« 「月」の壁掛け時計を購入~♪ | トップページ | JORGE BEN(ジョルジ・ベン)の「A Banda Do Ze Pretinho(ア・バンダ・ド・ゼー・プレチーニョ)」 メッチャ良い!この人、何か凄いな。 »

2012/03/27

無知を知りなさい。

こんばんは。TSURUだ。…です。

2年に一度の診療報酬改定で、当社検査部門(の営業)は2年間の中で1番忙しく、またこの2年の仕事の成果が問われる時期な訳ですわ♪
ここ最近は3月の早めの段階で新診療報酬が発表されるんでね、比較的メドを立てながら仕事が出来てっけど^^

電子カルテ内に検査データを蓄積する…っていう連携のある当検査業界。
昨今の厚労省主導のレセプトの電子化、及び時代の当然の流れとして電子カルテ導入率は年々増加傾向ですのよ。
で、それに伴って、この時期の我々営業マンの仕事の内容も確実に変わって来ていて、例えば10年前とは全く違う種類の作業が多々ある。

それは、もう、「ちゃんと手を打たないといけないと思える程に」。

それとは関連が無い日常の営業でも、かつては使用されていなかったツールが使われるようになるつれて、
基本的な情報収集もユーザーさんのホームページを探した方が効率的だったり、
Dr.がHP上でブログを書かれている場合などは、意外にそういう部分に‘核’がある場合も多い。
実際、そこに反応するととても喜ばれて、「仕事以外の会話」の割合が良い意味で増える傾向にあってね、こちらもそのユーザーさんを訪問するのが楽しくなる。
な~んて事は、もう、俺の中では基本中の基本な訳よ。
もっと、基本的な事だとエクセルやワードのコマンドを(普通に)活かせるかどうか(それを知ろうとするかどうかで、‘より正確に、且つ、時間短縮’の効果)で、仕事に費やす時間は圧倒的に変わる。
例えば、、昔、会社に徹夜で泊まり込みでやった見積り作成作業が、コマンド知ってる今は1時間強で出来ちゃうんだぜぇ!?
そういうのを、知ろうとしないのは、もう単純に給料泥棒だと思うわ^^

で、俺自身は、上司・先輩・後輩の分け隔てなく、こういう具体的なコツをナレッジ・マネジメント(っていう程でも無いけど)出来たら良いな…と思うので、包み隠さず提供する訳だが、素直に試してみるのは、圧倒的に若い後輩です。

目上の人は、どんなに「TSURUには敵わない。」とか言う(勿論、嫌味で行ってるんじゃなく^^)人でも、
俺には全く理解できないんだけど、「そうやって認めている人間が実行していて、効果を上げている5~10分もあれば誰でも簡単に出来る事で、自分が実行していない事」を、真似しなかったりするのね。
そんな些細な事でさえも‘今までしていなかった、新しい事をする’のが面倒のように見えますな。観察してるとね。
「自分の身に降りかかる‘新規記憶’に関しては、急激に興味を失くす脳になってる」のね。
でも、その上司・先輩の行動を矯正しない種類の進言は、比較的素直に聞き入れて、それを「俺はしなくて良いけど、君たちはやりなさい」的に施行します。
が、本当は、その人間が率先してやるからこそ、プラスの螺旋の相乗効果が上がる…という事から本能的に目を背けている。


この辺に、クダラナイ、人としての驕りを感じます。とてつもなく。
どっかで、‘「自分より経験の無い人間から学ぶ」事に対する、圧倒的な心理的抵抗を感じている’のを感じます。(←解り難い??)

我社の管理職クラスは、もはや変遷に対応出来ていない。し、するつもりも無い。
そもそも、危機感が皆無だからだ。

俺なら、怖くて仕方が無いけどね。
「自分が培ってきた(と呼べるかも疑問だけど)唯一のやり方が、自分が40~50代になってきた時に、外に対しても、内の自分より目下の世代に対しても通じなくなっている」ってのは
ね。

実際、俺より立場が上の人間に「中小企業診断士」と言って、社内で理解された事は今まで一度も無い。(銀行のお偉いさん出身の社長は、間違いなく知っているでしょうけど)
俺より上の立場の人は、経営陣予備軍のハズなのに、経営の勉強をするつもりが無いっていう証拠でもあり、それは、‘その程度のスキルと危機感の人間が、これまでの実務の経験だけで、経営が出来ると思ってナメてる証’だし、そういう意識を持った部下が出現した時にそれを全く理解出来ないっていう事でもある。

それよりも‘移り変わりの中で、自分だけ例外化する’、つまり、‘危機を見なかった・認識しなかった事にする’という、これは人間の自己防衛本能のようなものが働いているんだろうけど。
働かせるのは、もっとプラスのエネルギーと頭にして下さいって話やね。

で、何が言いたいかと言うと…だからウチの会社はダメなんだっていうような、お子様な事じゃなくて。

怖いのは、自分が気付かずにそうなる事。なんだよね。
こうやって、今、こういう文章を書いている俺が、他の範囲でそうなっていないか、怖くてしょうがありません。
っていう、お話でしたとさ。

だから、自分より若い人に接する時は、常に「その年だった時の自分が、如何にちゃらんぽらんで視野が狭く、幼稚なストレートさを振り回していたか」を思い起こすようにしています。
大抵の場合は…皆、当時の俺より大人です。ちゃんとしてる(笑)

醜くはなりたくないもんです。絶対に。

牙を研ぎます。
もっと、自分が世の中に役に立てる…そうなる為に、ね。

« 「月」の壁掛け時計を購入~♪ | トップページ | JORGE BEN(ジョルジ・ベン)の「A Banda Do Ze Pretinho(ア・バンダ・ド・ゼー・プレチーニョ)」 メッチャ良い!この人、何か凄いな。 »

我想う故に我在り」カテゴリの記事

コメント

大風大丈夫ですかー?(笑)

あー

自分は、素直にうなずくことが、ようやく最近できるようになりました。
ある意味、年を重ねるごとに新人に近づいていってますw
元来の知ったかぶり&見栄っ張りに早くおさらばしたいです…

けいにゃさん、こんばんは~。
はい、こちら函館は大丈夫でございます♪

>年を重ねるごとに~~
それ、とても良い事ですねぇ。
いや、自分もそうありたいと思い、常に初心に帰れる環境に身を投じようと…してます。なるべく。たぶん。きっと。いつか、どこかで^^

ま、色々と、そうしてこなかった人達が残した負の遺産の処理をする訳ですが、それを残した人達が頑なに過ちを認めない…見ないふりってのは、よく見る光景でして^^;
数年前の自分のように、同じフィールドに立って有無を言わさない結果を出し、穴の無い完全なる証明をして相手をやり込めて、勝った気になる…という、相手に屈辱感を抱かせる手法は、自分を貶めるので使いたくないのです^^

たぶん、我々、今まさに分岐点に立ってる世代なのであろうと…。
ここで、肩書や年長者になりつつある自分の過ちを認められなかったり、社会人としての実の無い処方に酔ってしまうと、10年…20年と経つと、そうなっちまうんだろうなぁ、と。
自分への戒め込みで、記事にしました。
何せ、自分も、負けず嫌いの見栄っ張りなので(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208540/44656638

この記事へのトラックバック一覧です: 無知を知りなさい。:

« 「月」の壁掛け時計を購入~♪ | トップページ | JORGE BEN(ジョルジ・ベン)の「A Banda Do Ze Pretinho(ア・バンダ・ド・ゼー・プレチーニョ)」 メッチャ良い!この人、何か凄いな。 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30