« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/27

無知を知りなさい。

こんばんは。TSURUだ。…です。

2年に一度の診療報酬改定で、当社検査部門(の営業)は2年間の中で1番忙しく、またこの2年の仕事の成果が問われる時期な訳ですわ♪
ここ最近は3月の早めの段階で新診療報酬が発表されるんでね、比較的メドを立てながら仕事が出来てっけど^^

電子カルテ内に検査データを蓄積する…っていう連携のある当検査業界。
昨今の厚労省主導のレセプトの電子化、及び時代の当然の流れとして電子カルテ導入率は年々増加傾向ですのよ。
で、それに伴って、この時期の我々営業マンの仕事の内容も確実に変わって来ていて、例えば10年前とは全く違う種類の作業が多々ある。

それは、もう、「ちゃんと手を打たないといけないと思える程に」。

それとは関連が無い日常の営業でも、かつては使用されていなかったツールが使われるようになるつれて、
基本的な情報収集もユーザーさんのホームページを探した方が効率的だったり、
Dr.がHP上でブログを書かれている場合などは、意外にそういう部分に‘核’がある場合も多い。
実際、そこに反応するととても喜ばれて、「仕事以外の会話」の割合が良い意味で増える傾向にあってね、こちらもそのユーザーさんを訪問するのが楽しくなる。
な~んて事は、もう、俺の中では基本中の基本な訳よ。
もっと、基本的な事だとエクセルやワードのコマンドを(普通に)活かせるかどうか(それを知ろうとするかどうかで、‘より正確に、且つ、時間短縮’の効果)で、仕事に費やす時間は圧倒的に変わる。
例えば、、昔、会社に徹夜で泊まり込みでやった見積り作成作業が、コマンド知ってる今は1時間強で出来ちゃうんだぜぇ!?
そういうのを、知ろうとしないのは、もう単純に給料泥棒だと思うわ^^

で、俺自身は、上司・先輩・後輩の分け隔てなく、こういう具体的なコツをナレッジ・マネジメント(っていう程でも無いけど)出来たら良いな…と思うので、包み隠さず提供する訳だが、素直に試してみるのは、圧倒的に若い後輩です。

目上の人は、どんなに「TSURUには敵わない。」とか言う(勿論、嫌味で行ってるんじゃなく^^)人でも、
俺には全く理解できないんだけど、「そうやって認めている人間が実行していて、効果を上げている5~10分もあれば誰でも簡単に出来る事で、自分が実行していない事」を、真似しなかったりするのね。
そんな些細な事でさえも‘今までしていなかった、新しい事をする’のが面倒のように見えますな。観察してるとね。
「自分の身に降りかかる‘新規記憶’に関しては、急激に興味を失くす脳になってる」のね。
でも、その上司・先輩の行動を矯正しない種類の進言は、比較的素直に聞き入れて、それを「俺はしなくて良いけど、君たちはやりなさい」的に施行します。
が、本当は、その人間が率先してやるからこそ、プラスの螺旋の相乗効果が上がる…という事から本能的に目を背けている。


この辺に、クダラナイ、人としての驕りを感じます。とてつもなく。
どっかで、‘「自分より経験の無い人間から学ぶ」事に対する、圧倒的な心理的抵抗を感じている’のを感じます。(←解り難い??)

我社の管理職クラスは、もはや変遷に対応出来ていない。し、するつもりも無い。
そもそも、危機感が皆無だからだ。

俺なら、怖くて仕方が無いけどね。
「自分が培ってきた(と呼べるかも疑問だけど)唯一のやり方が、自分が40~50代になってきた時に、外に対しても、内の自分より目下の世代に対しても通じなくなっている」ってのは
ね。

実際、俺より立場が上の人間に「中小企業診断士」と言って、社内で理解された事は今まで一度も無い。(銀行のお偉いさん出身の社長は、間違いなく知っているでしょうけど)
俺より上の立場の人は、経営陣予備軍のハズなのに、経営の勉強をするつもりが無いっていう証拠でもあり、それは、‘その程度のスキルと危機感の人間が、これまでの実務の経験だけで、経営が出来ると思ってナメてる証’だし、そういう意識を持った部下が出現した時にそれを全く理解出来ないっていう事でもある。

それよりも‘移り変わりの中で、自分だけ例外化する’、つまり、‘危機を見なかった・認識しなかった事にする’という、これは人間の自己防衛本能のようなものが働いているんだろうけど。
働かせるのは、もっとプラスのエネルギーと頭にして下さいって話やね。

で、何が言いたいかと言うと…だからウチの会社はダメなんだっていうような、お子様な事じゃなくて。

怖いのは、自分が気付かずにそうなる事。なんだよね。
こうやって、今、こういう文章を書いている俺が、他の範囲でそうなっていないか、怖くてしょうがありません。
っていう、お話でしたとさ。

