« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011/12/30

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませませ。

さて明日は、函館から実家の札幌を通り越して、旭川に泊まりです。
400km強を激走します(苦笑)
安全運転でね^^

友人と飲みます♪

旭川に1泊して、31日に実家に帰り年越しします。

そして1月2日は、高校の同学年の面々と新年会♪
Facebookが発端で、‘かつて知り合いだった人達’が、また‘今の知り合い’に変わって、更に‘当時喋った事もなかった同学年の人’が‘不思議な連帯感を持った知人’に変わる、そんな良い時間を新年早々過ごせるだなんて、贅沢だぁ。

企画してくれた幹事のY君に感謝。
そして、人望が有って、色々取り仕切って盛り上げてくれてる先日飲んだI氏の存在も、やはり欠かせない。感謝。

おいらは、そんな充実した年末年始を過ごす予定です。
勿論、中小企業診断士の勉強用のテキストやまとめノートも持って移動するんで、勉強もしっかりしますよ~~。
まぁ、とにかく事故など無いように、気を付けながら過ごすのが第一だけどね。

皆様、今年も1年有難うございました。
本当に、色々な人に感謝です。
来年も宜しくお願い申し上げます。

それでは、良いお年を。

2011/12/29

GibsonのSGも買っちゃった♪

002さて、つい先日のベースを買っちゃった記事の最後で、‘続きがあります’と書いたのは、ギターも購入したって事なのでした。

←コレっす。

GibsonのSG。

SGは、昔から欲しかったギター。

このモデルは装飾をそぎ落としてコストダウンを図ってる、GibsonUSAのSG specialっていうヤツ。

003


コストパフォーマンスは、良いです。

しかし、それを活かしきれる腕はありませんが…orz

カラーは、Faded Brown。
茶色です。

木目がダイレクトに出てるのが気に入ったのと、SGのワインカラーは良くも悪くも見た目にベタなので、今回は迷いに迷って、このカラーにしました。

001

こないだのベースもこのギターも金利0%のローンで買いました(笑)

そして楽天のポイントアップキャンペーン中に購入したんで、ポイントが1万数千円貯まりました♪

貯まったポイントを使って5万円位のエピフォンのセミアコを3万円強で買うか、同じくエピフォンのレスポールの中でもかなり良さげの7万円のを5万円強で買うか、迷ってます。

いや~、それにしてもSGの形と音、めっちゃ好きやわ。

2011/12/27

記憶という儚いモノの中で、だからこそ。

Fi2350135_0eこんばんは。TSURUです。

旭川を離れて約1年半。
今日も、とても嬉しい事が有ったんで、この気持ちを忘れないように記しとこ。

旭川でお世話になっていた、とある医院の院長先生は、医院のホームページにリンクを貼ってブログを書いていらっしゃいます。
映画や本や観劇などのレビューとか、訪ずれた場所についてとか、色々ね。

そのブログは、その先生の穏やかで真摯な紳士の姿勢がダイレクトに感じれて、俺は大好きでさ、異動で函館に来た今でも、よく拝見してる訳です。
営業担当だった時は、そのブログの感想を先生に伝えたり、そこで紹介されてた本や映画を観賞して、それについてお話したりね。

スタッフさんも明るくて、院内の雰囲気がとても良くて、当然患者さんもいっぱいだった。
経営者である院長先生の人柄が、見事に反映されてる医院さんなんで、訪問して先生と話すのが楽しみだった訳っすよ。

函館に異動して来てから、1ヶ月ほど経ったある日、先生から‘離れても、メールやブログを通して、交流しましょう’という内容の手紙を頂いて、とても嬉しかった。
勿論、その手紙は今でも大事にとってある。

今日、その先生のブログを見たら、とある本を‘ようやく自分の座右の書といえるものに出会った気がする’って紹介されててさ。
最後に一言、「函館のTさん、是非読んで下さい。きっと生きる良い指針が得られます。」と、書かれていた。
この先生のブログに、それを読んでいる特定の人を意識した言葉が出てきたのは、初めてで。
おそらく、たぶん、この函館のTさんは俺の事だと思う。

