« 2013年3月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/31

メジャー感とマイナー感。

す~~~っかり、facebookがメインになり、ブログを放置気味なTSURUです。

さてさて、唐突ですが、もうちょっとで函館から札幌に転勤になります。
最近は、その準備でわらわら。


と、全然関係無いんだけど、facebookやってて思う事。

高校ん時の同級生たちと非常に懐かしい再会をとげ、
かつての友人→時間を超えて現在の友人になった訳です。

おかげさまで、よく一緒に酒を酌み交わし、
非常に感動的な懐かしさによる感慨と、
かつての友人達とのオトナになっての異業種コミュ二ケーションを楽しめている訳です。


当時もとても仲良かったヤツなんかは、今でもかなり、何て言うかラクです(笑)



でね。
う~~ん、何て言うか、自分はどっちかっていうと「メジャー」(←自分の表現ではなく、他の人による表現です)。
…つまり、望む望まないに関わらず、目立ちやすい存在だった訳ですな。
うん、ま、それは否定しません。

そんでね、問題は、
ご自身いわく「マイナー」とか「馴染んでなかった」っていう人の中の、
共通する要因を持っている事が推察される、
ある一部の人のfacebook上での(もしくは、そこから起因したメールやLINEでの)行動が、やっぱちょっと…かなりオカシイ。
っていうか、バカ。
つまり、迷惑野郎な場合がありますな。

…出たーーーー!!。
毒が(苦笑)


同級生同士だと共通の友人もかなり多くなるので、邪険にも出来ないし、「ちょっと迷惑…」とか言えないって性格の人も多いでしょ!?

で、やらかすヤツっていうのを、自分が見てて思うのは…

まずもって、今現在の実生活において、身近な人から尊敬されている気配が無い
夫婦関係が上手く行ってない。とか、職場で尊敬されて無いとか、ちゃんとした恋愛した事があまりないとか、ね)←随分、ざっくりだな^^;
これはね、何て言うか「その世代が背負う責任や尊敬の平均値」から「かけ離れている少なさ(との、その人の自己評価)」しか得られていないっていう意味ね。

過去にマイナーだった自分の処理が出来ていない
つまり、本当はメジャーな感じになってチヤホヤされたかったけど、当時は自分に自信が持てなったので、マイナーに甘んじていた…っていうタイプね。
大人になっていく過程で、その過去の自分に単純に蓋をして、目をそらすだけだった感。っていうのかな。

例えば、「オレはマイナーだったから…」って言うヤツでも、それを自分の個性として、大人になる過程でちゃんと処理出来ているヤツは、
逆に今、凄く仲良くなれてるし、変な迷惑行為もしないね^^

このふたつの条件に加えて、
 ①・②のタイプが、FBを始めて、急に(ネット上の)友達が出来、いきなり楽しくなった。
かつて、マイナー感満載だった自分に、皆、今仲良く接してくれてる…

っていう刺激が加わった時は、要注意ですな


40歳になって、人生で初めて調子コクっていうのは、非常に迷惑です。
加減の解らない不惑は、違う意味で惑いまくりでTHE 醜悪。

直接的な迷惑がオレにかからなくても、相談されたり取りまとめ的立場として処理したり、しなければならなかったりね。

基本的に、他者の人生(時間)に敬意を払わない表現は、ずっと封印して来ましたが。
「分を知る」ってのは、非常に大事だと思う。
それを自分に突き付ける…って事を全くしてこなかったオトナは、オトナではない。

それは、ツライし厳しい事だけどね。
人を羨んで、自分から目をそむけてきた人は、SNSをやって欲しくないっていうお話!


…愚痴っちゃった(笑)

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30