は生きてるって事なんだなってね、心から感じたよ。

たぶん、38歳になった今、再会出来たってのも良かったんだと思う。

そして、20年ぶりに級友と再会して、美味い酒を飲める生き方を、少しは選択出来てきた証だとも、思ってる。

そんな貴重な時間でした、とさ♪

2011/11/11

明日は20年ぶりの再会

はい、TSURUです。こんばんは。

体重も空腹時で60.3kg、体脂肪は17%と順調な推移。
このペースで来週末から再来週にかけて、50kg台で体脂肪が15~16%になれば、そこそこのシルエットになって第2次ダイエットは終了~~♪

と、さてさて、明日は札幌に飲みに行ってきます~。
高校ん時の同級生と約20年ぶりの再会!

きっかけはFacebook。
高校時代、そこそこの進学校の中で、バンド野郎でドロップアウトしてた俺は、真面目過ぎる(と感じてた)同級生達とは、あまりなじめなくてね(笑)
各クラスの同じようなヤツらと一緒にいたんで、一般のクラスメートにとっては、自己主張とROCKな雰囲気の強過ぎる、ちょっと怖い存在だった(って、言われたFacebookで^^)らしい。

っていうか、そうだったと思う、実際(笑)

今回飲む相手は、高1と高3の時に同じクラスだったヤツなんだけど、もしかしたら仕事面でお互いが役に立てるかも知れないっていうんで、仕事&お互いの現在の情報交換と親睦を兼ねて、双方が望んだ‘飲み’なのね。

その彼Nとは、高1の時に一緒にスキーに行ったり、授業中にくだらない遊びしたり・・・だったんだけど、俺はドロップアウト街道を進んだし(笑)、彼は道内では1番の大学に進学するような奴だったんで、仲が悪くなる事は無かったけど、触れ合う機会が減って行った感じかな。
明るいけどちょっと気の弱い(優しいんだな)彼と、常にエネルギーを持て余して暴発しそうになってる俺は、つまるところ‘友達’では無かった。

何の因果か不思議なもんで、20年経って、俺と彼は見事に仕事に於いて大きな接点が有る事が解って、且つ、彼が情報やコネクションを必要としてる事が解ったのね。

ここ数年、同世代を中心とした、‘渦’とか‘ゆるやかで大きなネットワーク’を作りたいっていう気持ちで生きて来た俺(や旭川の仲間達)にとっては、また新たな仲間が出来るかもしれないっていうワクワク感と、そこまで行かなくても、自分がかつての同級生にとって、少しは役立てる存在かもしれないっていう嬉しさや、19~38歳の空白の時を経て、高校の同級生と当時とは違う、今現在の密度のある付き合い方が出来るかも知れないっていう不思議な嬉しさがあって、本当に、明日は楽しみ^^

だから、最初に彼が‘(情報を俺が渡す代償として)おごってくれる’って、気を使って言ってくれたんだけどね、俺は安い居酒屋を割り勘で十分だよって答えた。
勿論、函館からその為だけに札幌に帰るから、ガソリン代だって¥5,000はかかるし、それなりに疲れるけど、そんな事より何よりも、俺自身が彼と飲むのが‘楽しめそう’な気がしたから、行くのでね。

お互いの変わった所や変わってない所をすり合わせながら、仕事の話や、当時の話や、今の人生観を支える基になった体験やetc...を確認しあいながら飲む酒は、とても美味そうな気がする。

そんで、現在のお互いを確認して、互いに安心できる相手だったら、仕事の話も加速するだろうし、もしそうじゃ無くても単純に楽しめば良いだけ。
久しぶりの再会をね。
何せ、損得の絡んで無い学生時代を過ごした奴だから、新たな関係性の再構築をするにしても早いし、勘が良いとは思う。
FBでメールのやり取りをしてても、それは凄く感じたなぁ。
あの多感な時期のお互いを知ってる上でのやりとりなんでね、今の言動から、互いの価値観を導き出しやすいって感じだね。
そこら辺は、凄くスムーズだと思う。

改めて、思う。
人は、いつ他人に必要とされるか解らないし、逆に必要とするか解らない。
今、自分が全く必要として無い人の力や助けを、後々必要とするかもしれない。
実際、それは、俺が旭川で学んだ大きな財産だ。
求められた時に求められる事以上の付加価値を、打算や計算じゃ無く付けて返せる人間になりたいし、助けを求めた時に‘しっぺ返し’を喰らうような生き方を選択したくない。
そんな自身を目指してる俺にとっては、明日の帰省は本当に楽しみだ。

そして、また、それを更なるエネルギーにして、進む!
That's 良い循環(還元)♪

逃避としてでは無く、明確な意思と意識を持って、今の環境を疎かにせずに、常に新しいフィールドへの参加を模索する。
それが、俺の目指す、‘自分自身の経営’なのです。
ただし!新しいフィールドに参加しただけで、満足するヤツは結構いるんで、そこで、実の有る行動が出来るかどうかが、問われる本質なんだとも、思いますな。