自分が座右の書だと思える本(つまり、先生にとって大切なもの、誰かと共感したいと思われるもの)を、約1年半会っていない俺に、こういう形で紹介して貰った事が、マジで嬉しかった。

勿論、速攻でAmazonで注文して、お礼のメールを送りました。
この年末年始で読んで、改めて感想をお伝えしようと思ってマス。

最近、高校の同級生達と立て続けに、20年ぶりの再会をはたしてて、正月もその第3弾となる新年会があって、そこでもまた20年ぶりの再会をする面々がいるんだけど。

今まで2回、高校の同級生達と飲んでて、必ず思う事がある。
それは、自分自身に与えられた‘20年っていう時間についての感謝’だ。
同級生の中の一人には、卒業後1年程してから、病気で亡くなったヤツがいる。
良いヤツだった。
メチャクチャ仲が良かったって訳でも無いんだけど、面白くて気の良い好きなヤツだったから、亡くなるかも知れないとも知らずに、お見舞いにも行った。

今思えば、お見舞いに行って正解だった。 俺の為に、ね。
卒業後に倒れた彼との時間を、自分が少しでも共有しようとして(勿論、当時は、単純に入院したのを聞いてお見舞いに行っただけだった)行動したっていう記憶が、自分の中でハッキリと残ったから。
それは、自分が彼の為に行動した、紛れも無い事実の記憶なんだよね。
何を話したかなんてのは、覚えちゃいない。
でも、「あの時、彼と会って、時間を共有した」って事だけを、忘れなきゃ良いんだと思う。

急逝した彼は、残念な事だけど、同級生達と20年ぶりの酒を酌み交わしながら、空白の20年についてや過去の思い出を語らうっていう時間・機会を永遠に作れないんだよね。
当り前なんだけど。
そして、俺には、その時間が与えられ続けていたって事でもある。
彼の得れなかった20年を、俺は、どう使ったんだろう。
これからの時間を、どう使うんだろう。
誰の為に、使うんだろう。

でも、ありきたりな表現なんだけどさ、彼が亡くなって20年経っても、俺等は再会した時に彼を思いだして、みんなして口を揃えて「アイツは良いヤツだった。」って偲んでる。
間違いなく、彼についての記憶が残ってて、そういう形で彼は俺等の中に、刻まれてた。
それが、本当に、実感として感じれた。

たぶんそれは、(機械的な)メモリーとかの媒体じゃなくて、だんだんと薄れてあやふやになっていく儚い‘記憶’っていうものの中に残るもんだからこそ、「彼(の一部)は、俺等の中で生きている。」って言えるものであってね。
でまた、彼自身が、亡くなって20年近く経ってからも、俺等に彼の事を思い出させる生き方をしてたからこそ、なんだと思う。

俺は、たまにでも、誰かに良い思い出し方をされるような生き方をしてただろうか。
勿論、それを目的にして生きる訳じゃあない。
ただ、結果として、そう成り得るかどうかは、人としてとても大事なコトなんじゃないかって思うんだよね。上手く言えないけどさ。

俺は、最近(特に)そう感じてる。
旭川で異動の内示を貰ってから、‘生死’については別としても、‘記憶’については本当に意識するようになった。
何度も言うけど、誰かの中に良い記憶として残るのをメインの目的に据えて生きるのは、本末転倒だと思ってる。
ただ、そういう残り方が出来たかどうかは、結果としてある種の指標になるのかもしれない。
と、感じてるってことだよ。

さて、それで、だ。
だから、嬉しかったんだよね。
異動して、たかだか1年半。
でも、1年半でも、冒頭に書いた先生の記憶の中に、俺は少しだけでも残って居れた。
そして、自分にとって大事に感じた事を、分け与えようとして、普段しない特別な行動をしてくれた事に対してね。