だから、自分より若い人に接する時は、常に「その年だった時の自分が、如何にちゃらんぽらんで視野が狭く、幼稚なストレートさを振り回していたか」を思い起こすようにしています。
大抵の場合は…皆、当時の俺より大人です。ちゃんとしてる(笑)

醜くはなりたくないもんです。絶対に。

牙を研ぎます。
もっと、自分が世の中に役に立てる…そうなる為に、ね。

2012/03/25

「月」の壁掛け時計を購入~♪

002はいさい!(←何故?)
こんばんは、TSURUです。

居間用の壁掛け時計を買いました。\5,250でした。

えぇ。

ワタシの好きな“月”モチーフでございます。

モチーフっていうか、そのものです(笑)

これで、我が家は常に満月にでございます^^(暗くすると、蛍光塗料が塗られた月がほんわりと色づきます^^)

(勝手ながら)リンクさせて頂いている「雑貨屋の、いぬ。」→
の雑貨屋さん、大阪枚方市にあるfabbricaっていうお店での購入っす。

ワタクシTSURUは、ここで(オンラインSHOPで)、ちょこちょこお買い物をさせて頂いとります。

気になる人がいたら、覗いて見て下さいな♪
オンラインSHOPへのリンクです。

ちなみに、今までの壁掛け時計(これも継続して使用しますが)は…

001やはり、‘月’…(笑)

これは、ニトリでした。

って事で、そんじゃ、またpaper

2012/03/24

「錨を上げよ(上)・(下)」 初めて読んだ百田 尚樹

やあ、どうも、こんばんは。
左手の指先がメキメキとギタリストっぽくなって来てる、TSURUです♪

さて、お得意先のDr.に「買うまでもないけど、何も考えないで読んで良い本」とお勧めいただいた1冊。
とはいえ、このDr.のお言葉は良い意味で、「必ず言葉通りでは無い含みがある」ので、僕にこの本を教えてくれた段階で、なかなか面白い本なのです。

そのDr.ご自身の感想を読了前の僕には決して語らず(そういう意味での前情報が無しの状態での)オイラの感想を、
「ご自身の感想と照らし合わせての正解・不正解では無く、単純に僕が‘何かから読み取ろうとして読んでいるかどうか’、そして‘どう読んだのか’を、ぶっきらぼうに見える表情とは裏腹に、心の中で楽しんで頂ける」そんな方からのご紹介で、図書館で借りて読んだ本は、

41nhpq7dhzl__sl500_aa300_錨を上げよ

上巻の感想は、作者の反省をモチーフにしているっぽい、幼少期からの延々と続く、ただのヤンチャな人の物語。
物語の着地点の方向さえ読めなかったので、登場人物や主人公の体験の細かい描写が行きつく先が解らずに、またそういう書き方をされている意図もイマイチ解らなかったんだけど。
結局、主人公の‘思弁’と‘体験’を細かく描写する事の積み重ねで‘人間性の説明’をしているという当り前の事で、で、それが延々と続きます。

41vrvtva44l__sl500_aa300_…と、我慢しながら上巻を読み、下巻に突入して、下巻を読み進むにつれ(特に下巻の半分以降から)物凄くテンポが増してきて面白くなって来る訳よね。

が、相変わらず、「この物語は、どうやって‘閉める’んだ?」と余計なお世話な感情もどんどん強くなっていく次第。

そして…

完全にヤラれました。

意表を衝くとかそういうのじゃなく、「これを言いたいが為の、この分厚い本2冊なんだ。」という箇所が下巻後半にあります。

そこは、そこだけが、胸にとてつもなく突き刺さりますが…果たして、それを感じれる人の割合は不明です。
僕にとっては、痛烈でした。
そして、その読後感を出す為だけに用意された(つまり必要な)このページ数。
という感想を、お薦めしてくれたDr.にご報告した所、とても嬉しそうなお顔をされました(当社比)。

上巻は読むのに2週間かかりましたが(なかなか気持ちが入らず)、下巻は1日で読み切りました♪
確かに、買うまでも無いけど図書館とかで借りて読むのには適しています^^

2012/03/21

生きてこう!

