« 「モダンタイムス(上・下)」 ~やはり伊坂 幸太郎は、面白い~の巻 | トップページ | 明日は20年ぶりの再会 »

2011/11/07

久しぶりの美術館と今日の徒然

はい、こんばんは。TSURUです。

今日は、久しぶりに美術館に行って来た。

朝昼兼用のミネストローネを食べた後に観て来たのは、
001「陶酔のパリ モンマルトル」
~「シャ・ノワール」をめぐるキャバレー文化と芸術家たち~

で、ございます。

シャ・ノワールっていうのは、黒猫っていう意味を冠した、パリのキャバレーらしい。

いや、キャバレーって言っても、現代の日本のそれとは、全っ然別モンだよ。

大道芸や、漫談、影絵芝居、歌や踊りや器楽演奏や、色々な出し物が開催される酒場で、若い芸術家の卵達をはじめとしたあらゆる階層の人達なんかが、酒を飲みながら刺激的な時間を過ごす場所。

しかし、健康的な雰囲気では無いと思うんで、何て言うのかな・・・その場所で次官を過ごす事自体がステータスになるような、アングラだけど洗練された当時のライブハウス酒場みたいな事なのかな。

いや、これは、キャバレーとしか言いよう無いんだろ、きっと(笑)

かなり、好みの展示でした♪

で、美術館の帰りに何件か本屋を巡ったり、ドラックストアで日常品買ったり、パン屋さんでバケット買ったりして帰宅。

002で、晩飯のパン、目玉焼き、ウィンナー、コーンスープ、異常に野菜たっぷりなツナ・サラダを平らげて・・・

からの掃除、筋トレ、ゴルフの打ちっ放し(散々だった^^;)、スーパー銭湯で入浴&サウナ。

帰宅してから、洗濯と経営学のお勉強、の合間に・・・このBLOG。

82224156因みに、今日のお勉強はユーキャンの定型的なものじゃなくて、
前ヤマト運輸会長の小倉 昌男著の「経営学」を読書です。

こないだ観たカンブリア宮殿に現ヤマト運輸の会長が出ててね、村上 龍がこの本を絶賛してたんで、買いました^^

タイトルのような、ガチガチの学問じゃなくて、体験談とその時々の決断に至る思考を記した、とても私的な1冊だけど、読んでて得るものは大きいね、やっぱ。
“確認”と“自分に置き換えたとしたら・・・っていう想像の喚起”に、なる。
ただし、用語として、経営学の基礎の基礎の基礎的な言葉や考え方は、当り前に出て来るけどね。
多少勉強してる人なら、簡単な小説くらいにスムーズに読めます。

さて、そんなこんなで、BLOG書いてる間に時間が過ぎゆくので、これ位にして読書に戻ります。

その後は、録画しておいたDr.HOUSEを観て、寝るかな~~。

充実の休日でしたわ。

そんじゃ、また~。

« 「モダンタイムス(上・下)」 ~やはり伊坂 幸太郎は、面白い~の巻 | トップページ | 明日は20年ぶりの再会 »

徒然・・・」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/42901379

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの美術館と今日の徒然:

« 「モダンタイムス(上・下)」 ~やはり伊坂 幸太郎は、面白い~の巻 | トップページ | 明日は20年ぶりの再会 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30