営業マンとしてとかっていう前に、一人の人間として、とても嬉しい事だった。
来年も、生きよう。
もっともっと、(結果として)こういう気持ちになれるような、自分にとってHAPPYな選択をしていこう。
そしてそれは、自分にとって楽な選択をする事とは、言葉は似てるけど行動は真逆に近い位に違うものな筈だ。と、我想ふのでした。

2011/12/25

Bass(Sterling by MUSICMAN StingRay)買っちゃった~~♪

いやいや、どうもどうも、TSURUです。

391036_158256684280325_100002879837本日、Bassが届きました♪
Sterling by MUSICMAN StingRay。

16~7年ぶり位に楽器買ったんじゃなかろうか。

MUSICMANの廉価版的な認識のされ方が多い、スターリンのスティングレイ。(でも、最終調整はMUSICMANがしてるらしいんで、単純な廉価版ってのとは、ちょっと違う。みたい。)
これを選んだポイントは、やっぱ、コストパフォーマンスが良い事!
つまり、値段に対しての音の良さ(ま、そこは‘どういう音を出したいか’っていう好み)なんだけど、ね。

それと、ネックの握り易さ(これは、かなり重要視しました)。
003カラーも、めっちゃ気に入ってます。勿論、ロングスケールです。

まぁ、俺は、アンプ通して弾く事が極端に少ないんだけど^^;
ベーシストじゃないし、そもそも、現役でバンドやって無いから。
なのに・・・何故買った??と、問われたなら、「何となく…」としか答えられへん。

因みに、このベースはスラップ(チョッパー)で弾くミュージシャンが結構多くて、(Sterlingでは無く本家MUSICMANでだけど)、レッチリのフリーとかは有名かな。

あ、俺は、スラップ出来ませんけどね(笑)

002でも、結構、ビートを刻みながら随所でメロディ入れて来るタイプの人も使ってて、俺はそっちが好きで買ったクチです。

以前、持ってて売ってしまった初代ベースがFenderのジャズべだったんで、今回は違うのにしたかったってのも、この選択のかなり大きな理由ね。

あと、俺がバンドでのデビューを夢見て活動するきっかけになったKATZEの高山 克彬も、このBass(勿論、本家MUSICMANのほう)使ってたってのも、これまた理由の1つ。

この人の音とベースライン、かなり好きだったからね。
(影響を受けたのは、中村 敦だったけど)

さて、と。
実は、この記事にはまだ続きがあるんだけど、それはまた、次回。

兎にも角にも、自分自身にX'masプレゼントを贈った図式になってしまった恥ずかしさはありつつも、大満足なTSURUでございました。

2011/12/24

今年の有難うを

Fi2350135_0eもともと、年が変わる事に重きを置いて無いワタクシです。
何故なら、明日は、常に今日までの日々の積み重ね、つまり日々の自分の連続なのだと思っているんでね。

とは云え、ですよ。
やはり、節目として何かが新しく始まる(いや、正確には、自分の意思で始めるんだけど)のを意識出来るってのも、これまた事実な訳でね。

時々書いてるけど、BLOGの良い所は、過去の(例えば、同時期の)記事にすぐ遡れるとこだねぇ。
って事で、昨年の今頃の記事。←でも予言してある通り、今年は静かなる??決断をした年だった。
んで、それに向かって、努力する時間を物理的にも多く割いたね。

勿論、その分、集中すると視野が狭くなりがちな自分の傾向は、イヤっつー程自覚してるんでね。
自分に適用しようとしている厳しさを、他の人にも同様に求め過ぎないように(但し、期待している人にはそこそこ求めます)、
つまり、自分だけに厳しさを適用しつつ、環境に流されないように、それでいて日々の生活を楽しめるように、
中小企業診断士の勉強だけじゃぁなくて、英会話、太極拳、ゴルフ(の練習)、も新たに始めたし、ファッションや、そして何よりも、人との出会い(新たなものだけじゃなく、例えば高校ん時の同級生達との、社会人になってからの現実的な関係性の再構築の出会いなんかも含めてね)、そしてその関係性の芽に水をやる事etc...は、今年も継続してきた…つもり。