そんじゃ~、また。

2011/11/07

久しぶりの美術館と今日の徒然

はい、こんばんは。TSURUです。

今日は、久しぶりに美術館に行って来た。

朝昼兼用のミネストローネを食べた後に観て来たのは、
001「陶酔のパリ モンマルトル」
~「シャ・ノワール」をめぐるキャバレー文化と芸術家たち~

で、ございます。

シャ・ノワールっていうのは、黒猫っていう意味を冠した、パリのキャバレーらしい。

いや、キャバレーって言っても、現代の日本のそれとは、全っ然別モンだよ。

大道芸や、漫談、影絵芝居、歌や踊りや器楽演奏や、色々な出し物が開催される酒場で、若い芸術家の卵達をはじめとしたあらゆる階層の人達なんかが、酒を飲みながら刺激的な時間を過ごす場所。

しかし、健康的な雰囲気では無いと思うんで、何て言うのかな・・・その場所で次官を過ごす事自体がステータスになるような、アングラだけど洗練された当時のライブハウス酒場みたいな事なのかな。

いや、これは、キャバレーとしか言いよう無いんだろ、きっと(笑)

かなり、好みの展示でした♪

で、美術館の帰りに何件か本屋を巡ったり、ドラックストアで日常品買ったり、パン屋さんでバケット買ったりして帰宅。

002で、晩飯のパン、目玉焼き、ウィンナー、コーンスープ、異常に野菜たっぷりなツナ・サラダを平らげて・・・

からの掃除、筋トレ、ゴルフの打ちっ放し(散々だった^^;)、スーパー銭湯で入浴&サウナ。

帰宅してから、洗濯と経営学のお勉強、の合間に・・・このBLOG。

82224156因みに、今日のお勉強はユーキャンの定型的なものじゃなくて、
前ヤマト運輸会長の小倉 昌男著の「経営学」を読書です。

こないだ観たカンブリア宮殿に現ヤマト運輸の会長が出ててね、村上 龍がこの本を絶賛してたんで、買いました^^

タイトルのような、ガチガチの学問じゃなくて、体験談とその時々の決断に至る思考を記した、とても私的な1冊だけど、読んでて得るものは大きいね、やっぱ。
“確認”と“自分に置き換えたとしたら・・・っていう想像の喚起”に、なる。
ただし、用語として、経営学の基礎の基礎の基礎的な言葉や考え方は、当り前に出て来るけどね。
多少勉強してる人なら、簡単な小説くらいにスムーズに読めます。

さて、そんなこんなで、BLOG書いてる間に時間が過ぎゆくので、これ位にして読書に戻ります。

その後は、録画しておいたDr.HOUSEを観て、寝るかな~~。

充実の休日でしたわ。

そんじゃ、また~。

2011/11/02

「モダンタイムス(上・下)」 ~やはり伊坂 幸太郎は、面白い~の巻

こんばんは、TSURUです。

41rhoaywfcl__sl500_aa300_以前に書いた、伊坂 幸太郎の「魔王」について(の記事)でも触れたんだけど、その「魔王」の約50年後を描いたのが、このモダンタイムス

「魔王」は、全体を通しての雰囲気がシリアスだったのに対して、「モダンタイムス」は同じ世界軸でありながら、軽快な印象。

読み始めは、「魔王」の間接的な続編だって事も忘れてた位に、印象が違って、しかも面白くて引き込まれた。

51tfzh7hhcl__sl500_aa300_後半に進むに従って、「魔王」で登場した人物達についての記述が増えていて、気付いたら融合してる って感じかな~。

とにかく、登場人物が魅力的。とても。

その会話のやり取りのテンポなんかは、伊坂節というか・・・流石です。

で、この作品自体も、すぐに引き込まれて面白いんだけどね。
これを読むと、過去の作品の「魔王」の面白さも増すってとこが、良いね。

俺自身、伊坂作品の中で、「魔王」は特別に面白いって作品では無かったんだけど(あくまでも‘特別に’っていう意味でね。)さ、これを読んだら、もう1回読みたくなったもんな~。

って訳で、お薦めですな。

2011/11/01

A.S.M(アトリエサブ・マン) 最近お気に入りのブランド。

最近、お気に入りのブランド。
アトリエサブマン(A.S.M)。

値段がそれなりにするんだけど。
それだけのデザイン性(微妙なシルエットとかね)が、あるかな。

003まずは、ミリタリージャケットの千鳥柄。

¥16,000也~。

ミリタリージャケットとは言いつつ、

全然そう見えない感じが、個人的にはツボでございます。

それにしても、このブランドの服は、かなりタイト気味。

身長170cmで標準体重よりも痩せ気味のおいらは、

001_2


普段の服はM~Lサイズで、更に最近、第二弾ダイエットで痩せて来てるんだけど。

それでも、このブランドの服はLサイズでJUST。

↑写真だと、ポーズの関係でたわんじゃってんだけどね、実際は、着てもちゃんとくびれるデザインだす。

007そして、もう1着。

ブリーチ加工のジャケット。

つまるところ、Gジャンなんだけど。

やっぱ昔のそれとは全然違うね。

デザイン・シルエットが、着た感じ凄く良い!

これも¥16,000でした。

写真だと解り難いんだけど、

実際は↓こういう柄。

Img59038481で、前がImg59038480_2


こんな感じですな。

2着とも、満足のいく買い物でしたわ。

さらに、ラムレザーの良い感じのジャケットも見つけたんだけど、ちょっと値段が張るので、まだ手が出てません^^;

さらに・・・こないだLolita(ロリータ)っていうブランドのジーンズを2本買って、それが凄く良かったんでね、今度またアップしますわ。

そんじゃ、また♪

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30