Hi!こんばんは。TSURUです。

と、一瞬、英語チックに始まりましたが、別に。何も。

帰宅後は、例えば、30分さえ無駄に出来ない生活を日々しておりますゆえ、すっかりBLOGの更新頻度が減りましたが。
文章書くのは、結構時間がかかるのでね(笑)

先日は、某保険会社さん主催のキャリア・セミナーにご招待頂きまして、参加してまいりました♪

いや~、清々しいほどに‘やるべき事を、やってる(であろう)人達’は、違うね。やっぱ。
そこに漂う空気が、なんせ、澱んでないもの(笑)

うん。そ~ゆ~事ですよ。
そう、あるべきですよ。

その為には、変化や進化に対応して行かなければならない。し、
それを促す役割の人が「私は変わりたくないし、今さら努力もしたくないけど、あなた達はやりなさい!」っていう、クソみたいな、よくありがちなものとは正反対な種類のものな訳ですな。ははは。

基本的には、1営業マンが一人~二人程、引っ張って来てた感じで、参加者は15~20人。

なかなかに…いやいや、かなり刺激を受けましたわぃ。
そ~来なくっちゃね(←何が!?)って、感じ♪

(社内の)あまりの醜態に倦み始めていたところ、まさに望んでいたイベントでしたわ♪
そして、これを運んでくれたのも、やはり、人との出会いの積み重ねだったのですねぇ。

やはり、外に出るのは大事ですな。
意識を、外に目を向けさせる。

それは、自分の‘凡庸さ’を教えてくれ、口惜しさやヤル気を出させてくれ、推進力に変わる。
っていうか、そもそも、そういう物事を、推進力に変える事に挑戦して来なかった(もしくは、その意志を失った)人には、無理です。

ホントに、飛び込むのって楽しいわ♪

2012/03/12

後輩が仕事を楽しみ始めている♪

__はい、TSURUです。こんばんは。
ここ最近は、FBをツイッターとBLOGの中間的な役割で使ってて、そっちがメインになりつつあり(ツイッターは興味無いからした事ないけどね^^;)、すっかり更新頻度が落ちましたが。
生息してます。ちゃんと(笑)

今日は、後輩から、仕事上のちょっとした質問TELが。

いやいや、仕事をしっかり楽しみ始めてるようで、俺は嬉しいぞ^^

2人の後輩の、それぞれの個性と各顧客さんで学べる事(勿論、売上や施設規模も含め)を軸に、なるべく平等になるように、そして自分がいなくなった後の後輩達が自然と学べるように…ってのを考えて担当振り分けして来たつもりなんだけどさ。

良い意味で、ハマってるんじゃないの~~♪
何か、軍師的な快感じゃわいな。

何よりも、彼らが自信の光を放って輝いている感じが、マジで嬉しい。

後は、自分自身への被害が少ない時に‘過信’して間違って、痛い目にあって学んで下さいなって感じやね。
俺位の年になったら、そういう間違いは、‘間違いで済まされなくなる’からね。
早いうちに少し間違って、覚えるのが1番ですわ。

頑張れよ~~。楽しめよ~~。

と、俺も‘過信’しないように、今まで通り、未知の事にどんどん触れて行きますわいな。
FP然り、中小企業診断士然り、今の職業とは全く関係無いけど、自分が無知だと知るのは‘過信しない’為にも、とても重要なのです。


で、今週末は、先日生命保険を契約した際にお知り合いになれた、某保険会社の同世代の支部長さんのお誘いで、保険セミナーに行って参ります。

契約者であり、一応FP(ファイナンシャル・プランナー)であり、且つ、現在も経営コンサルのお勉強中だというオイラの現状と、
先方の‘人をある程度(数十人)集める必要がある’という事情とが、おそらくマッチしたのでしょう。

こういうお誘いを頂けるのも、本当にありがたい話。
今現在自分の属している分野とは、まったく違っている分野独自の厳しさや常識に触れれる良いチャンスだからね♪

って事で、オシャレなホテルで無料で食事を頂きながら、勉強して来ま~す。

そして!中小企業診断士の試験日程も発表になりました。
とにかく、牙を研ぎましょう。来る日に備えて、ね。

2012/03/05

最近は東欧のロマ(ジプシー)系の音楽がお気に入り♪

はい、どうもこんばんは。TSURUです。

ここ最近は、東欧のロマ(ジプシー)の音楽をベースにしたミクスチャーが、かなり好みです。
って最近っていっても、もともとは5年程前にも記事にした、エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラの雰囲気が凄く好きで、似たような感じのを探してたのがきっかけ。

で、みつけたバンドが2つ。

61tqgzfxkl__sl500_aa300_Besh O Dromベシュ・オ・ドロム)っていうハンガリー国内でバカ売れしてる(らしい)楽団。

←これは2001年のデビューアルバム「マチョーの刺繍」。

かなり、カッコ良いです。

もう1つは、

618uec3ne2l__sl500_aa300_Mahala Rai Bandaっていうバンド。

2009年発売の2ndアルバム「Ghetto Blasters」。

どっちのバンドもそうなんだけど、あくまでも、ロマをベースにしつつ色々な音楽の要素も取り入れてて、ワールドミュージックとしては少しだけPOPというかROCKなバランスが良いかな。

ハジけてるアップテンポな感じのロマ音楽は、なんとも言えない雰囲気があるわ。

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30