今年は、これまた予言通り、ジャンプする為に屈む年だった。
来年も、おそらく、この延長だと思う。
あまりにも、想定通りでビックリする位なんだけど。
逆に言うと、そう運ぶ為に試練を(って言う程でもないけど)選んで来たし、これからもその姿勢は意識してキープして行きたい。

唐突だけど、年末は実家に帰る前に、旭川に1泊して友人と飲む予定。
年始も、1月2日は、(まだ再会を果たしてない)高校の同級生達と新年会で20年ぶりの再会Part3。

その翌週は、また旭川に2泊して、これまた友人達と新年会。

とにかく、とにかく、仲間達に感謝。
マジで感謝。
そして、俺を育ててくれて、今でも気にしてくれて連絡をくれる、かつての上司の方々にも本当に感謝です。

俺は、本当に運と人に恵まれてる。

函館に来てからも、人間的に渋くてユーモアがあって、尊敬できるDr.に出会えた。
実は、うちの親父も、そのDr.にはかつてお世話になった事があったんだけど^^
こっちでも、もっともっと、些細な出会いの積み重ねの1つ1つを大事にして、少しづつ大きなうねりにしていけたら良いと思ってる。

今年も、本当に感謝の1年でした。

勿論、ここには書いて無いけど、失敗した事だってあったし、口惜しい想いをした事もあったけど、嬉しい事もホント沢山あった。
って言うよりも、マイナスの事があるからこそ、自分の中では当り前だった些細な事が、実は凄く恵まれていたんだって事に、改めて気付けたって事が本当に多かった。

来年も、もっと良い1年にしたい。
もっともっと、色んな事に気付けるような生き方をしたいし、その為に、もっと努力したい。

勿論、去年よりも、今年よりも、更に楽しみながらね♪

2011/12/22

amazarashi その2

51lqswrsl9l__sl500_aa300_前回も紹介したamazarashi(の記事)、まだ買って無かったアルバムを追加購入。

←「アノミー」。

メジャー3枚目のミニアルバム。
これも、傑作!

512gb7flo0l__sl500_aa300_そして、メジャー2枚目のミニアルバム。

←「ワンルーム叙事詩」。

これまた、傑作!

う~ん、完っっ全に、俺の琴線に触れるバンド(って言っても、2人組だけど)だ。

いやいやいや、凄いね。
この人は、自分の中にどんな地獄を持ってるんだろう。
切なさと温かさと、やはり切なさと。

その才能が羨ましくも有り、悲しくもあり。

幸せってのは、何を基準に据えるかで、変わるもんだよねぇ。ホントに。

2011/12/18

amazarashi 久しぶりの衝撃!本格派の叙情的歌詞

51xjcdqsxl__sl500_aa300_胸に来る音、みつけました。その名もamazarashi

←このメジャーデビュー・ミニアルバム「爆弾の作り方」に収録されてる「無題」って曲は、特に凄い。
因みに、アルバムタイトルは「爆弾の作り方」だけど、全然パンクなバンドじゃ無いよ。

悲しさ・切なさ・温かさ…を物語に乗せて、芯のある太さと透明で綺麗なのが同居している魅力的な声で聴かせてくれる。

51unuze0pil__sl500_aa300_メジャーデビュー前のBUMP OF CHICKENに歌詞のイメージは近いけど、より孤独感が強いかもしれない。
(←インディーズ・ミニアルバム「0.6」)
このバンドのVo.さん、友川かずき(の記事、ご参照ください)が好きらしくて、聴いてると凄く頷けます。

とにかく叙情的な物語を、熱量はそのままに、冷静に音に変換出来てる感じ。
つまり、伝わってくるのです。

51pnlg7xrvl__sl500_aa300_心の叫びをダイレクトに伝える為に、音作りに対して凄くシビアで冷静なスタンスを取ってる気がする。
つまり、それって、(俺が勝手に思う)一流の表現者なんだよね。

←メジャー1st・フルアルバム「千年幸福論」。

とにかく、ここでゴチャゴチャ書くのが恥ずかしくなってくる位、心に響く歌です。

お薦め!!!! ぜひ、聴いて欲しい。

2011/12/09

お気に入りのLolitaジーンズ(韓国ブランド)

はい、こんばんは。TSURUです。

最近、楽天経由で買って、めっちゃ気に入ってるジーンズ。

001どん。(写真が暗くて見難いけど、クリック拡大で見やすくなります。)

後ろポケットに、アイボリーと白の中間位の色のラインが入ってて、

その上の腰回り背面の目立たない位置に、スタッズ。

ベルトを通すループ部分(っていうのかな?)も、斜めについてたりして。

個性的なデザイン。

韓国ブランドのLolitaジーンズ。

003ダメージ加工具合や色も良くて、

正面から見ると、一見、普通のジーンズ。

主張のバランスがとても、良い。

ちょっと派手で個性的なジーンズを探すと、

どうしても行き過ぎてて、10代~20代前半の子とかが腰履きするような

太めのモノばっかが目立つんだよねぇ。

特に、メンズのはね。

002その点、このLolitaジーンズは、大人でも履ける良いバランス。

俺の場合は、せっかくなんで足の細さを活かした履き方をしたいんで、
(↑ええ、そうです。自慢です。)

比較的スリムなシルエットで、そこそこ主張があるのって、なかなか見つからなかったんだけど。

やっと、お気に入りのジーンズ・ブランドが見つかった♪

ブーツカットなんで、ブーツに合わせて丈は長めにしました。¥6,980也。

006もう1本の方は、ホントに、めっちゃ、スリム。

あ、ちなみに、このベルトもそのお店で買ったんだけど、凄く気に入ってる^^

白の中に太い黒いライン入りのベルト。
一応、本革ね。

で、こっちのタイプのLolitaジーンズの色合いも、これまた、かなり良い。

結構ローライズなんで、ベルトも見せれる位置にウエストが来るし。

これもまた、後ろのデザインが良くて、

004地味なんだけど、

デザインとして、ポケットにファスナーが無駄に付いてたり(笑)

ポケットにかぶさる部分の色がブラウンになってたり。

派手過ぎずに、アクセントがある感じやね。

こっちの方は、シルエットを中心に着こなしを考えた時に、

かなりタイト気味で履いた方が、カッコ良いと思ったんでね。
それなりにシビアなサイズをチョイス。

0052本とも、美脚効果ありだよ^^

横からの方が、シルエットがはっきりするかな。

めっちゃ、良いっす。

巧く表現出来ないけど、締まります。

こっちは¥7,680+裾直し¥980(ダメージ加工を残して)。

2本とも、ちょい痩せの人が着た方が似合うデザインかも知んない。

という事で、めっちゃオススメ!

2011/12/06

「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」を観て

今週は、久しぶりにTSUTAYAでDVDやブルーレイをレンタル。

61ppz0y8qrl__sl500_aa300_・パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉
・ツーリスト
気付けば、ジョニー・デップが2本。
・トロン レガシー

・Dr.HOUSE シーズン3

んで、今日は、パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉を観賞。

今までの3作とは、ちょっと違うかな~~。
ジョニー・デップ扮するジャック・スパロウは、いつもよりオチャラケ度が、少し減!?っていう気もするけど。

まぁ、もともと、頭を空っぽにして余計な事を考えないで観るタイプの映画だと思うんでね。

ただ、個人的にはシリーズの中では、一番イマイチかなぁ。

劇場で観る価値は、無さそう。

それでも、このシリーズを見ない訳にはいかないっていうのが、底力なんだろうな とも思いますな^^

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30